むじな@金沢よろず批評ブログ

台湾、国際情勢、アニメなどについて批評

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

八田與一墓前祭で、四高OBが寮歌を斉唱したが、南下軍の歌うたうべきでは?

2009-05-10 01:32:56 | 台湾その他の話題
八田與一墓前祭で、金沢にあった旧制第四高等学校(四高、金沢では「しこう」と呼ぶ)のOB(八田與一もそうだが)が、寮歌「北の都に秋たけて」を歌っていた。これ、私も高校時代(金沢大学附属高校)「寮歌祭」という変な行事があって、一高「嗚呼玉杯に花うけて」、三高「都ぞ弥生の」「琵琶湖周航歌」などとともに歌わされたことがあるが、そのとき覚えたのは3題目(これも金沢近辺だけの方言で、一般でいう3番目)までだったが、OBは8題目くらいまで歌っていた。
しかし、どうせなら、台湾という南国に来ているんだから、南下軍の歌うたえばいいのにね。南下軍の歌は四高の応援歌だが、歌詞が応援歌らしいものだから、他校にも広がり、比較的有名だから。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 八田與一没後67周年墓前祭... | トップ | 「台湾軍の歌」が出てきたN... »
最近の画像もっと見る

台湾その他の話題」カテゴリの最新記事