つくばあそび 呟き部屋

取るに足りない瑣末事を面白おかしく楽しみたいと思います!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ぼちぼち。

2009年07月26日 23時29分31秒 | 猫の糖尿病(2007以降闘病記)

・・・気がつけば、3月以来の更新

 

そろそろなんか書かないと猫が死んだと心配されてしまう、、、

とか、

魚釣れなくて更新できないのだと思われてしまう、、、

なんて想像しつつも更新サボってました。 ははは、スイマセン。

 

で、猫の方ですが、

 

 日々こんな感じです。

暑さに負け気味、、、ってわけでもなく年中寝てばかり。

たまには猫の手も貸してくれっ!!(笑)

 

それで糖尿病&腎不全の経過ですが、

安定しているのであんまり書くことありません(^^;

 

糖尿病については、インスリンへの反応性はそれなりに変動するものの

週一回の自宅での血糖値測定で十分に対応できています。

 

腎不全については、ACE阻害剤、活性炭を服用させることで

BUN、CREともに正常範囲をキープできています。

皮下輸液のために週一回の通院が必須でしたが、

それも自宅でできるようにして頂き、通院を月一回に減らすことができました。

 

ただやはり高齢ということもあって、便秘や肝機能の低下が見られてまして、

対症療法のための投薬の種類がかなり増えてます。

全部まとめると以下のようになります。

 

糖尿病対策: インスリン、皮下補液

腎不全対策: 活性炭、ACE阻害剤

便秘対策: 流動パラフィン

肝機能対策: アデノシルメチオニン

 

自分で書いておいてなんですが、こうして見ると多いなぁ、ははは

ちなみに投薬の作業自体はむーの場合はそれほど苦労してません。

彼の温和な性格に助けられてます。

 

昔は自分も考えもしませんでしたが、

ペットも歳をとるし、人間と同じような病気にもなるのですよね。

それに対応した治療法があるのがありがたいことですが、

私が今現在経験していることとして、

人に預けらず、旅行にも行けない、コストも掛かる、

という負担があるのも事実です。

 

「ペットも家族の一員」

 

という言葉を以前ほど簡単に言えない(言って欲しくない)状況になってきているのではないでしょうか。

ウチの場合、そろそろ化け猫になってくれると色々解決する気がするのですが・・

 

久しぶりに記事を書いたら、すごくだらだらな文章になってしまいました。

釣りの話題はまた次回に書きます(いつになるだろう・・?)

 

おしまい

 

 

『猫』 ジャンルのランキング
コメント (24)   この記事についてブログを書く
« 強欲の果てに。 | トップ | あれ? »
最近の画像もっと見る

24 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (nekokobuta)
2009-07-27 20:36:40
ご無沙汰しています。ネコさん、元気でよかった。よかった。
私は先日、伯父の家にいるご長寿ネコさん(御年21歳)に会いに行ってきました。
Iさんも一緒です。とっても可愛くて写真をバシバシ撮ってきましたよ。
我が家の動物達(←あえてこう書きます<笑>)も病院通いをしつつも元気です。
お仕事、お忙しいことと思いますが、お体を大切に!

ご無沙汰です! ()
2009-07-27 22:25:55
むーやんもぼちぼち、魚も釣れてるようで安心しました。(笑)

今月初めにつくばでブルーベリー狩りをしてきましたよ。
なかなかよろしゅうございました。(笑)
そうそう、地質標本館で「鉱物トランプ」なるものが発売されてるそうなので、それもゲットしにいかねば。
麦さんも、暑さに負けずにこの季節釣り三昧に励んでください。
Unknown (麦)
2009-07-28 20:41:54
neko-kobutaさん>
ご無沙汰してます
動物達、、、って、、えぇ、事情はお聞きしています(笑)
21歳はスゴイですね!それを聞いてしまうと私の猫もまだまだ若造に思えてきます
非常に怠惰な若造ですが・・。
Iさんですがお元気ですか?そろそろ探りを入れようかなーでも忙しくて迷惑かなー、と思っていました。Iさんにも宜しくお伝えください!

和さん>
ご無沙汰してます!和さんもはるちんもお元気そうでなによりです。
つくば訪問記拝見済みです。私よりもつくばを満喫しているような・・。ブルーベリー園なぞあることすら知りませんでした。川ならご案内できますが(笑)
鉱物トランプ!すげーマニアックでいいですね~和さんは写真を撮られるから、オリジナルのトランプなんてのもできるといいですね。トランプ作成キット、あったりして?
Unknown (だまごん)
2009-07-29 17:16:01
こんにちは。
麦さんもむーちゃんもお元気そうで安心しました。
むーちゃん、相変わらずのムチムチバディではないですか♪
体調も安定とのこと、嬉しいです。

うちのアマは、何だか色々ありましたが、そこそこ平和に暮らしています。
むーちゃんのように、投薬、スムーズにはいきませんが、最近、私の腕も上がってきました。
何とかなるものですね(^_-)

『人に預けらず、旅行にも行けない、コストも掛かる』の事実を、私も思いっ切り実感しております。
私も化け猫化希望~(^_^;)

色んな気持ちが渦巻きますが、まだまだ一緒にいてくれると信じて頑張ります。
麦さんも、お体ご自愛なさって楽しい夏を☆
Unknown (麦)
2009-07-30 20:48:12
だまごんさん、こんばんは。
アマちゃんに看護&お世話お疲れ様です。ブログ拝見していました。大変でしたね。だまごんさんのご努力に頭が下がります。お互い黒猫の飼い主(私の場合は下僕かも?)として頑張りすぎずに頑張りましょう!(笑)

実際に色々大変なのも本当ですが、くつろいでいる猫を見ると「これでいいんだ」と思えますよね。ウチのもアマちゃんに負けないように化け猫にしてみせます!

・・・ちなみに黒猫の化け猫は強力らしいですよ

はじめまして (アビ)
2009-08-04 13:52:35
昨年末に、愛猫リュウが糖尿病と診断され、インスリンを欠かせない状況にあります。ランタス3単位から始まり、6月末に高血糖で入院して、退院後は、ケトアシドーシスということで、ランタス4単位+ヒューマリン5単位に増えました。先週、かかりつけの病院が休みの日に、脱水をおこし、他の病院へ入院。(子猫の時に保護されていた病院です。)低血糖をおこし、肝臓や腎臓の数値もひどいことになっていました。昨日一時退院しましたが、ランタスのみの使用にきりかわりました。不安でいっぱいのとき、むーさんの呟き部屋をのぞいています。まだ6歳なので細く長く生きてほしいと思っています。獣医さん選びは難しいと実感。
Unknown (麦)
2009-08-04 22:52:57
アビさん、はじめまして!ご訪問ありがとうございます。

リュウくん(ちゃん?)も糖尿病なのですね。私の猫が最初に糖尿病になったときにはうまく病勢をコントロールできず、不安だし、焦るし、無力感ばかりが募ってシンドかったです。。おそらく同じようなお気持ちをもたれているのではと思いますが、そんな中で奮闘されているアビさんの姿勢や頑張りが文章から伝わってきました。リュウくんもちゃんとその頑張りを見て感じてくれているのではないでしょうか(^^)

私は獣医ではありませんし多くの糖尿病猫さんの治療をみてきたわけではありませんので、具体的にリュウくんをどう治療していくべきか確実なアドバイスはできません。ただ私の少ない経験や、ネット上の他の糖尿病猫の闘病記を見てきた範囲では、自宅で血糖値を測定することがリュウくんの血糖コントロールとアビさんの不安を取り除くのにもっとも役立つのではないかと思います(もしまだやってなければ)。きっとご想像されるよりも簡単だと思いますよ。YouTubeにもやり方が投稿されてましたので、まだご覧になってなければ是非見て参考にしてください。
http://www.youtube.com/watch?v=_durVk1NPb4&hl=ja

リュウくんの一日も早い病状の安定をお祈りしてます!!
ありがとうございます (アビ)
2009-08-05 11:23:43
最初の入院後、血糖値の簡易測定器を買いました。ただ、血は爪を切って、採取してました。今、You Tubeを見て、耳からのほうが、猫にも負担がなさそうって思いました。今朝、病院に行ってきました。血糖値は450と高かったですが、ケトンは出てなかった。本人も悪いなりに元気です。この間の低血糖は、どうやらインスリンのうちすぎによる、ソモギー効果だったようです。反省。7ヶ月で2.5キロも痩せてしまい、なんとかもう少し体重もどせないかなと思っています。情報ありがとうございました。
Unknown (麦)
2009-08-05 21:54:12
ぬあっ!やっちまった!既に簡易測定器をお持ちだったのですね。エラソーにすいませんでした(笑)

それはさておきケトンが止まって良かったですね。私も2度ほど低血糖を経験しました(食事させ、インスリンの打ったすぐ後になにかの拍子でゲーされまして・・)。焦りますよね。。でも一度経験したので落ち着いて血糖値を計りながら食事させたりブドウ糖を与えて乗り切れるようになりました。何事も経験、、、でしょうか?(笑)

お世話になりました (はな)
2009-08-06 19:11:04
麦さん、はじめまして。メールは初めてですが、実はこれまでずっと「つくばあそび」に励まされ、愛猫はなの世話を頑張ってきました。更新がない時は、何度も何度も確認しては待ちわびておりましたよ。 タイトルにお世話になりました・・と書いたのですが、そうなんです・・・化け猫になり悲しいお別れをしたからです。3歳になったばかりで糖尿病と診断され、それから2年弱病気と闘ってくれました。病状が悪化する度に哀しみに打ちのめされましたが、むーちゃんの記録を見てはやる気を奮い起こし希望を持ってお世話しました。うちの子は心臓病も抱えていたので、結局そっちのほうが悪化してしまい最後を迎えたのですが、糖尿病のケアは言葉で伝えられないほど大変ですね。沢山の情報や前向きに元気になれるコメントを、本当に有難うがざいました! あ、これからもむーちゃんファンとして「つくばあそび」を楽しませて頂きます。 麦さん応援していま~す!

コメントを投稿

猫の糖尿病(2007以降闘病記)」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事