昔乙女たちの裁縫教室

TANAKA師匠の教室に通う昔乙女の 教室レポートと裁縫日記

12月1日 縫い代の始末

2017年12月01日 | 日めくり雑記

3年前に縫った洋服を裏返したところ、
こんな縫い代の始末が見つかりました。
今でもお気に入りの
濃いグリーンのツナギです。



バイアステープで縫い代を包むという
何の変哲もない方法なのですが
ロックミシンを使うようになってからは
こんな方法での縫い代の始末は
めったにしません。

なんだか目新しく感じ、
しばらく眺めてしまいました。

友達から最近、紳士用スーツ、
着分の生地をいただきました。
爺に見せたら、とても上質の布だと言います。

女性用であっても、スーツなどを縫う
技量は私にはありません。
二着分ありますので、一枚は
ちょっと気取って着る
「つなぎ」にしようと思います。
そろそろ作り替えの時期が来ています。

カジュアル感を消すため
肩ひもはカンを使わずにシックなボタンで、
ポケットは脇ポケットがいいですね。

それから、久しぶりに
縫い代はバイアス包みにしましょうか。

想像しただけで、縫う前から
上等そうなつなぎの出来上がりです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 教室風景#79(2017.11.28) | トップ | 教室風景#80(2017.12.05) »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日めくり雑記」カテゴリの最新記事