行縢探検倶楽部

延岡市にある行縢山(むかばきやま)を気楽に楽しんでいる皆さんの情報交換の場ですのでお気軽に書き込みください

鎮西八郎為朝の腰掛石

2010-02-26 21:27:11 | Weblog
行縢山登山口の駐車場付近に、鎮西八郎為朝が腰掛けたと言われる石があります。
鎮西八郎為朝と言えば鎌倉幕府を開いた源頼朝の叔父さんに当たる人だったと思います。九州から沖縄にかけて色んな伝説があることでも有名ですね。ここ行縢は日本武尊の伝説もある歴史の古い所です。登山のあとに行縢神社周辺を見て回ると、また違った行縢を発見できるかもしれませんよ。
(fuka)
コメント   この記事についてブログを書く
« 石に刻まれた契約書 | トップ | 冠岳の山開き »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事