トーキング・マイノリティ

読書、歴史、映画の話を主に書き綴る電子随想

安倍元総理と参議院選挙

2022-07-11 21:15:14 | 世相(日本)

 昨日10日、第26回参議院選が行われ、事前の予測通りに与党の圧勝となった。私は10日に私用があったため、9日土曜日に記事前投票を済ませてきた。
 宮城選挙区は地元紙・河北新報の予測通り桜井充が圧勝したが、私は元民主党員で自民に鞍替えした桜井には投票する気になれず、民主党の新人女候補如きは入れる気もなかったので、死票となること確実の他の候補者に投票した。比例代表では自民党の青山繁晴氏。

 右派や保守派からすれば、辻本清美や福島瑞穂、蓮舫などが当選したことに落胆した方も多いだろうが、せめてもの救いは森ゆうこが落選したこと。そして公明党の応援を断った自民党の新人候補・小野田紀美氏が岡山で初当選したこと。
 今日の河北新報では森ゆうこの落選をさも残念そうに伝えていたが、この女が北朝鮮へワクチン無償提供を提案したことには当然「報道しない自由」扱い。

 投票日2日前の7月8日、安倍晋三元首相が暗殺される事件が起きている。ただ、事件は投票にそれほど大きな影響は与えなかったと私は見ている。既に趨勢は決まっており、自民党への同情票は野党が危惧するほどには増えなかっただろう。
 ただ、8日の事件は日本中を震撼させたことは間違いなく、私のメル友の同日のタイトル「凶弾に列島凍る」はズバリ世相を表現している。新聞ТVでは実行犯・山上徹也(41)の母親がのめり込んで破産した特定の宗教団体名を報じていない。ネット上では創価学会を疑う声が多数アップされたが、昨日あたりから件の宗教団体が「統一教会」だったことが見られるようになった。

 wikiらしく早々と「安倍晋三銃撃事件」もアップされ、こちらでも特定の宗教団体が「統一教会」だったことが紹介されている。尤も実行犯の実名は伏せられているが、「統一教会」と自民党保守派の繋がりの強さが改めて解る。
 かつては高価な印鑑や壺を売る霊感商法で知られた「統一教会」だが、最近は自己啓発セミナーが主流となってきたようだ。手口が変わっても被害者は21世紀でも後を絶たないらしい。

 安倍元首相銃撃事件が起きた時、私は陰で中共が糸を引いているのではないか?、とつい想像してしまった。陰謀論、恐露病ならぬ恐中病に憑かれたネトウヨおばさんの妄想……等と冷笑した向きもあるだろう。但しネット上では中共の関与を疑う人は少なからずいた。安倍元首相は台湾問題に言及しており、このような姿勢を中共が決して見逃すはずがないからだ。
 
 1981年5月13日、ローマ法王ヨハネ・パウロ2世暗殺未遂事件が起きている。実行犯はトルコ人のメフメト・アリ・アジャ。当時法王の祖国ポーランドでは民主化運動組織「連帯」が勢いを集めていて、法王も「連帯」を支持していた。
 これをソ連が快く思うはずがなく、英国の作家F.フォーサイスは日本の雑誌とのインタビューで、暗殺未遂事件へのKGB関与をほのめかしていたのを憶えている。フォーサイスのインタビューを見た時、ここまでやるの?と思ったが、KGBはじめ東欧圏の機関はその程度は朝飯前にやっていたのだ。暗殺ならば中共もお手の物のはず。

安倍元首相銃撃事件とマスコミ」というブログ記事がある。記事から一部引用したい。
テレビ番組でコメンテーターとして登場する青木理は、日本はこの数十年、格差や貧困が広がり、将来への展望を描けない焦燥感がひろがったのに、政治がこれに十分対処しなかった。こうした閉塞感や不安感・不満が治安を悪化させ、政治に対するテロが起きてしまうのは必然なのだ、と発言している。いずれも、このような事件は悪い政治によって引き起こされた、という論旨である……

 河北新報でも安倍元首相暗殺の翌日、“識者”の1人として上記の青木の見解を載せていた。一方ブログ記事には正反対の見方も紹介されている。
これらに対して、大学教授・評論家の八幡和郎は、安倍元首相に対して、特定のマスコミや「有識者」といわれる人たちが、テロ教唆と言われても仕方ないような言動・報道を繰り返し、暗殺されても仕方ないという空気をつくりだしたことが事件を引き起こしたのであって、犯人が左派でも右派でも個人的な恨みをもった人であろうが、精神に障害を抱えた人であろうが、それが許されると思わせた人たちこそが責められるべきである、と述べている

 ブログ主も、「ただ、こうしたテロ事件が発生している一方で、テロを支援する、テロにシンパシィを表明する言論人の態度は、やはり許しがたい」と批判している。全て政治や世の中が悪いという青木の意見に対し、ブログ主や八幡氏の見解に共感を覚えた。

◆関連記事:「第25回参議院選について想うこと

よろしかったら、クリックお願いします
   にほんブログ村 歴史ブログへ


コメント (2)    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 同居していた弟の頭蓋骨をご... | トップ | 「白」への固執 »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (鳳山)
2022-07-11 23:57:22
コメントを書こうとしたらgooブログ開設者じゃないと書き込めなかったため開設しました。

安倍元総理は日本史に残る大宰相でしたね。世界中の要人が彼の死を悼んでいる点でも人徳が偲ばれます。

その安倍さんを死に追いやったのは、日本の反日マスゴミのヘイト報道だと思います。今でも許せません。
鳳山さんへ (mugi)
2022-07-12 21:16:23
 コメントのためのgoo ID取得をありがとうございました!私としても実に不本意なのですが、荒らし対策のため止むを得ず制限した次第です。

 何しろ相手は6月8日からほぼ連日書込んでおり、初めは1日数件程度だったのが、制限前の頃になると15件くらいにまで増加。このままでは加速度的に増えると見て制限しました。有名ブロガーを殺した「低能先生」の同類だから。
 いくらHNを変えても同一人物なのは一目で分かりますよ。鳳山さんや拙ブログ常連さんのHNを使っての成りすましはズサンそのものだったし、ネット検索もできない様子なので、やはり非日本人のようです。

 安倍元総理の逝去から4日経っていますが、未だに喪失感は消えません。殆ど戦争前のような複雑な国際情勢の中、この先日本はどうなるのか、不安で堪りません。

世相(日本)」カテゴリの最新記事