蜜柑のつぶやき ~演出家の独り言~

NPO法人劇空間夢幻工房の演出家/青木由里の日々の呟き。脚本執筆・役者・ワークショップ講師も兼業する舞台人日記♪

Go To トラベル キャンペーンの行方は・・・

2020年09月18日 16時46分55秒 | 日記

菅新政権が発足し、本日から東京発着の
Go To トラベル キャンペーン予約が開始。

本日東京の新型コロナ感染者数は200人超の220人。

これ以上拡大しないためには
個々人並びにお店や宿泊施設、交通機関が
しっかりと予防対策していく。

今のところそれ以外に道はない。

コロナ対策と経済対策の両立💦

コロナが収束するのが先か
生活困窮者が爆発的に増加するのが先か
まさに瀬戸際かもしれない。

さて・・・

菅総理が提唱した政策は・・・

●新型コロナウイルス感染症対策(GoToキャンペーンなど経済対策含む)
●マイナンバーカードなどを含むデジタル化やデジタル庁の新設表明
●地方活性化
●少子化対策・待機児童問題・不妊治療への保険適用
●外交安全保障・拉致問題解決

特に目玉と言われているのは・・・

●携帯電話の料金値下げ

下記は総理の記者会見で私が注目した言葉の抜粋。


省庁の縦割りによって、我が国にあるダムの大半は
洪水対策に全く活用されていなかった事実
国民の財産の電波の提供を受け、携帯電話の大手3社が
9割の寡占状態を長年にわたり維持して世界でも高い料金で
20パーセントもの営業利益を上げ続けている事実

他にもこのような当たり前でない、いろいろなことがあります。
これらを見逃さず、現場の声に耳を傾けて、何が当たり前なのか
そこをしっかりと見極めた上で、大胆に実行する。
これが私の信念です。

私が目指す社会像、それは、自助・共助・公助、そして絆であります。
まずは自分でやってみる。
そして家族、地域でお互いに助け合う。
その上で政府がセーフティーネットでお守りをする。
こうした国民から信頼される政府を目指していきたいと思います。

そのためには行政の縦割り、既得権益、そして悪しき前例主義
こうしたものを打ち破って、規制改革を全力で進めます。

国民のためになる、ために働く内閣をつくります。


既得権益、悪しき前例主義が本当に打破されれば
日本は大きく変わる・・・はず。

けど、これにより利益を得ていた人たちは
反対勢力となって、必ず阻止しようとするだろう。

期待し過ぎず、これからの菅総理の手腕を注視していきたい。

 

東京の感染拡大に伴い、私も未だ初孫の顔を見に行けず( ;∀;)

 

 

来月、北斎ホールシアターが終わったら
家族そろって東京へ行こうと考えているが
Go To トラベルの影響の吉凶によって
また東京行きが延期になる可能性も・・・

0歳児の成長は速い。

まだ首がしっかり座らないうちに
一度でもいいから抱きたいな・・・

感染が拡大しないことを祈る日々です。


コメント   この記事についてブログを書く
« 佐々成政おもてなし武将隊~... | トップ | 2021年の幕開け »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。