つくばあそび 呟き部屋

取るに足りない瑣末事を面白おかしく楽しみたいと思います!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ゆっくり確実に時は進みて。

2009年11月29日 22時27分04秒 | 猫の糖尿病(2007以降闘病記)

朝。 私の一日は猫に起こされるところから始まります。

トイレ砂を掘ったそのままの手での猫パンチや鼻フックにはやや閉口・・。

特に爪を使った鼻フックは酷い。。 一発で目が覚めます。

 

・・まー元気な証拠ということで許しちゃいますけどね(笑) 

 

さて、彼の糖尿病が再発して2年弱。

朝晩インスリン投与の日々は長かったような、あっという間だったような。

ギネスに挑戦するつもりでこれからも毎日投与していきます

 

腎不全の方も対症療法が功を奏してBUN, CREともに正常範囲を維持。

今後を考えると腎不全に由来する貧血も心配ですが、

ヘマトクリット(血中で赤血球体積比)36.2% (正常30~45%)で兆候なし。

 まだまだ快適な老猫ライフを楽しんでもらえそうです

 

しかしこれまでの血液検査の結果や治療の変遷を見返すと

ゆっくりとながら腎不全が進行していることも見て取れます。

 

なんとかCREをこのレベルで抑え込みたいところですが、

だんだんと治療が難しくなる覚悟は必要かもしれません。

 

 最後の時まで毎朝毎晩インスリンを打ち続けること。

苦しさを取り除ける対症療法はなんでもすること。

 

鼻フックのお礼にしてあげられることにも限りがあり、もどかしいところです(凹)

 

 おしまい

 

 

 

 

追記: 腎不全猫の余命

今までむーの余命についてはかかりつけの獣医にも聞かず、調べることもしませんでした。

知りたくなかったので。

しかし今回ついつい調べてしまいました。

腎不全猫の飼い主さんで知りたくない方は以下は読まないでください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まず腎不全猫の余命は正確には予測できません。

また猫さんによって余命の幅が広く、予測すること自体無意味なのかもしれません。

それを了解した上であくまで目安として以下の報告が参考になりました。

J Vet Intern Med. 2008 Sep-Oct;22(5):1111-7.
Survival in cats with naturally occurring chronic kidney disease (2000-2002).

 血中クレアチニン2.3mg/dl以上の慢性腎不全猫さん733匹の余命を調べた報告です。

(残念ながら全文は入手できておらず、要約のみからの情報)

国際基準(IRIS)で腎不全の猫さんの病気の進行はCREによりStage I~IVに分類されるのですが、

最初の診断時のStageごとの余命は以下のような結果だったそうです。

(中央値とは平均ではなく、余命の長さにしたがって猫さんを順位付けした時一番真ん中にくる猫さんの余命の長さです。)

 

 Stage IIb (CRE2.3~2.8mg/dl) : 2~3107日の幅がある中で中央値 は1151日

Stage III (CRE 2.8-5.0mg/dl) : 22~2100日の幅がある中で中央値 は778日

Stage IV (CRE 5.0mg/dl以上): 1~1920日の幅がある中で中央値 は103日

 

私の猫の場合、診断時にCRE 3.0mg/dlだったのでその時点でStage IIIの初期だったと考えられます。

すると一番ありえそうな余命は診断から778日ですが、

現状のCREのレベルを見るとこれは超えられそうな予感。

あとは2100日生存例のよう非常にラッキーななケースであることを願うのみです。

 

 

コメント (2)

目次1: 猫関連

2009年11月26日 00時26分50秒 | 目次 (まずはここからお入り下さい)

<猫と私と糖尿病>

私の猫の糖尿病、おまけに腎不全の闘病記

 

猫と私と糖尿病。
2004年の糖尿病闘病記です

猫と私と糖尿病。 -追記-
2007年に書いた予備知識メモ

猫と私と糖尿病と腎不全。(1)
2007年の再発以降の糖尿病闘病記

猫と私と糖尿病と腎不全。(2)
2008年に発症した腎不全の闘病記

 


<猫日記>

闘病記以外。

 

  ひんやりアルミボードで猫快適、、の予定が。。

猫と鼠。

帰ってきた猫。

にゃんこのへ。

トムとジェリーと日本生命。

くろねこ給餌係。

猫又道。

曇り時々猫模様。

猫の手機能。

猫の手機能2。

猫の帰還。

  昼下がりの苦悶。

 

コメント

目次2-1: 生き物についての呟き(1)

2009年11月26日 00時25分47秒 | 目次 (まずはここからお入り下さい)

<生き物についての呟き>

擬態。 昆虫の擬態

新種?サカサトンボ。 トンボの体温調整

 4進法的なまもの。 ATGCで書かれてる

エリート蛙。 多産多死の生き残り

オナモミの造形。 マジックテープ

ヒトとニャンコの進化。 猫って完成型?

ちくりん。 ありえないくらいの巨大生物

畑の肉18。。 畑の肉の元

センダングサの造形。 銛

雑魚なZacco属。 オイカワとヒトの学名考

ジュラ紀の水辺。 釣りたかった

闘いの歴史。 シンプルな強敵

省エネ漁業。 サギに負けた

シカクのシグナル。 見ればわかる

華の遺伝子。 ABCモデルが花開く

爬虫類今昔。 復元図も進化中

生き物の幾何学的造形。 トンボの翅をしげしげ見つめる

カーステレオ(体温調節機能なし)。 暑くても熱くてもへっちゃら

草叢の中のドラマ。 毎年ニューカマー

デジカメに見る疲労感的収斂。 生物に近づくデジカメ

 連鎖する親の愛。 利己的で利他的

飛んぼ。 飛ぶこと自体に意味は無く

 インテルじゃないけど入ってる。 細胞というコンピューター

曇り時々猫模様。 遺伝子と偶発性のコラボレーション

ポケモン戦闘力ののランナウェイ。 強さだけが強さじゃない


 

コメント

目次2-2: 生き物についての呟き(2)

2009年11月26日 00時25分23秒 | 目次 (まずはここからお入り下さい)

<生き物についての呟き(2)>

牛久UMA。 オールサバイバーズ

お魚2題。 馬鹿に出来ない魚たち

コーラル細胞レボリューションズ。 遺伝子インストール

哺乳類の繁栄に見る計画された偶発性。 くじは引かなきゃ当たらない

木々と葉っぱのふらくたる。 基本は繰り返し

みなキョーダイ。 血縁の証

みんなで選べばランナウェイ。 男は女で、女は男で暴走する

 The Planet of the CELLs。 よく殖えた

メスは強し。 オスの本懐

陰りの季節。 35億年の壁を越えた出会い

 宇宙で友達探し。 太陽系ひとりぼっち

 機械生命体。 根底に息づく原理は同じ?

空と緑と太陽と。 物質循環を少しだけ感じつつ

 

コメント

目次3: 生き物としての人間、環境問題

2009年11月26日 00時24分51秒 | 目次 (まずはここからお入り下さい)

<生き物としての人間、環境問題>

 減り始めた。 ヒトの増殖もシグモイド?

もーきんるい。 ハゲタカに見放され・・

「特別 」 という幻想。 だったらチンパンジーも特別かも

神武の遺伝子。 神々しきY染色体

 適応力。 感動は減る方向に 

 食べたい欲求。 飢餓向きの体

認識できるかな。 ヒトには見えず昆虫が見てるもの

認識できるかな、リローデッド。 見えてるようで見えてない

盆と細胞。 死んだ後も生きている人

 怖いのこころ。 恐怖心も進化の産物?

エネルギーが降ってくる。 太陽発電しないと目がつぶれる

臨界点の恐怖。 温暖化というローリング雪だるま

未来田。 自然な人工物

 のうのうとした脳。 くせのあるコンピューター

雲紋の記憶。 サヴァンの脳力

自分本体。 目を閉じると見えてくる

ココロの根源。 ホントに考えてる?

 トップオブ the 生態系。 最近いびつな生態系 

強欲の果てに。 エゴで壊れるエコ

こたつで読書でつらつら思考。 普通な人と変な人で成り立ってる

SF的現実。 現実は小説より奇で怖い

どん詰まり人類? 全世界ギリギリ選手権

 

コメント

目次4: アウトドア

2009年11月26日 00時24分09秒 | 目次 (まずはここからお入り下さい)

<テンカラ釣り>

2007年以前の記録

楽しいテンカラ、今年も始まる。

テンカラ布教活動。

か・い・き・ん。

 エリアテンカラフィッシング。

 心の向くまま。

 空と緑と太陽と。

 

<釣り以外>

2007年以前の記録

461メートルのパラダイス。

雪山登山スーパーマイルド。 その1

雪山登山スーパーマイルド。 その2


 

コメント

目次5: 小説、映画

2009年11月26日 00時23分36秒 | 目次 (まずはここからお入り下さい)

<小説や映画のレビューとも言えない感想>

 連鎖する親の愛。 流星ワゴン

ロール プレイング ライフ。 ビタミンF

 神は死んだ? キリストの遺骸

読書と風との秋日和。 ダヴィンチコード、その日の前に、おーい竜馬

ドクショ!ドクショ! 裁判長!ここは4年でどうすか、心の処方箋

つくば今昔。 僕たちの戦争

上空10000mの映画鑑賞会。 UDON、タラデーガナイツ

上空10000mの映画鑑賞会 その2。 ワイルドスピードx3、イリュージョニスト、パイレーツオブカリビアン デッドマンズチェスト

オモイコンダラ小説家の星。 午後の恐竜

 イノチの清掃。 デス スィーパー 

秋の夜長に。 ダイハード4.0、ランボー、コマンドー、アイアムレジェンド、インデペンデンスデイ、MIB2、ワイルドワイルドウェスト、Brother、菊次郎の夏、デイアフター、男たちの大和

こたつで読書でつらつら思考。 孤高の人、のぼうの城

SF的現実。 地球が静止する日

 機械生命体。 ターミネーター4

 

 

コメント

目次6-1: 日々徒然、未分類(1)

2009年11月26日 00時23分13秒 | 目次 (まずはここからお入り下さい)

<日々徒然、未分類(1)>

引越し後の第一回目。 釣行記更新しました(ハス釣り)。 邪魔だ法度。 ほろすこーぷが乱れておるぅ! プロ野球オールスターウォーズシリーズ? ヒトヒネリ。 蓮根畑でサイクリング。 水神宮。 鉄拳。 りらくぜーしょん。 釣りに行ってはみたものの。。 仏の顔も。。 しゅっとっこー。 地震。 眼たれ。 TYPHOON! ・・・の割には。 嵐が去って。 酢橘、じゃなくて、巣立ち。 フライでハス。バスでなく。。 滅私奉公。 郵政みーんみんみんみん。 猫と鼠。 野生の感覚。 苔林。 怖いもの。 つくばに電車がやってきた。 嵐を呼ぶ男。 天然モノ。 夕日が沈んだ時~! ゲイ肉。 ゴルゴゴルゴジェダイ。 考える葦。 労働組合。 秋ですねぇ。 準備。 札幌駅にて。 出張。 秋だ! ・・禁漁期間に突入。。 「ぶつぞう!」 「どうぞ。」 秋、深まりぬ。 乱雑な庭。 帰ってきた猫。 うちゅうえべれーた。 今週も釣りに行きました。 和をもって尊しと。。 おたく。 イグ・ノーベル栄養学賞。 雨の日のサイクリング。 お金持ち。 エリート蛙。 揺れる大地。 マルちゃん人気。 サイクリングの楽しみ。 異文化。 

コメント

目次6-2: 日々徒然、未分類(2)

2009年11月26日 00時22分45秒 | 目次 (まずはここからお入り下さい)

<日々徒然、未分類(2)>

ハスラー! 眼たれ。 既視感。 内輪ネタ。 プライマリーバランス。 一休み一休み・・。 モツゴ釣り。 もうじき車検。 ナマでフォ~~! 美しいもの。 モロコ釣り。 つかーーーん。。 さて。 サンフランシスコ出張 雲海。 雑感。 あらららら。。 新年のご挨拶。 正月ボケ。 初めて気が付いた。 マイ水槽のめじな。 育毛剤ドーピング。 虫の生活。 働かずにはいられない生き物なのか? しんしんと、雪降り。 和中混交的混炒飯。 忙。 ホリエモンバッシング~、ちゃららん、ほわんほわんほわ~ん。 六角形。 在りし日の霞ヶ浦。 クビマキハクチョウ。 春の兆し。 HDD/DVDレコーダー顛末記。 アザラシ物産。 意外な発見。 意外な発見 その2。 繚乱。 萌芽。 Google Mars ! 炎が立って寝不足。 炎立ち消え。 ネット相伝。 交通安全協会の功罪。 結構毛だらけ。 結構毛だらけ-2 

 


 

 

コメント

目次6-3: 日々徒然、未分類(3)

2009年11月26日 00時21分27秒 | 目次 (まずはここからお入り下さい)

<日々徒然、未分類(3)>

急性ハマちゃん化症候群。 アリーナ席? (そこそこ)キレイな写真の載せ方。 始まりがあるものには終わりがある。 隣人を愛せよ。 夏のかほり。 出張。 時差ぼけぇ。 日本文化 in USA。 続く雨降り。 週末矢の如し。 平安京。 軍艦じゃんけん。 いぶし銀の一言。 メーワクな風物詩、来る。 青い目をした釣り馬鹿。 豪雨の命名。 はづきー! 消えたワンコ。 古生代フェチ。 ワク星。 愚痴。 一週間ぶりの更新。 コトバのチカラ。 一週間。 世界遺産的な穴。 人工空間。 猫とシュラフと次世代負担。 さぶい゛。 僥倖。 日出ずる水の国から。 ひとつ積んでは・・・。 際(キワ)。 挨拶初め。 捨てられていた盲目犬。 よかった、よかった(笑) 山には山の神、川には川の神。 バトン。 インフルエンザはつらいよ。 春来たりて・・。 泣きの春分。 思い込みの行く末。 決意。 ゲンキンな朝。 こぴい。 風林火山。 ちょっと小休止。 末広がり祈念! 衝撃吸収草。 お腹と背中が・・。 つくオフ de ロケット見学。 記憶の中の自我。 EXPO’85! ・・・の残骸。 ウソ88。

 

 

コメント

目次6-4: 日々徒然、未分類(4)

2009年11月26日 00時06分55秒 | 目次 (まずはここからお入り下さい)

<日々徒然、未分類(4)>

せぷてんば。。 替え歌。 替え歌2。 失敗怖い。 赤嘘。 スタック中。 黒猫VBA。 かぐやが撮る。 明けましておめでとうございます! 雪の日。 近況。 夏の暮らし。 時間と変化と。 年始のご挨拶。 秋の空気、職場の空気。

コメント

どん詰まり人類?

2009年11月23日 19時41分05秒 | 日々徒然

前回の続きとして、これからの地球環境と人類について調べて書こうとしたのですが、、、

 

無理

 

内容が多岐に渡って複雑で、タブーは満載、しかも正解の無い未来予測の分野。

ブログの一記事で網羅するのは荷が重過ぎです。。

 

放り投げちゃおうかとも思いましたがそれも無責任ですので、

私が環境問題の一番の本質だと思っている「人口が多すぎること」について少しだけ書きます。

 

調べてみると地球が養える人口の最大数は、

Wikipediaの「人口可容論」では60~159億人という数字が出されています。

またコチラの報告では過去の69の研究を解析し直して77億人が妥当なところではないかと述べています。

 

ちなみに実際の現在の世界人口は68億人。

2050年には90億人を超えるとされています。

 

・・・すでにレッドゾーンということ?

 

さらにはエコロジカルフットプリントという指標があります。

これは人間の活動を永続的に続けるために必要な地球の面積を数値として表したものなのですが、

これを用いて解析した場合、1980年代から人類全体が環境に与える負荷が

地球が吸収できる限界を超える状態が続いているとされています。

つまり、年々地球にダメージが蓄積されている状況ということです。

 

実際に環境問題や食糧危機などのキーワードで調べてみると、

 

温暖化に伴う異常気象

中国やオーストラリア、アフリカの砂漠化

北米穀倉地帯の地下水の枯渇

漁業資源の枯渇

各地での種の絶滅

 

という具合に不安要因が、まぁ、出るわ出るわ。。

これらのような環境破壊が進むと地球の最大人口扶養数が低下し、

現在の60億人で人口を維持し続けたとしても

いずれ世界的な飢餓状態になることが危惧されます。

 

 2012年のマヤの予言よりもよほど怖いと思うのですが、いかがでしょう?

 

人口抑制政策としては中国の一人っ子政策が有名ですが、

実際に約4億の人口を抑制する成果が上げたものの、

同時にシビアに人権に絡む問題が起こっているそうです。

人口第2位のインドでは避妊の知識や避妊具を行き渡らせる政策で

人口抑制を図ったものの頓挫しているようです。

ついでにあるニュースではインドの保健・家族福祉相が

「深夜テレビの普及で人口抑制」

という 下ネタ 発言をしているくらいで効果的な施策がなされていません。

人口を抑制する良い方法ってなかなか無いですね・・。

 

また、あれこれ検索している中でこんな記事にもぶつかりました。

ビル・ゲイツが進める現代版「ノアの方舟建設計画」とは

 ビルゲイツはじめ、世界の富豪が世界の人口増大をいかに食い止めるか話し合った、というニュースです。

「アメリカの陰謀だ」的な論旨に賛同して良いかどうか悩ましいですが(笑)、

目先の利益と倫理問題で動きが取れない国連や各国政府よりも

市場原理を利用した実効性のある(情けはなさそう・・)方策を出してくるのかもしれませんね。

 

なんだか、結局ダラダラ書いてしまいました。

 

なんにせよ、このまま人口が増え続ければいずれ物理的な壁にぶちあたって

飢餓と混乱の中で人口が減るという悲劇が危惧されます。

理性を持って人類が自らの人口をコントロールするにしても

子供を作る自由が失われるか、子供を作りにくい状況にされてしまうと思いますが、

大量の餓死者を出すよりマシなのではないでしょうか。

 

・・・。

 

以上、暴走終了です。 重かった。。(笑)

当初は「地球が静止する日」の感想をサラッと書くだけのつもりだったのですが、

どこかで重いテーマに迷い込んでしまいました

次回は釣りか猫か、軽めの記事にしたいと思います。

なんか久々に更新頻度アップ。 折角なので過去の記事を整理しようかとも思いつつ。

 

おしまい

 

コメント (2)

SF的現実。

2009年11月18日 01時00分19秒 | 日々徒然

久々にSF映画が見たくなり、遅ればせながら「地球が静止する日」を観ました。

周りの人たちの評価はイマイチだったのですが、SFならあまり好き嫌いがない私は美味しく完食。

(以下、ネタバレ注意です)

 

主題はアメリカ人が好きそうな家族愛を軸としたヒューマンドラマで、

宇宙人が地球人を駆除しに来るという状況設定がミソです。

 地球人の姿を借りた宇宙人を演じるのはキアヌ・リーブスですが

宇宙人の襲来もマトリックス内の仮想現実でしたってオチではありません(当たり前か・・)。

 

SFの設定にツッコミを入れるのは無粋かとも思いますが、

この映画、観られた方はあれこれとツッコミを入れられたことではないでしょうか?(笑)

これまでのSF映画では宇宙人たちは圧倒的な科学力をもちながら、

なぜかその科学力を生かしきれていないというパターンが多いですよね。

ウィルス対策の無いインフラシステムとか(「インデペンデンスデイ」)、

事前調査したとは思えない占領計画とか(「宇宙戦争」)。

 

キアヌ星人もその例に漏れず、重要な意思決定の際にはその卓越した科学力を利用せず、

なくなんとなくその場の成り行きで決めるという悪癖(オイ・・)を持っていました。

しかもその判断から人類を「放置」か「皆殺し」にするという極端さ。。 

あのう、キアヌ星人さん、、その場の気分で皆殺しって酷くない?

 

「地球」という貴重な惑星サンプルの保全任務を遂行するならば、

ちゃんと数字に基づくデータを吟味して方策を決めて欲しいところです。

そんな興味で現在の人類活動と地球の環境に関するグラフを検索してみました。

以下、3つほど。

 

1.ヒトの個体数遷移

 (U.S. Census Breauより転載)

 

2.地球における生物種の絶滅

 (「生物多様性条約第10回締約国会議」(COP10)より転載)

 

3.様々な手法で得られた過去2000年間の気温の復元

 (Wikipediaより転載、The original version of this figure was prepared by Robert A. Rohde from publicly available data, and is incorporated into the Global Warming Art project)

 

 

 

・・・怖っ。 

 

破綻しそうに見えるのは気のせいでしょうか?

 

しかもこれは映画でなくて現実の話です。

 

もしかして我々は長~い地球の歴史の中でも大きな節目に当たるような

スゴイ時代に生まれてしまったのかもしれませんね。

 

さあて、と、、、寝るか(笑)

 

 

おしまい

 

 

コメント

こたつで読書でつらつら思考。

2009年11月11日 01時30分05秒 | 日々徒然

 しばらく仕事に追われる日々を過ごしていましたがそれもようやく一段落したので週末にこたつを出しました。

週末は週前半と違って暖かかったですが、私の猫には大好評。

猫と私(←お付き合い)でこたつ祭り状態でした。

こたつのかもし出すこの安定感、ダラダラ感、良いですねぇ(笑)

 

そんなわけで週末は電気も入れないこたつに足を突っ込みながら新田次郎の「孤高の人」を、

さらに友人に薦められてた和田竜の「のぼうの城」を立て続けに読了しました。

 

「孤高の人」ではKYな若者が孤独に山に登ってその名を世に轟かせますが、

人に合わせようとしたとたんに失敗する話でした。

 

「のぼうの城」では戦国時代にKYな城代が戦を始めてしまいますが、

なんやかんやで優秀で優しい人たちのおかげで結果オーライになります。

 

・・・すごい適当な要約ですみません。 どっかの芸人さんの芸のようだ(誰でしたっけ?)

 

さて、これらは物語としてそのまま楽しめる小説だったのですが、

「集団思考(浅慮)、場の空気」、「発達障害」を意識して読むとまた違った味があるなー、と思いました。

 

集団思考、場の空気は前回の投稿でほんのちょっとだけ触れた内容ですが、

 集団になると意見の同調圧力が各個人にかかって

その結果現実離れしたような結論を出しがちになることを指します。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A0%B4%E3%81%AE%E7%A9%BA%E6%B0%97

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9B%86%E5%9B%A3%E6%80%9D%E8%80%83

 

そんな「場の空気」を読まず(読めず)に行動するとその人には

「変な人」というレッテルが貼られることになるかと思われます。

 

過去にはこれは個性という一語で片付けられていた話ですが、

最近では遺伝要因や脳機能の多様性に基づいた類型としての理解が広がってきているように思えます。

いわゆる「発達障害」のADHDやアスペルガーで、発達障害といっても知的レベルが低いとは限りません。

「片づけられない女たち」や「のび太ジャイアン症候群」という本でちょっと話題になりましたよね。

 

上の2つの小説の主人公が発達障害的な性質をもっているか?、という事に関して私には判断しきれませんが、

行動が集団の規範(常識)に捉われず、そのため集団への適応性の低いことや

純粋でエゴや悪意から異様に離れていることからその素因は見られるのではないかなー、と思いました。

(しつこいようですが、あくまで個人的な所感です)

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%B9%E3%83%9A%E3%83%AB%E3%82%AC%E3%83%BC%E7%97%87%E5%80%99%E7%BE%A4

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B3%A8%E6%84%8F%E6%AC%A0%E9%99%A5%E3%83%BB%E5%A4%9A%E5%8B%95%E6%80%A7%E9%9A%9C%E5%AE%B3

 

発達障害ではない多数派の人たちが空気を読むことで形作られる集団の価値観と、

その集団中で特異な存在になりがちな発達障害的な少数派の人たち。

この姿って普段私たちが属する集団の属性や力学を根本から説明できている気がして非常に興味深いです。

特に集団での行動や意思決定に疑問を感じたことのある方、

自身が集団から浮いていることが多いように感じることの多い方は目からウロコな話かもしれません。

是非ネットで検索してみてください。 情報が多分に得られます。

ちなみに昔から「変わってるね」と言われることの多かった私にはこの辺の話は共感性があって非常に楽しめました。

 

ついでに猫的、犬的という行動の分け方もこの辺にあるのではないかなーとも思います。

猫的行動をする私の猫と私、それでもうまく共同生活してます(笑)

 

おしまい

 

 

コメント (2)