barayuka雑記

時々立ち寄る場所

思い出したこと

2017-11-22 20:00:19 | 日記
大学時代、授業に出れなくなって、でもクラブ活動だけは続けてて、そのクラブ活動最後のコンパだったかに、私は「私のことを忘れないでください」と言ったことを思い出した。

それは私が、自分はいつか忘れられてしまう、とわかっていたから、もしくは思い込んでいたから、だから出た言葉で、そう言っても私の不安は消えることはなく、いつもどこかで、人はどこかに行ってしまうと思ってた気がする。

今は少し違うかもしれない。私が、背中を向けなければ。向けなければ…。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 時間と言葉と作業と編むこと | トップ | 「いてはいけない」 »

コメントを投稿