barayuka雑記

時々立ち寄る場所

否定されること、からはじまるあれこれ

2017-11-22 20:28:51 | 日記
「否定しない」って最近よく聞く。

否定ってそんなに傷つくんだな。私も傷ついたって思ったことある。

否定って色んなシチュエーションがあって、なにもかも「そうだよね」と言ってればいいかというとそうでもなくて、本当に羨ましいとかいいところだと思ってほめてみても、相手が嘘だ、と思って受け入れてくれなくても傷ついたと思ったことがある。心をひらくと、そういう風に傷つくリスクもある。

ほめるにも色々あって、似たものに「評価する」というのもあるけど、私は単純なほうで、ほめられたらなんでも喜ぶほうなんだけど、過剰な評価だと感じれば居心地が悪いし、よろこんでたら「お世辞やで」と、気づかない奴が間抜けみたいな感じの背筋が寒くなるなにかを投げてくる人がいる。お世辞でもよろこんでたら本人幸せだからいいやんと思ってたけど、それで空気読めないとか「評価」されるとか、なんてめんどくさいんだ。わかりにくい。それが「暗黙の了解」らしいけど、やっぱさ、ほめて受け取ってもらえなかったら寂しくなるから、私は喜べばいいと思う。まぁ、お世辞は気づけた方がいいのかもしれないけど。

なんでも恐縮すべきなのか、よろこんでいいのか、その辺はコミュニティによってルールが違うのかもしれないし、スクールカーストとか女子カーストとか、私漫画の世界かと思ったけど、そんなもんまともに受け止めてるのかって思ったけど、いがいと世界はそうなんだね。私おめでたい。気にしてないのに「なんで競争するんですか」みたいに言われたの、すごく的を外してるんじゃないかと思う。

何でもって「上」というのかなんて、人によって違うだろうに。愛されることが至上の人がいれば、権力が欲しい人もいれば、仕事好きな人もいるし、趣味や特技が充実してれば幸せな人もいる。それぞれの好きを目指せばいいのに、なんでフラットなフロアで上下を考える?私わかんない。

ややこしいのは、当事者より外部が勝手に気を遣ってあれこれ言うこと、だと思う。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 「いてはいけない」 | トップ | 自分を責めてしまう »

コメントを投稿