むぎの城さんぽ

日本100名城&続日本100名城を巡っています。
近頃は山城歩きもエンジョイしてます!

加瀬城(神奈川県)

2019年10月07日 07時38分18秒 | 百名城以外の城
加瀬城かせじょう
別名
構造平山城
築城者加瀬資親
築城年代鎌倉時代
指定史跡
場所川崎市幸区南加瀬1 地図

加瀬城は夢見ヶ崎公園の敷地内にあり、一帯は加瀬山古墳群になっています。
太田道灌にまつわる山吹の花の言い伝えがあります。
夢で東北の空に縁起の良い舞鶴を見たことで、江戸城を築くきっかけとなったという
言い伝えも残っています。



登城口

ナビで案内された入口まで来てみましたが…
先日の台風15号の影響でしょうか、倒木のためこの最短の道が使えないようです。


南加瀬貝塚
先ほどの山道が使えないので回り込んでルートを変えてみました。
すると貝塚がありました。
関東地方では珍しい弥生時代の貝塚で、縄文、弥生時代の区分をする
最初の標識土器が出土された場所のようです。


図書館前

この道をどんどん登って行きます。


夢見ヶ崎鳥獣保護区図

了源寺の手前に右手に駐車場が見えます。
こちらに行けば太田道灌の碑や案内看板があったようですが、
この日は警備員の方が出て動物園への車や人の誘導をしていたため
そっちは動物園だなと思い込み奥へ入って行きませんでした。
これが間違いでした。


加瀬山第三号墳

更に周辺を捜索していたのですが城址らしき情報は得られず…。
古墳の方が知られているようですね。


了源寺

了源寺の前を横切り、JR側に車を待たせていたために諦めて
北側へ下りました。
下った先の「夢見ヶ崎児童公園」でも何か手掛かりがないかと見てみたのですが
空振りに終わりました。


通りすがりに思いつきで寄ってみたので、まずどこからアプローチするのかも
考えず、見えたところで車をおりて歩き始めました。
ところが、通行止めで周辺を歩いたわりには何も得るものがなく、
目的地に到着しないまま退散となってしまいました。
やはり思いつきはダメですね^^;
反省。。。



令和元年10月6日登城



江戸と江戸城 (講談社学術文庫)
内藤 昌
講談社

コメント