つくばあそび 呟き部屋

取るに足りない瑣末事を面白おかしく楽しみたいと思います!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

寿命、ということ。

2008年10月14日 01時33分29秒 | 猫の糖尿病(2007以降闘病記)

 

 秋です。 多くの草花や虫たちがこの季節に寿命を迎えますね。 種や卵として子孫を残し、うたかたの一生を終えて自分の体を土に還す。 自然の摂理というか原理というか・・。

 形あるものはいつかは壊れる。 生きとし生けるもはいつかは死に逝く。

そう頭ではわかっていてもそれを普段は実感していません。 なんとなく、今がずっと続くようなそんな気がしてしまうのは自分だけ?

 さて、なんだか景気の悪い前置きをしてしまいましたが、その理由は私の飼い猫の健康状態にあります。 糖尿病と腎不全を併発しつつも投薬と食餌療法でなんとかバランスを保ってきたのですが、とうとう血液検査の数字(BUN)が悪い方に振れ始めました。

---------------------------------------------------------
                         BUN(尿素窒素)         CRE(クレアチニン)
                       正常17.6~32.8mg/dl       正常0.8~1.8mg/dl
---------------------------------------------------------
 12月29日                29.9                              1.1
  3月 1日                58.2                              3.0       → 腎不全治療開始
   3月29日                26.1                              1.0  
   6月14日                25.5                              0.9
   8月23日                29.5                              1.3
 10月13日                36.3                              1.5
---------------------------------------------------------

 9月の終わり頃から飲水量が増えてきたなー(長らく200~250ml程度だったのもが250~300mlに増えました)、なんか嫌な感じだなー、と思っていたら悪い予感が当たりました。 データは嘘を吐かないですねぇ。 しかしまだ正常範囲のちょっと上のレベルですので全身状態は問題なく、ごく普段通りににゃぁにゃぁと元気良くお暮らしになってます。 

 

 さーて。。

 彼に残された時間がどれほどあるのか。

 それが彼の「寿命」と言えるものなのか。

 

 そんな暗い考えも頭をよぎりますが、考えてみると自分の寿命も同じことかもしれませんね。 猫も自分も生きられるところまで生きるだけ、、、、、なんて達観できると楽なのですが。 うーん。

 

 

コメント (12)