つくばあそび 呟き部屋

取るに足りない瑣末事を面白おかしく楽しみたいと思います!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ココロの根源。

2007年06月18日 22時58分40秒 | 日々徒然

 

 ・・・なんちゅーか、昆虫って何を考えているのかわからんです

 まぁ、人間の視点からすると「何も考えていない」のかもしれませんね。 でも実際どうなのかなぁ。。 そもそも真面目に考えると「思考とは何か」ということも案外難しい話ですね。

 一般的に「思考」というのはより抽象的で論理的な神経回路の働きを指しており、なんだかスゴク高尚なイメージがありますよね。 それに対して昆虫の定型的な反応はより原始的なイメージで捉えられていると思います。

 でも人間の思考も昆虫の定型的な反応もどちらも神経細胞ネットワークの働きですから、両者に質的な差異は無く、つまり、人間の思考も定型的な反応の積み重ねでできているのではないかなー、という気もします(私には根拠が提示できませんが・・)。

 そういう風に考えると、一見高尚に見える人間の思考も、実はかなり定型的で自律的なものなのかもしれません。 本当に「自分で思考している」のでしょうかねー。 ちょっと自信がなくなります。 もしかしたら「脳が勝手に思考を作り出している」という方が事実をより客観的に示しているのかもしれません。

 

 ・・・うーむ、イマイチ結論にたどり着けないなぁ

 

 実はこの記事、こんな内容にも関わらず結構いろいろ調べたり悩んだりしました。 こういう思考を「下手な考え休むに似たり」って言うのでしょうねー。 無駄がない分、私より昆虫の方がエライかも(笑)

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (9)   この記事についてブログを書く
« 衝撃吸収草。 | トップ | お腹と背中が・・。 »
最近の画像もっと見る

9 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (reine)
2007-06-19 14:53:59
ムシって考えてないようで、絶対ちゃんと考えてますよねぇ(-公- )
ゴのつくアイツなんて、きっとすごいこと考えてそう!
でも一体何を考えているんだろう。
生きていくコトだけを考えているんでしょうね、きっと・・・
ワタシなんて食べることばかりだなぁ(爆)
Unknown (麦)
2007-06-19 21:57:24
ゴのつくあいつは「生きた化石」と言われるくらいの生き物ですので、それに相応しく人生(ゴ生)に達観しているかもしれませんね(笑)

「食べたい」というような欲望とか感情とかは一般的には「思考」とは呼ばないのでしょうけど、人間以外の動物が持っている「気持ち」はきっとこういうものなのでしょうね。解剖学的にも欲望や感情を司る古いタイプの脳は人間以外のセキツイ動物にも共通していて、その上に大脳が発達してきているって言いますよね。

そうそう、「では脳の起源はどこなんだろう・・」と調べていたら、ヒドラ(イソギンチャクの仲間)の肛門(口でもある)周辺の神経塊かもしれないというオモロイ話もありました

Unknown ()
2007-06-19 23:29:18
むかぁーし生物の授業で「走性」を習いましたね。
光とか化学物質なんかの刺激に対して、そっちへいったり(正の走性)逆に嫌がったり(負の走性)。
そういうのは型どおりの「反応」なんでしょうけど、思考となるとそう単純にはいかないかもしれませんね~。
定型的な反応の積み重ね・・・だとなると、ものすごくたくさんの選択肢の中からの組み合わせによってできる反応ですよね。
うーん、どうなんでしょう・・・やっぱりわかりません、はい。

ここはひとつ、HALに聞いてみないと・・・。
(2001年は過ぎちゃいましたけどね。)
Unknown (麦)
2007-06-19 23:57:11
記事では「思考」も単純な定型的反応の積み重ねじゃないかなーと書きましたが、思考が存在する理由もきっと定型的な反応と同じですよね。

「定型反応」も「思考」も、それと「感情」も全てその生物にとって有益な行動を引き起こすためのメカニズムなのだと思います。

これで「思考」も定型反応の積み重ねでできているとすると、思考と定型反応の間に線を引くのって難しくなりそうです。


ほーら、こんなことを思考し出すと煮詰まってしまいますよね?(笑)

2001年宇宙の旅!いいですねー、好きな映画です。あの世界ってものスゴク未来の話だと思っていたのですが、既に6年前に過ぎてしまったのですね・・。脳や知能の研究は当時の想像以上に難しいということでしょうか・・

ハススタート (ヨッシー)
2007-06-21 10:30:30
ハススタートですか。
なかなかの釣果ですね。私はここ数年ハスは釣ってないので、そろそろお会いしたいところです。

ところで、霞水系といえばいろいろ外来魚で有名ですが、実際釣りしていて、話に聞くアメリカ?のナマズとかも釣れてきたりするんですか?
もしかして日本のナマズよりアメリカ?のナマズの方がよく釣れるとかだったりするんですかね。
はじめまして (SATO)
2007-06-21 18:21:36
はじめまして。突然で恐縮です。素敵な写真のサイトですね。

最近、小学生の3人の息子と同じ川で(たぶん?)エサ釣りしてます(^^)。そんな親子を見かけたら是非お声をかけて下さい(笑)・・・子供と一緒なのでお邪魔にならないよう気をつけます(^^;)。

ちなみにこの間の日曜日は「オイカワ、カワムツ、ギル君、タモロコ」など子供の遊び釣りにしてはまあまあでした。

・・・しかし貴サイトの美しいハスの写真を見たら釣ってみたくなりましたね~。
Unknown (麦)
2007-06-21 22:59:13
ヨッシーさんこんばんは! SATOさんはじめまして!

霞水系はアメリカナマズがいっぱい居ます。SATOさんは今回はアメリカナマズは掛からなかったのでしょうか?

私は普段は餌釣りをしないのでよくわかりませんが、少ない経験ではアメリカナマズばかりでヤマトナマズは釣れていません。完全に駆逐されてしまってないか、かなり心配です。

ハスも霞水系では外来種ですし、霞の生態系はカタストロフ(崩壊)と言われるくらい変化してしまっているのですよね。。 これはもう元の姿には戻らないだろうな・・、というのが私の寂しい本音です

日本全国の内水面をこれ以上状況を悪化させないよう監視しつつ(←釣りしながら)、水辺に遊びましょう! SATOさん、どこかでお会いすることがあればよろしくお願いします
増えすぎですか… (ヨッシー)
2007-06-22 11:03:12
そんなにアメリカのナマズが増えているとは思いませんでした…
バスにアメリカナマズ…
「欧米か?」とつっこみ入りそうですね。

以前アメリカ南部出身の知り合いが、「ケイジャン料理というのがあって、ナマズ(キャットフィッシュ)とかザリガニ(クロウフィッシュ)とかバスとかよく食ってたよ。ソウルフードってやつだ。こういったナマズとかは揚げたり、ガンボというスープで食うとうまいよ…」と言ってました。
東京にもケイジャン料理のお店は数店舗あるようですので、これらを食材業者がバンバン獲ってくれれば多少減るのかなと…
いつのまにか霞ヶ浦は、「アメリカ南部デルタ」化してたんですね。 

ガンボスープ
http://www.geocities.jp/kitchendlt/delta/gumbo.html#gms
Unknown (麦)
2007-06-22 21:12:40
霞ヶ浦のアメリカナマズも最初は食用として入れたらしいのです。あまり売れなかっため業者が養殖網から放ってしまったのが大繁殖の始まり、、という噂を聞きました。ホントかどうかわわかりませんが

アメリカナマズは琵琶湖でも捕獲され始めたみたいですね。霞ヶ浦ではバスもギルも激減しましたが、個人的にはこれはアメリカナマズの影響ではないかと疑っています。それくらい繁殖力のある魚ですので、琵琶湖での捕獲のニュースは気になるところです。。独自の生態系を誇る琵琶湖が霞ヶ浦のようにアメリカ南部デルタ化するのは、、、、ねぇ

コメントを投稿

日々徒然」カテゴリの最新記事