barayuka雑記

時々立ち寄る場所

背中が痛い

2018-05-01 23:05:51 | 日記
ジョブパークの面談の日だった。面談の間隔があいているのと、前回面談行った時、キャリアカウンセラーの人の話の進め方が自分の期待してる感じよりだいぶ早くて、自分の気持ちがついていかず、メールを送って進め方が正直つらくかんじることを伝えて無理だと訴えてしまって。返事なかったけど、気持ち的に気まずさもあり、でも言わないとダメだった感もあり、今日の日にちは覚えてたけどなぜか時間をどこにもメモしてなくて、行けなくて、向こうから電話がかかってきて、その留守電をきいて掛け直して、話をすることができた。

次の日程を、ということになったけど、電話で、今気持ちをきいてもらっていいですか、と言って、正直な気持ちを話した。話はちゃんときいてもらえた。次の予約もとった。でも、やっぱり次までにまた間が少しあるし、このままで大丈夫なのかという気持ちになる。うまく話が噛み合わない部分があって、向こうに何を期待されてるのか、自分がそれを勝手に受け取り間違いしてるかもしれないし、自分の気持ちはやはり言わないといけない。でも、うまく自分でも伝えられなかったり。噛み合わない理由や、違和感の正体がわからなかったり。

人に期待しても仕方ない、という気持ちは、そもそも私は誰にも相談しなかったタイプで、手っ取り早くそうした方がもしかして話は早いのではという気持ちと、でも、こうして背中の痛みがでたりすると、臆病にもなるし、一人でやってまたうまくいかなかったら今度は誰にも助けてもらえないかもしれない、という怖さがあって。

とにかく、痛いのが怖い。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« いじめはどこにでもある | トップ | 生きづらさ »

コメントを投稿