mukのオーストラリアでの生活blog

ブリスベンで生活していたmukのその後。。。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

走った!走った!!

2007-07-02 21:36:04 | 運動

マラソンを終え、ゴールドコーストより帰ってきました。

前日の土曜日に、30’sの仲間達と現地入り。
スタート地点の会場にゼッケンなどを受け取りに行って、みんなで
話していたら、いよいよ明日なんだとわくわくしてきました。

ホテルにチェックインがすんだあと、いつものラーメン屋さんへ。
お天気も良く、のんびりムードの観光地にいるとビールを一杯と
言いたいところをみんなで我慢。

疲れない程度にプラプラ、お買い物など。
私は走るときにかぶるキャップを買いました。
私の買いたかった帽子には値段がついてなかったので、いくら?と確認。
お店の人が、他に重ねてある帽子をひっくり返しながら、値札を探し、
5ドルというシールを見つけました。
夫は、10ドルのキャップを見つけ、二つ一緒に会計へ。
さきほどの店員さんが、もう一人の店員に再度値段をチェックしてくれたのですが、
その人は、他のキャップがセールで2ドルだから、2ドルじゃないの?という話。
なんだかんだと話があって、なぜか二つで10ドルで良い。ってことになりました。
10プラス5で15でもなく、12ドルでもない。
夫のキャップが10ドルなので、私のは無料?!ラッキー!!
こういうところがオージー流でうれしいです。

夫は、マラソンシューズを購入。
(なぜに前日の今日?という周りの考えにも屈しない理由はもう一つのブログで
アップされるかと思います。)

7時過ぎには、ホテルに戻りました。
みんなで、翌日の朝の打ち合わせなどをして、私はおにぎりを作りました。
ここでは、コンビニでおにぎりを買うってことが出来ません。
(セブンイレブンでたまに売ってはいますが。。。)
当日は朝が早いのですが、お米を食べないと力が出ないという夫の意見で、
炊飯器とお米、梅干、塩を持参してホテルにチェックインしたのです。
朝から炊き立てをにぎる余裕はないので、夜のうちにおにぎりにして
各部屋に配りました。
私は、マラソンより何より楽しみだったのが、ホテルでの入浴!!
両親がゴールドコーストに来ていた1月以来の浴槽です。
半年振りにお湯につかれる!嬉しい。。。
9時から10時には、みんな就寝。

当日、4時過ぎに起床。

ハーフは6時30分スタート。
フルは6時50分。
10キロランは9時半です。

まだ月が煌々としていて暗くて、何より寒いなか5時半にホテルを出て、
バスでスタート地点に向かいます。

ハーフとフルの人たちは、トイレに行ったり、荷物を預けているうちに時間が来てスタート。
私はスタート地点でみんなの姿を見送りました。



私ひとりスタートまで、残り2時間以上。
ホットチョコレートを飲んであたたまったり、残りのおにぎりを食べたり、
日なたを探して水辺にいたり、ぼーっとしながらのんびり過ごしていました。



10キロランが始まる前に、ジュニアダッシュの競技があったり、
ハーフの人たちがフィニッシュし始めました。
私もそろそろスタート時間。
荷物を預けてスタート地点へ。
あまり前にいて、私のペースが遅くて跳ね飛ばされても怖いので、
スタートラインから適度に下がった位置で待っていました。

そしてスタート。
ゼッケンと一緒に、靴につけるチップが配られていて、それで個々のタイムが記録されます。


(黄色い靴紐につけている黒いのがチップ)

周りがすごい勢いで走っていき抜かしていくので、折り返して戻ってくるまで、
自分が走者の中でどの位置なのかが全くわかりませんでした。
ゴールドコーストマラソンは走りやすいと言われるのがよくわかるアップダウンのない
フラットな道です。
海岸沿いを青空の下、釣りやサーフィンをする人を見ながら走るのは
とても気持ちが良いものでした。
途中、フルに出ている友人や夫ともすれ違いましたが、夫の走る(歩く?)姿に
このまま完走できるのかと心配に。。。
私の走り自体は、45分のジムで走り続けたことがあるくらいの時間までは
なんとか走っていられたのですが、45分を過ぎたあたりから、
たまに歩くようになってしまいました。
一度歩くと、また走り始めるのがつらく、ちょっと走るとまた歩く状態に。

結局、1時間7分26秒、4000人近くの完走者の2825番でした。


スタート地点に戻ってくるころは、これならハーフでも走れるかな?なんて
思ったのですが、スタートした辺りからゴールまでが意外に長く、
足を上げるのが、もうつらーーーい!!という状態に。
とてもこれ以上は走れないと思いました。
私には10キロ走ったということで充分です。
走り終わって、水や果物が配られ、念願のTシャツを受け取ると、
股関節やももが痛くなってきました。

先にハーフで完走していた友達と、ストレッチなどをしながら、
フルに出ているメンバーのゴールを待ちました。
それでもまだしばらくかかりそうなので、ショッピングセンターの
フードコートに行って、食事。
途中、フルで5時間以内にゴールした友人も加わり、
おいしいベトナムヌードル、フォーを堪能。

フルの6時間を過ぎた頃、会場に戻ってゴール付近で夫を待ちました。

夫は、今まで練習できなかった分、前々日の金曜日にがんばりすぎて、
夜中に熱を出しました。
翌日には熱も下がっていましたが、足も腰も痛いと言っている状態で、
こんなで走れるんだろうかと心配でした。
もしかしてすでに棄権しているのでは?という心配をしながら待っていたら、
6時間40分頃、夫の姿が見えてきました。
これなら無事、制限時間に完走、なんとか動いている姿に安心しました。

普段運動もせず、今回のための練習も出来ずに、初のフルマラソンで完走した
夫にはびっくりしました。
7時間近く、動き続けるということを考えるだけでもすごいことだと思いました。

30’sのメンバーは、みんなそれなりの結果を残して完走です。
ハーフに出た親子留学ママは、その日のうちにブリスベンへ帰宅。

友人と夫と私の3人は、ホテルのジャグジーにつかって体をほぐしました。
朝、4時から行動しているのでながーい一日でした。
バーに行って、3人でビールで乾杯!!
ビールがなんて、おいしいのでしょう。
食事が終わっても、まだ7時でした。
少しプラプラしてアイスを食べて、大道芸を見て、ホテルへ。
またまたゆっくりお風呂に使って、ながい一日が終わりました。

夕食に出かけるときに、夫はせっかくだから完走Tシャツを着ていく!と
着て出かけましたが、バーにいても道を歩いていても、走った人は
Tシャツを見なくても見分けられました。
みんな、足が痛くて動きがぎこちないのです。


翌日の今日になって私はももの筋肉痛がつらいです。
夫は、動くたびにヨタヨタしています。

この3日間、友達も一緒でとても楽しい日々でした。
私は、10キロというハーフやフルに比べれば大したことはない距離、
なんとかなるだろうという気軽さがあったので、
走る瞬間までもみんなに比べれば気楽さがあったし、
走っている間も、みんなのがんばりを見ていたら、
私なんて楽勝のはずと思って過ごしていました。
なので、走ることもそのための準備も本当に楽しんでいました。
日本にいたら経験することのなかった良い体験が出来たと思います。

 

コメント (10)

走れる?!

2007-06-05 17:11:17 | 運動

7月1日にゴールドコーストマラソンが開催されます。
去年30’sのメンバーも二人参加されていて、集まるとその話も出てきます。
去年は参加を断念した親子留学ママも今度こそ出る!というのを聞いていて、
記念に走ってみる?と思っていた私達夫婦。

http://www.goldcoastmarathon.com.au/

内容は、
フルマラソン
ハーフマラソン
10キロラン
7.5キロウォーク

幼稚園の頃から、かけっこはいつもビリ。運動音痴で走るの大嫌いな私。
マラソンや山登りなど、つらい状態を続けるということが理解できなかった私。
ですが、山登りは富士登山も達成したことだし、楽しさもそれなりに理解するようになりました。
さて、マラソンは?
ジムに行って、ウォーキングマシーンで、だらだらと歩き続けるのは可能です。
ですが、走るとなるとがんばっても5キロがせいいっぱいです。
ハーフでも無理だし、7.5キロウォークにしようかと思いました。
が、7.5キロウォークは、おじいちゃん、おばあちゃんばっかりだよ。
という意見を聞いたので、10キロにしました。

今日、インターネットで、私は10キロコースにエントリー。
夫は

エントリーフィーは、10キロで45ドル(オーストラリア在住・早割り価格)
完走すれば、Tシャツとメダルがもらえるそうです。

今、ホームページを見ていたら、日本語のホームページがありました。
このマラソンのために、日本からもツアーが来るとは聞いていました。
有森さんがハーフを走るようだし、マラソン大好き日本ならではですよね。
ホノルルマラソンの70%だかは、日本からの参加者だと目にしたことがあります。
(もっとパーセンテージ高かったかも)

私は日本にいたら、絶対に参加しようとは、たとへ10キロでも考えもしませんでした。
こうして、海外にいるからこその挑戦です。

Tシャツをもらうには、1時間半の制限時間で走りきらないといけません。
まずはジムで10キロに挑戦

日本からのエントリーも6月22日まで可能なようです。
どなたか挑戦してみませんか?
http://www.gcm.jp/index.html

コメント (4)

スポーツクラブ

2006-10-10 21:30:47 | 運動
画像は、セントラルステーション辺りから、奥に見える
ジャガランダの木を撮ったものです。
ジャガランダ、藤の花より、もっと濃い紫色の花が
咲く木で、春から初夏にかけてのお花です。
昨年の9月に下見でブリスベンに初めて来たときに見て
綺麗だなぁと思った花です。
バスに乗っていても、緑の木々の中で紫に色づく花が
いろいろなところで見られ素敵です。
昨日は普段通らない道で、ジャガランダ並木があったの
ですが、画像は残せず。。。
いつか素敵な画像をお届けしたいのですが、その前に花が
終わってしまうかもしれません。

引越しをしてすぐ、不動産屋さんと同じビルにフィットネスクラブが
入っていたので、プログラム&価格を聞きに行きました。
その日がキャンペーン最終日で12ヶ月の契約なら、150ドルの
入会金が3ドル。週15.50ドル(一般)と言われました。
週1500円程度なら安いと思ったのですが、12ヶ月、今の
場所に住むかも、引越し早々でわからず、返事を保留にしていたら、
熱心なマネージャーから後日、電話がかかってきました。
6ヶ月の契約なら入っても良いのだけれど、と交渉したところ、
入会金150ドルが、1人75ドル(2人で150ドル)、
一般週18ドル・学生15ドルが私も週15ドルでOKと
言ってくれました。(交渉してみるものですね。)

その翌日から、私のスポーツクラブ通いが始まりました。
本当は日本につきものの、お風呂・サウナが着いていて、プールも
あれば、良かったのですが、マシーンとスタジオプログラムのみです。
(シャワールームはあり)

スタジオプログラムは、今のところ、私のスケジュールと好みに合う
ものに、週3日通っています。

日曜日ボディバランス(ヨガ・ピラティス・タイチのコンビネーション)
月曜日Butts & Abs (お腹とお尻の筋肉を鍛えるのが目的のプログラム)
火曜日ピラティス

初めて、Butts & Abs に出た翌日から、今までの人生の中で一番痛いと
思える筋肉痛になりました。楽しみにしていた火曜日の夕方のピラティスは、
とても参加出来る状態ではなく、水曜日にクラスメートには、
“今日、動きが変ですよ。”と言われたくらい、階段の上り下りどころか、
歩くだけでも、悲鳴が出てくるような状態になりました。
ですが、その翌週くらいから、多少の筋肉痛が出ることはあっても、
最初のような状態にはならなくなりました。

マシーンも、トレーナーさんが私たちのプログラムを組んでくれました。
私は、“内臓脂肪を落としたい。マシーンは好きじゃないから、やった
ことがない。”と言ったのですが、トレーナーは“君は、そんなの
(脂肪は)ついてない。あるとしても、ほんのちょっぴりだ”と言いました。
もちろん、肥満大国オージーに比べたら、この私でも「ガリ子」に入るかも
しれません。ですが、日本にいたら立派な「オデブ」。
彼の言葉に喜んでなんていられません。
マシーン5,6種類、腹筋等マットでやる動きを3種、選んでくれました。

1人でマシーンを使うのは不安なので、夫が一緒のときにと思っていたら、
大学の試験や課題で忙しい夫は、ジムに通うどころではなくなってしまいました。
ですので、まだマシーンでのプログラムは未体験です。

こちらに来て最初の数ヶ月、きちんとした食生活で少し体重は落ちたのですが、
ここでの生活に慣れるにしたがって、食べ物も慣れつつあります。(脂っこいもの、甘いものなど)ですので、また太りつつありました。
日本に帰る前に、少しはやせておきたいと思っていたのですが、今からでは
間に合うか微妙です。

コメント

ピラティス

2006-07-06 15:40:58 | 運動
腰痛で4週間お休みしていたピラティスに、腰の痛みもおさまったので、
少しずつ通いだしました。
週何回通っても同じ金額を払うので、せっかくなら通えるだけ通おうという
貧乏根性が出てしまうのを押さえながら、身体に無理をしない範囲で
行くようにしています。

私が通っているところは、テコンドーをおしえているクラブの中で開講している
ピラティスのクラスです。
いま、学校が冬休み中のため、子供たちのテコンドーのクラスは休講。
ピラティスのクラスも一部の時間帯がお休みです。
平日の夜のクラスは、子供をテコンドーに通わせている親が送り迎えの
付き添いで待っている間に、ピラティスに参加していることが多いようです。

そのため、昨日のクラスは参加者3名。
いつもより先生がしっかり指導してくれるし、じっくり運動できました。
しばらくお休みしていたこともあり、今日は鎖骨のしたのあたり、そして
背中が筋肉痛です。
背中の痛みに最初、また腰痛?とドキドキしたのですが、背筋を使ったことでの
筋肉痛のようです。
ストレッチ運動のおかげで、ずいぶんと身体が柔らなくなってきました。
そして、腹筋が少しずつついてきた気がします。
最初の頃は、言われたとおりにするのがつらかった腹筋を使う動きも少しずつ
さまになってきたと思われます。

我が家の新しい体脂肪計によると、私は体脂肪は一応、標準に
納まっていますが、骨格筋率が少しマイナスになっています。
筋肉質な身体にはなる気もありませんし、なれそうもないのですが、
もう少し鍛えていきたいと思います。

コメント