向井香僊(こうせん)の自由が丘ライフ

自由が丘駅から徒歩6分の所に書道教室を開設いたしました。自由が丘の街の移り変わりや現在の様子、書道についてのブログです。

出る杭は伸ばせ!

2015年06月29日 | 日記
週刊文春に「出る杭は伸ばせ!」というタイトルで辻野晃一郎さんの連載があるが、
このタイトル大好きだ!
日本の家族という固まり以外のだいたいの組織の中では「出る杭は打たれる」という傾向にあるかも知れない
しかし、アメリカに於いては少し違う
他人は他人、私は私、あまり他人のことについて干渉しないから(他人に興味がない、ドライな考え方)
出る杭は打たれなくて、どんどん伸びていく

やったこともないことをやる前から否定するのは、可能性の芽を摘む悪しき体質
マニュアルどうりに動かされる、だから創造力も育まれなく画一化された人間になりがちになる
出る杭はどんどん伸ばしていってほしい・・・と思う


つい2年前まで働いていた会社の近くの人にばったり会った(働いていた会社は自宅から徒歩20分ぐらいのところにあった)
ワンちゃんのシャンプーをしてきたばっかりだとか、どうりでキレイな毛並み


通算何十年も自由が丘に暮らしていると、時々、昔の知人に遭遇する



コメント

芙蓉の花 額紫陽花

2015年06月28日 | 日記





母が入所している庭に咲いている花

母は、いつもは私のことを認識して、言葉にならない声をあげるが、今日は意識が飛んでいるようだった
しかし、指を一本立てて「これはいくつ?」と問うと、かろうじて「イイチ」と言う
「わかるんだったら目をつぶって」と言うと目をつぶる
主人が冗談っぽく「お義母さんのことをバカにして、コラッ!」と私を叱るフリをすると、母は笑う
こうして、一進一退しながらゆるい階段を降りるがごとく少しづつ認知が進んでいく
コメント

アメリカの乳児用液体ミルク

2015年06月28日 | アメリカの生活
日本では乳児のためのミルクは、粉ミルクをお湯で溶いて人肌温度にさまして赤ちゃんにあげる
数ヶ月(何ヶ月目までかは忘れてしまった)までは2時間おきに母乳かミルクをあげなければならない

アメリカで出産経験のある人はご存知のことだが、乳児用液体ミルクなる便利なものが売っている
フタをとり哺乳瓶用乳首をつけて、ベビーにあげる。とっても簡単で衛生的、日本に輸入されないのは何故? 


こちらは、家の近くにあるレトルト専門店

コメント

集字聖教序(しゅうじしょうぎょうじょ) 王羲之

2015年06月28日 | 書道
王羲之(おうぎし)の様々な書から、集字した書
臨書をして学んでください


コメント

教育の差は、将来いくら稼げるかの差にもつながる?

2015年06月24日 | 日記
「オイコノミヤ」又吉直樹×経済学 と、いう番組において
将来、稼げるようになる要因のひとつに「教育」をあげていた

建築に於いて、建築物が大きくなればなるほど、数ミリの違いが数センチもズレてしまう

小学校・中学校の教育の差は、成人したあとの差の開きは大きくなる
学歴のことを云っているのではない
自分自身で社会で揉まれながら学ぶ人も多いかも知れないが、それは自分との戦いでもあるので至難のわざだ
頭が柔らかいうちに学校という場所を与えられて、学ぶほうがより効率的だと思う
掛け算99でつまづいたら、よっぽど努力しないとついていけないし
読解力がないとマニュアルを理解する能力もないということになる
どんなに地頭が良くても、知識がないとひとりよがりな判断をしてしまう
学校で勉強するなり、自分自身で勉強するなり、教育は必要なのだ、と思う
あくまで、教育が幸せにつながる、ということを云っているのではない



コメント

沖縄の花

2015年06月24日 | 日記





プルメリアの花 ハワイではこの花でレイを作る

コメント

沖縄のビーチ

2015年06月22日 | 日記
ホテル日航アリビラの前の「ニライビーチ」


宮城島のビーチ


屋我地島から古宇利島をのぞむ、手前は晴れているのに遠い島はスコール
コメント

沖縄に行ってきた

2015年06月22日 | 日記
娘のおごりで4年ぶりに沖縄に行ってきた
代休がとれるから、沖縄に行こう、ということになった
娘は「仕事はハードだけど、ほんとに充実していてやり甲斐があって楽しい」と言っている
まだ入社して3ヶ月足らずだけど、もはや生意気な口ぶり
外資系の会社は、日系企業に比べて厳しいが、能力に対しての評価はきちんとしてくれるみたい

しかし、沖縄は暑かった! それよりも湿気がものすごい!
観光客は中国人が異常に多かった
世界遺産だけではなく、全てが観光地化されてしまっていることが少し残念

日航アリビラホテル



コメント

ただいま、飛行機の中

2015年06月19日 | 日記
Midori Mukai
コメント

小学生のユニークな作品

2015年06月18日 | 書道
小学生が創作した「俳句」と「墨絵」
 

こちらは小学2年生の作品
俳句にはなっていないが、ユニークな文


毎回、書道だけでは小学校低学年は退屈してしまうので、時々こんなことをしている
コメント

山ぼうし

2015年06月18日 | 日記
母が入所している施設の庭にある「山ぼうし」


自由が丘にあるアジアン雑貨の店「Karako」
コメント

鬼の霍乱(かくらん) 高校の同級生がスイスにいた!

2015年06月17日 | 日記
風邪が二週間続いた、咳が止まらない、だるい、やる気が起こらない
病院は三度行った
健康には自信があったのに、これを「鬼の霍乱」というのかも
それとも歳のせい?

きのう、卒業以来初めて高校時代の友人とフェイスブックでつながった
高校の時、彼女から英語の勉強の仕方を教わったことがある
お互いに悩みを打ち明けたりしたこともあった
オペラ歌手としてスイスに住んでいることは何気なく知ってはいたが、
なんと今ではスイスでスイス人(?)のご主人と音楽学校を経営しているみたい
懐かしかった
近い将来、できたらスイスに行って会いたい・・・と思った
彼女も奄美大島のことが懐かしいと言っていた

奄美市





コメント

風邪は万病の元

2015年06月10日 | 日記
ますますひどくなる風邪
主婦としては最低限やるべきことがあるから、完全に休むことはできない
掃除、洗濯、料理(・・と言えるほどたいしたものは作らないけど)

娘から電話「具合が悪いから、今日は定刻どおりに帰る」
ああ~とうとう娘にうつしてしまった


毎日、なにかしら筆をとらないと落ち着かない


「大野逸男」画伯の絵画と我が家の小さな庭に咲いている「くちなしの花」
コメント

風邪を引きました

2015年06月09日 | 日記
健康に自信があった私だが、ある時期を節目に体調をくずしやすくなった
風邪を引いて仕事を休んでいる
作家の五木寛之さんいわく「靴下も、服も、カバンも、長く使っていれば、あちこち不具合が出てくる。
当然のことだ。まして八十年以上働いてきた体に、調子が悪いところがでてきたといって驚くことがあろうか」

そうだそうだ、何十年も身体を長く使ってきたからには少しぐらいは調子も悪くなるのはあたりまえだ
・・・と納得させて、これから少し寝ます・・・ハイ


田舎から送られてきた「すもも」と「かぼちゃ」

この「すもも」は、南方系のガラリというすもも・・・らしい
コメント

紫陽花(あじさい)

2015年06月08日 | 日記

我が家の小さな小さな庭に咲く紫陽花

もうすぐ関東も梅雨に入り、雨が多い季節になる
雨がほとんど降らないカリフォルニアに住んでいた頃、

私は雨に恋していた
見上げたらそこは雲ひとつない真っ青な空が広がっている
原色で塗られた景色、乾いた空気
悩まされるようなことはひとつとしてない
だから、雨が恋しかった
雨が降るのを心の中で待ち望んでいた
雨の降る中を、傘をさして歩きたい・・・と
Cascadesの「Rhythm of the rain(悲しき雨音)」
♪Listen to the rhythm of the falling rain・・・♪
ふと くちずさんでいる
でも傘なんて持っているわけない、玄関を一歩でたら全て車だから

アメリカに行く前は雨がきキライだった
でも、今は雨の降る季節も大好きになった 
コメント