むぎの城さんぽ

日本100名城&続日本100名城を巡っています。
近頃は山城歩きもエンジョイしてます!

土岐高山城(岐阜県)

2020年07月02日 | 百名城以外の城
高山城ときたかやまじょう
別名美濃高山城
構造山城
築城者高山秀頼
築城年代1221年頃
指定史跡市指定史跡
場所岐阜県土岐市土岐津町高山 地図
御城印大竹醤油醸造場

土岐高山城は鎌倉から室町時代にかけて美濃の国の領主となった
土岐氏の居館「大富館」「浅野館」を護るため浅野館を見下ろす高台に砦を築いたのがはじまりです。
1574年(天正2年)甲斐の武田勝頼の東濃攻めにより攻略された後、
関ヶ原の戦いの際、東軍の妻木勢によって攻められ落城したと伝わります。
また、土岐高山城は遠山十八支城のひとつに数えられてます。



三の曲輪虎口

堀切で区切られた三の曲輪入口です。
堀切と言っても、現在ははっきりとしたものは見受けられません。


堀切

縄張図を見なくとも想像は出来ますが、堀切があったことを示す石柱があります。


駐車場

三の曲輪に駐車場がるので、体力を消耗することなくやってくることが出来ます。
そもそも、思い付きでここに来た理由が午前中土岐明智城でヘトヘトになり、
美濃金山城へ行った後だったので、帰りがてら楽して本丸行けちゃうところが
ないかと探した結果ここに辿り着きました。^_^;


案内看板

三の曲輪駐車場脇に石柱と案内看板があります。


三の曲輪

三の曲輪から本丸虎口方面を見ています。
門が構えられ、櫓も見えます。


搦手門

三の曲輪と本丸を繋ぐ道の間にある橋と冠木門の方を見ると、
搦手道があります。
ここから高山城第二砦と遊歩道が整備され繋がっています。
※今回は思いつきで立ち寄ったため、調べが甘く第二砦までは行っていません。



城下の下街道に合わせた高山宿灯篭とお揃いの灯篭が風情があって良いですね


城址碑

門の隣にはとても立派な城址碑があります。
鏡石に使いたいようなサイズです!


本丸

案内看板を読むまで気が付かなかったのですが、
この下は水道貯水池だったんですね^^;
只の公園だと思ってました。


物見櫓

土岐市内の夜景を見渡せる高台のビューポイントとして
夜景撮影やデートスポットとして親しまれています。
この日も、地元の若者が櫓で語らい合っていたので邪魔にならないよう
櫓に登るのを遠慮しました。


二の曲輪

フェンスの外に腰郭のように細長く広がる二の曲輪があります。



よ~く見ると草に埋もれて二の曲輪の石碑がありました。


井戸跡

井戸跡とはあるのですが、周囲を見ても井戸は残っていないようです。




フェンスの奥に続く復元想像図の物見がある場所に社が見えます。



フェンス外の社側から二の曲輪に回り込み小さな段郭があるはず…
城下へ続く道も現在は使用出来ず。
復元想像図によると、ここにも搦手門があったとされている場所です。



とりあえず、ここでは見尽くしたので帰路へ。


山の神

三の曲輪を出たところで、道下に「山の神」なるものが見えました。
地元の方々?城を築いた戦国期の土岐氏ら?がこの大きな岩を
山の神と崇めたのでしょうか。詳しいことは分かりません。


大竹醤油醸造場

さて、城下へ下りやって来たのが大竹醤油醸造場です。
ここには、土岐高山城の御城印が販売されているというのでやって来ました。



御城印の他にも、チラシなどの資料も置いてあるので
出来れば城址へ向う前にこちらに立ち寄ることをお勧めします。
そして、こちらで販売のお味噌を二種類おみやげに購入したのですが
これは仙台味噌のジョウセンと越後味噌の毘沙門と赤味噌なら岡崎のカクキューと言いたいところですが
赤味噌は美濃路の大竹と言いたいほど気に入りました。


天正10年徳川家康と連携を取り、3万の兵で武田征伐で高遠城で武田軍を滅ぼした際に土岐高山から持ち出した鰐口が、高遠の遠照寺に寄進されて残っています。
遠照寺と言えば、大工だった私の祖父が改修しているので
子供の頃、住職に鰐口の話も聞いたことがありました。
この話を先にちゃんと調べていれば、南宮神社にも寄って来ただろうになあ。
またこんな後悔をしていると「ちゃんと調べてから行けよ」って主人に怒られちゃいます
でもね、思いつきで寄って後から調べて、へえ~、そうだったのか!という発見が楽しいものなのだよ
わかるかな?


令和2年6月27日登城








コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 問題と解説(館林城) | トップ | 特別編(準1級・2級・3級) »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
次回は是非 (まる)
2020-07-02 12:22:47
土岐高山城の大竹醤油店さんは看板にもあるように「山ごぼう味噌漬け」が絶品です。
次回美濃地方に来られる機会があれば是非お土産にご賞味ください。
にしても、思い付きで移動する距離ではないのに…素晴らしいです(^_-)-☆
Unknown (むぎ)
2020-07-03 04:47:41
まるさん、おはようございます。
攻城団の攻城メモを見て大竹醤油醸造場へ行こう!と思って寄ってみました。
山ごぼう味噌漬けも目に止まったのですが、この日お店で対応して下さった方が味噌の説明をして下さったのでその中の二種類をチョイスしました。この次はぜひおみやげに購入してみますね。
今年はラリージャパンがあるので美濃、三河方面にはまた出掛けるかもしれません。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

百名城以外の城」カテゴリの最新記事