向井香僊(こうせん)の自由が丘ライフ

向井香僊(こうせん)自由が丘書道教室のブログです。香僊は書道での雅号(ペンネームのようなもの)で本名は向井みどりです。

久々の平日の夜の自由が丘

2017年10月26日 | 日記
ここのところ何だかんだと忙しくしている。久々に平日の夜の自由が丘の街へ出かけた。書道教室が終わった後、娘の仕事帰りに合わせて駅前で待ち合わせて夕食。欧米から帰国して数日経っている娘、ラーメンが食べたい、という要望に応えて「豆点」という大衆中華屋さんへ行った。


街はハローウィン色に染まっています。



私の母校「産業能率大学」の「産能祭り」が近々あります


娘がバンクーバーの中華街で買ってきた「墨」
コメント

50歳からの老後活動

2017年10月15日 | 日記
娘がいないと少し生活にハリがない。まだ私たち夫婦は働いているから平日はまだいいが、休日は夫婦二人で買い物に行ったり、今日のように天気の悪い日は家でまったりと過ごすのみでホントにダラケた生活。人間て少し足かせがあったほうがいいのかも。

ハッピーな老後を生きるキーワードは「きょういく」と「きょうよう」だ。教育と教養ではなく「今日行く場所」と「今日の用事」のこと。現役時代は仕事中心なので、今日行く場所も用事も会社がつくってくれる。だけど定年後は会社が敷いたレールはなくなってしまう。人より面白く、楽しい老後にするには定期的に行く所がある、行く用事があることだ。居場所づくりは現役時代から準備運動をしなきゃダメ。50歳の前半から定年後は何をやりたいのか、何が好きか、準備をしておいたほうがいい、と、野末陳平さんが述べていた。

自由が丘で人気のパンケーキ屋さん
コメント

三浦祐太朗&自由が丘女神祭り

2017年10月10日 | 日記
自由が丘女神祭りで駅ロータリーのメインステージで行われた「三浦祐太朗ライブ」を夫婦で観てきた。
目元がお母様の山口百恵さんになんとなく似ていて、歌声も山口百恵さんの声を男性声に変えたような透明な歌声だった。
そして、なんといっても良い育ち方をしてきたんだ、とわかる品があった。
山口百恵カバーアルバム「I’m HOME」を買って応援したくなった。



三浦祐太朗さんとは関係ないけれど、今の私の気分
コメント

娘が北米へ出発、夫婦水入らずの自由が丘女神祭り

2017年10月09日 | 日記
親バカを承知でいうけれど、とにかく娘は仕事熱心、向上心が人一倍あり、好奇心旺盛、研究熱心だ(外資系の会社だから、生半可なスタンスでは落ちこぼれてしまうから?)。父母で成田空港まで見送りに行った。
しばらくは私たち夫婦水入らず。夕方遅く、自由が丘に戻り、盛り上がっている自由が丘女神祭りへ。
日中はタモリさんなどもいらしていたようだ。この女神祭りのゲストは自由が丘に縁のある方々(近くにお住まいなど・・)がいらっしゃるみたい。今日は、天気がいいので洗濯物をたくさんして、掃除をして、そのあと自由が丘女神祭りを夫婦で楽しむつもり。
成田空港第一ターミナル南ウィング
成田空港屋上駐車場から見る管制塔
暮れなずむ高速道路
2017年10月9日の自由が丘メインステージの予定
コメント

2017年自由が丘女神祭り いよいよ開催

2017年10月07日 | 自由が丘の街
9日(19:20~20:20)は山口百恵さんの息子さん三浦祐太朗さんのスペシャルライブ、JAZZコンサート、沖縄フェスティバル、シャンソン、自由が丘の街はいつもより増して、老若男女問わず満喫できるおいしい食べ物や楽しさがあります! 


コメント

中秋の名月

2017年10月05日 | 自由が丘の街
我が家の二階のベランダから眺める「中秋の名月」
昼間、イオンスタイル碑文谷(以前の「碑文谷ダイエー」)に行った時はかなり曇っていたので、満月は見ることができないと思っていた。
コメント