むぎの城さんぽ

日本100名城&続日本100名城を巡っています。
近頃は山城歩きもエンジョイしてます!

常陸太田城(茨城県)

2019年07月18日 06時48分18秒 | 百名城以外の城
常陸太田城ひたちおおたじょう
別名佐竹城・舞鶴城・青龍城
構造平山城
築城者藤原(小野崎)通延
築城年代 1109年(天仁2年)
指定史跡
場所常陸太田市中城町151 地図

常陸太田城は、小野崎通延が築城し馬坂城を居城としていた佐竹隆義が
小野崎氏を小野崎城へ追いこみ常陸太田城を入手、佐竹氏の本城としました。
佐竹氏は会津上杉討伐や関ヶ原合戦に参陣しないなど
徳川家康に反抗的態度が多かったために、秋田に国替えを命じられました。
秋田移封後は水戸藩の支庁が置かれ明治初期に廃城となりました。



西本郭

太田小学校へやって来ました。
学校はお休みで、職員室を訪ねてみたのですが先生方はいらっしゃいませんでした。
通報されないように体育館に居た保護者の方に声を掛けて、
事情(城跡を見に来たこと)を告げました。


舞鶴城址碑

西本郭の太田小学校の門を入ってすぐに城跡碑があります。


今上(昭和)陛下御駐蹕の碑

小学校裏の現存土塁とされる場所付近にある石碑は
1929年(昭和4年)に陸軍特別大演習が行われ、
その際に、天皇陛下が太田小学校にお立ち寄りになられたことを
記念して建てられたものです。


日下部父子の碑と益習館跡

水戸藩が庶民の教育機関として設けた郷校のひとつで
益習館の初代館守を務めた日下部連と、その子である伊佐治の功績を称えた碑です。



埋蔵文化財発掘調査

ここは日本たばこ産業が所有していた旧太田倉庫跡地です。
三の郭に位置する場所に来てみたら…発掘調査中でした。



住宅地にするための発掘調査のようです。



この後、9月以降は住宅地建設となっていくのでしょうか…。
そもそも工場があった場所なので今更ながら遺構がどうのという感じではないかもしれません。
しかし、ここに舞鶴城があったことを研究し、語り継いでいる方々に敬意を表したいと思います。



学校にある城址碑だけかなとあまり期待せずに行ってみたのですが、
広く城址の面影(土塁や堀)と地名など名残がのこり、発掘調査中であったりと
思いの外歴史を感じる場所じゃないか!と思いました。
三の郭から9月までに何が出て来るのか、新発見があることを期待します。


令和元年7月13日登城



改訂版 図説 茨城の城郭
茨城城郭研究会
国書刊行会
コメント (2)

小野崎城(茨城県)

2019年07月18日 06時47分54秒 | 百名城以外の城
小野崎城おのさきじょう
別名
構造平山城
築城者小野崎通盛
築城年代1145年―1151年(久安年間)
指定史跡
場所常陸太田市瑞竜町小野崎 地図

小野崎通盛は、小野崎に館を構えていたことから小野崎新太夫と称しました。
佐竹昌義の家臣となり、その勢力は宿老・守護代へと発展していきました。
その後佐竹領の拡大に伴い、小野崎城から櫛形城へと所領替えとなり
小野崎城は廃城となりました。



城址碑

常陸太田市立瑞竜中学校にある城跡碑の撮影許可を取りに職員室を訪ねました。
撮影許可と他に遺構がないか尋ねてみたのですが、残念ながら遺構は残っていないとのこと。
東側の一段下(里川側)から遠景で見ると城(館)を置きそうな地形であることがわかります。
しかしそれ以外城跡であったことを偲ぶ材料がみつかりませんでした。
近くには白鷺神社が目につく。
ここには今宮館跡があるらしく、入口にはバイクの先客がいました。
佐竹永義の館があった場所とされますが、現在館跡には白鷺神社の境内になっています。


城址碑以外学校敷地内の撮影は遠慮致しました。
遠景を見てその立地条件から、かつての城跡を想像しながら後にしました。


令和元年7月13日登城


ドライブレコーダー 前後カメラ 2019最新版 32GB SDカード付き 永久保証付き 1080PフルHD 1800万画素 LEDライト付き 4インチ 170°広視野角 SONYセンサー/レンズ 常時録画 G-sensor( WDR)
Silintion
Silintion



日本城郭大系〈第4巻〉茨城・栃木・群馬 (1979年)
平井 聖
新人物往来社
コメント