行縢探検倶楽部

延岡市にある行縢山(むかばきやま)を気楽に楽しんでいる皆さんの情報交換の場ですのでお気軽に書き込みください

記憶という引き出し

2019-05-16 08:32:44 | Weblog

人間の記憶というものはどのような仕組みになっているのでしょうか? 普段は忘れていることでも何かを見たり聞いたり匂ったり触ったりした時等に突如として鮮明に蘇ることがあります。

以前、国東の山に行った時に散歩中の子犬がジャレついてきました。その時に一緒に歩いていた「yasu」さんが、小学校の頃の友人が書いた面白かった犬の作文を思い出した、という事で大いに笑ったことがあります。

私も、この桑の実を見ると、小学校時代に桑の実を食べたり生梅を食べたりして遊んでいた時のこと・幼馴染のこと・当時の風景(今は変わってしまっています)を鮮明に思い出します。不思議ですね。

しかし、この桑の実、今食べても美味しいです。おやつなど十分になかった遠い昔の事、さぞや美味しかったことだと思います。

 

コメント (2)   この記事についてブログを書く
« コザンチクの皮の剥き方 | トップ | 愛宕山展望台 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (yasu)
2019-05-16 17:41:39
小学校の作文「サカリ犬」は大いに笑いましたね。
歳を重ねると最近のことはすぐに忘れるのに昔のことはなぜか鮮明に思い出します。
人の名前 (fuka)
2019-05-17 09:57:33
yasuさん、こんにちは。「サカリ犬」本当に面白い作文でしたね。最近、人の名前が出て来なくて困ることがしばしばです。若い頃に覚えた(知り合った)人の名前は出てきますが、年を取ってから覚えた(知り合った)人の名前ほど出てこないようです。

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事