むぎの城さんぽ

日本100名城&続日本100名城を巡っています。
近頃は山城歩きもエンジョイしてます!

問題と解説(松江城)

2018年06月01日 20時40分21秒 | 城郭検定
 正解!

✤ 1級 ✤
🏯三ノ門手前の通路脇に見える石垣石材には、「刻印」がいくつも刻みこまれている。この城はどれでしょうか。
①松江城 ②高松城 ③彦根城 ④丹波篠山城


🏯2015年、国宝に指定された松江城天守は、姫路城・松本城・犬山城・彦根城に続いて5件目となるが、天守の国宝指定は何年ぶりのことでしょうか。
①28年ぶり ②42年ぶり ③63年ぶり ④84年ぶり


🏯今回の指定は、城が完成した年を裏付ける祈とう札の再発見による所が大きい。この祈とう札に書かれていた年号はどれでしょうか。
①慶長三年 ②慶長十年 ③慶長十三年 ④慶長十六年


🏯天守を支える柱は、写真のように柱に厚板を継ぎ合わせて張り、鎹かすがいや鉄輪で留められ強度を増しているが、天守にある総数308本の柱のうち、何本にこのような工夫が施されているでしょうか。
①18本 ②49本 ③82本 ④130本


🏯天守の構造は、二代堀尾忠氏が急逝したため、築城の名手と言われた父吉晴が行ったが、吉晴が役10年居城とした前任地の城はどれでしょうか。
①浜松城 ②掛川城 ③横須賀城 ④駿府城


🏯天守の内部には、籠城戦を想定し、井戸や便所が設けられていた。便所は、地階の他にもう一ヶ所あったが何階に置かれていたでしょうか。
①1階 ②2階 ③3階 ④4階


🏯明治8年(1875)陸軍省は老朽化建物群の払い下げの入札を実施した。この時、松江城天守も落札されたが、いくらで落札されているでしょうか。
①8円 ②35円 ③180円 ④250円



✤ 2級 ✤
🏯松江城天守が63年ぶりに国宝に指定されたが、ある木礼が再発見されたのが指定の根拠ともなった。その木札とはどれでしょうか。
①祈祷札 ②上棟札 ③入札 ④地鎮札



✤ 3級 ✤
🏯天守は建築構造によって望楼型と層塔型に区別されるが、望楼型天守をもつ城は次のうちどれでしょうか。


🏯江戸時代後期の茶人大名松平不昧(治郷)の居城で、明治時代に小泉八雲(パトリック・ラフカディオ・ハーン)が住んでいた城下町のある城は、次のどれでしょうか。
①土浦城 ②高島城 ③松江城 ④小谷城


🏯岡山県の備中松山城と並んで、中国地方の現存天守として知られる島根県の城はどれでしょうか。
①郡山城 ②松江城 ③津和野城 ④月山富田城


🏯天守の構成で付櫓を天守に直接接続した形式を複合式というが、次の中で複合式はどれでしょうか。
①丸岡城 ②松江城 ③名古屋城 ④広島城


🏯籠城戦に備え、地階に塩貯蔵庫を設け、火災予防のため床を瓦敷きにし、深さ24メートルの井戸を掘っているのはどの城でしょうか。
①熊本城 ②島原城 ③大阪城 ④松江城


🏯天守の中で小天守や櫓を持たない形式を独立式天守というが、次のうち独立式でない天守はどれでしょうか。
①丸岡城 ②宇和島城 ③高知城 ④松江城


🏯山陰地方で唯一天守が現存する城はどれでしょうか。
①萩城 ②津和野城 ③鳥取城 ④松江城



✤ 4級 ✤
🏯次のうち複合式天守はどれでしょうか。
①犬山城 ②松江城 ③弘前城 ④丸岡城 
複合式とは、天守の入口に小天守(付櫓)が付くもの。犬山城・松江城・彦根城など。


🏯日本海側で唯一の現存天守をもち、宍道湖(しんじこ)畔に立つ城はどれでしょうか。
①月山富田城 ②鳥取城 ③萩城 ④松江城



【公式】日本城郭検定過去問題集―2級・3級・4級編―
公益財団法人 日本城郭協会
学研プラス



知識ゼロからの日本の城入門
小和田 哲男
幻冬舎

コメント   この記事についてブログを書く
« 問題と解説(鳥取城) | トップ | 問題と解説(月山富田城) »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

城郭検定」カテゴリの最新記事