barayuka雑記

時々立ち寄る場所

「一緒にいて」ということ

2018-03-10 18:56:12 | 日記
デイケアで私が辛かったことのひとつに、甘えてるようで全部を言えてたわけじゃなかったことがある。

担当スタッフにしょっちゅう話しかけ、呼びに行って、話を聞いてもらってたけど、言いたいことを話してるようで、本当の気持ちは言えるわけない。

良識や常識があるから。そういうとこだけ妙に大人なのに、実際は全然そうじゃなかった。

形から入っていい子になったところで、自分は本当はそんな出来のいい子じゃなくて、本当の気持ちはなんだったのか。向き合うのが怖かった。

だからって、自分の気持ちを切り捨てるようなことしかいつもできないから結局辛くなるんだろう。何になりたいんだろう。誰の思う立派な人に、なんのためになりたいんだろう。

子供の頃から、最初から諦めてたことなんだろう。

一緒にいて欲しい。その気持ちをせめて、自分自身が自分に許したいと思った。


ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 傷つきやすい | トップ | 架空のおはなし »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
似てる (私もアラフォー)
2018-03-16 21:24:36
お久し振りです。人は過去と、人との比較で落ち込んだり悩んだりするそうです。そして、気を使って、自分の思いと違う行動をとってしまう。本当は、あっちが欲しいのに、こっちを選んだ方が 喜ばれるから、こっちを選んでしまったとか。そうしているうちに、自分が無くなってしまう。思いと行動を一緒にしなくては!恥ずかしくても、一緒にいてほしい時には、そう言わなくては!恥ずかしいとか、遠慮しがちな性格も育った環境にあることが多いのです。あなたのせいではありません。少しずつ、したい事や、本当の思いを出していって下さい。また
ありがとうございます (bara)
2018-03-17 13:44:18
自分の気持ちと違う行動をとってしまう、まさに自分で、ずっとそうです。その度に、自分で自分を犠牲にしてることにも気づくのに、選んでしまったらもう終わりだという気持ちになって、ずっと引きずります。理屈とは全然自分の気持ちとどう付き合うかが難しいです。

コメントを投稿