面白く、そして下らない

今の停滞した日本には何が必要なのか。政治・経済を中心に語ります。
ツイッターは凍結されたので、新しいのに変えました。

一に経済二に経済三四がなくて五に経済

2021-06-19 19:27:21 | 経済
一に経済二に経済三四がなくて五に経済。とにかく経済が重要だ。

帝国主義の時代は外交、安全保障が経済より重要だっただろうし、現在でも外交、安全保障を軽視するわけではない。経済を重視したら外交、安全保障を軽視するごとに繋がるわけではないからだ。どちらか一方を選ばなくてはならないものではない。

だがそれでも経済なのだ。日本の国際社会における地位が落ちているの経済の停滞のせいであるし、支那が急激に存在力を増しているのもGDPが10倍以上になったからだ。

国民生活が苦しいのは政府の経済政策の間違いで橋本龍太郎の消費税増税と歳出削減による緊縮財政からずっと停滞いや衰退している。小渕恵三の積極財政は正しかったが如何せん短すぎた。

財政再建派の政治家、財務省、御用マスコミ、御用学者らが政府債務を過度に心配して増税と歳出削減による緊縮財政を主張し、実際に実行されてきた。これが致命的な間違いだった。

増税と歳出削減による緊縮財政では経済は絶対に成長できない。それが証明された24年だった。消費税減税か歳出拡大による積極財政に転じなければならない。

国民の参政権は権利だ。投票は棄権しても罰はない。

しかし経済は「義務」なのだ。正しい経済財政知識を身につけて、貨幣について知り、政府は積極財政をすべきと声を挙げ、積極財政派の候補者、政党に投票しなければならない。

そうしなければ國は貧乏になり、貴方は貧困に喘ぐことになる。

これは政治全てにいえることかもしれない。政治に無関心な国民は無能な政治家に支配される。または政治に無関心な国民は政治に復讐される、だ。政治に無関心だと必ず不利益を被る。それがこの24年だった。

秋までに総選挙がある。積極財政派の候補者、政党に投票しなければならない。菅義偉は残念ながら緊縮財政派と判断せざるを得ない。周りも財務省の息の掛かった緊縮財政派で固められている。

総選挙で積極財政派に権力中枢を握らせる必要があるのだ。そのためなら政権交代も選択肢だ。しかし_

~~引用ここから~~

立憲民主、消費減税で迷走 代表明言も「公約ではない」:朝日新聞デジタル

 立憲民主党の枝野幸男代表は15日の衆院本会議で、時限的な消費税5%への減税に踏み込んで演説した。ただ、秋までにある衆院選の公約には盛り込ま...

朝日新聞デジタル

 


 立憲民主党の枝野幸男代表は15日の衆院本会議で、時限的な消費税5%への減税に踏み込んで演説した。ただ、秋までにある衆院選の公約には盛り込まない考えで、消費減税を旗印とした野党間の連携にも慎重だ。

(略)
~~引用ここまで~~


立憲民主党は消費税減税を公約にはしないとの考えとのことだ。公約にさえしないものを実現できるだろうか。無理だろう。

若い人は知らないかもしれないが、立憲民主党の前身である民主党は鳩山由紀夫が政権交代の際の公約に「消費税増税はしない。4年間は議論もしない」と宣言したのだ。それを野田佳彦が弊履のごとく捨て去り消費税を10%にまで増税したのである。

私は選挙公約は全てを守れるものとは考えていない。しかし消費税を増税しないというのは民主党の一丁目一番地の公約だった。なにもしなければ守れたものを、それを真正面から破って消費税増税を強行したのだ。野田佳彦を信用することは詐欺師を信用するに等しい。野田佳彦は現在でも立憲民主党の最高顧問だ。

当然立憲民主党が政権に就いたら消費税減税を妨害しようとするだろう。野田佳彦は立憲民主党内の一グループを率いており、発言力、影響力はそれなりにある。

こんな体たらくで立憲民主党が政権に就いて消費税減税をするだろうか。できるだろうか。100%無理とは言わないが、8割方無理ではあるまいか。

だからといって今の自民党、菅義偉内閣をそのまま続けさせるわけにもいかない。緊縮財政が続いてしまうからだ。

~~引用ここから~~

内閣支持横ばい33% ワクチン「遅い」69%―時事世論調査:時事ドットコム

時事通信が11~14日に実施した6月の世論調査で、菅内閣の支持率は前月比0.9ポイント増の33.1%と横ばいだった。不支持率は0.4ポイント...

時事ドットコム

 


 時事通信が11~14日に実施した6月の世論調査で、菅内閣の支持率は前月比0.9ポイント増の33.1%と横ばいだった。不支持率は0.4ポイント減の44.2%だった。不支持が支持を上回るのは6カ月連続。

(略)
~~引用ここまで~~


もっとも低い支持率が出る時事通信でも33%だ。20%台に落ちて国民の人気取りのために消費税減税か給付金でもさせたかったのだが、それもあり得ないようだ。

菅義偉が内閣総理大臣から降ろされるか、緊縮財政を積極財政に転換するように自民党を適度に負けさせたいのだが、そんな器用な真似ができるだろうか。自民党が議席を減らすのは確実だが、正直読めないのだ。週刊誌の選挙予測も近頃は出ない。

例えば貴方の選挙区が自民党の候補者がガチガチの緊縮財政派である稲田朋美の福井一区ならば話は簡単だ。稲田朋美を落とすために野党統一候補に投票すべきだ。稲田朋美は選挙に強いので落選させることは無理だろうが。最悪比例復活するだろう。

逆に貴方の選挙区が立憲民主党の候補者が野田佳彦である千葉四区ならば自民党候補に投票すべきだ。野田佳彦も選挙には強いので落選させることは無理だろうが。こちらも最悪比例復活するだろう。

私のイチオシである安藤裕の京都六区であれば安藤裕に入れて欲しい。自民党内で積極財政派は実のところ飼い殺しにされているわけだが、総選挙後に党内力学が変われば権力中枢を握ることができるかもしれないからだ。

孫引きだが、自民党の候補者が緊縮財政派ならば野党候補に入れて落選させたいし、積極財政派ならば自民党候補に入れて当選させたい。全選挙区のデータを作りたいが、流石にちょっとできそうにない。それぞれが調べて投票して欲しい。ネットで候補者名を入れて検索すれば良いだけなので難しくはない。選挙にはその程度の労力を払う価値はある。

~~引用ここから~~
2020年度のGDP戦後最悪の下落。そして選挙について少し - 面白く、そして下らない

(略)

「国民殺し」を推進する連中について、主権者として、我々日本国民は全員が知るべきです。

衆議院議員
 稲田 朋美 (福井1区)
 石崎 徹  (新潟1区)
 井林 辰憲 (静岡2区)
 大岡 敏孝 (滋賀1区)
 岡下 昌平 (大阪17区)
 宗清 皇一 (大阪13区)
参議院議員
 滝波 宏文 (福井)
 松川 るい (大阪)

(略)

ちなみに、同会議において、上記の財政再建派に真っ向から反発した、財政拡大派(反・緊縮派)は以下の通り。

衆議院議員
 山本 幸三 (福岡10区)
 城内 実   (静岡7区)
 安藤 裕  (京都6区)
 中村 裕之 (北海道4区)
 石川 昭政 (茨城5区)
 藤丸 敏  (福岡7区)
参議院議員
 舞立 昇治 (鳥取)
 足立 敏之 (全国比例)

(略)
~~引用ここまで~~


自民党候補者も野党統一候補者も緊縮財政派でも積極財政派でもない日和見の選挙区は野党統一候補者に入れて自民党を適度に負けさせたい。その方が積極財政に転じる可能性が高いと考える。

比例では二大政党に入れては駄目だ。自民党は適度に負けさせる必要があるし、立憲民主党を勝たせ過ぎても積極財政は実現しない。

公明党に入れては自民党よりなお悪い。公明党は自民党の左翼派閥といえる存在だからだ。積極財政は実現しない。

維新は消費税減税を公約に掲げたが、竹中平蔵と仲が良い新自由主義政党だ。投票しても国民の利益にはならない。

社民党は泡沫政党だ。左翼だし、死票になる可能性も高い。積極財政実現の可能性はない。

共産党はやはり政権には入れない政党だ。入れるべきでもない。だから投票すべきではない。

N國はよくわからない。一人の参議院議員が良い質問をしているらしいが、正直票が無駄になりかねないと思う。入れるべきではない。

だから国民民主党かれいわ新選組になる。衆議院総選挙の比例はブロック制なので死票になる可能性もあるのだが、積極財政実現のためには比例はこの二党しかない。

国民民主党の代表玉城雄一郎は良いこと言っているし、れいわ新選組の代表山本太郎はずっと消費税廃止と積極財政を主張してきた。甲乙つけがたいのだが、私個人はれいわ新選組だ。左的な主張が気にかかるが。死票になる可能性が怖いが。

とにかく経済、経済、経済だ。選挙だけでは駄目だ。経済、財政、貨幣について正しい知識を身につけて声を挙げ、政治を変えなくてはならない。この24年の教訓だ。

(敬称略)

コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 批判が怖いのだろう | トップ | なぜ経済が最重要なのかを考... »
最新の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2021-06-20 09:25:19
某別の有名ブログさんで2,3回、「匿名」で応援メッセージを書いた者です。
ぬくぬくさんには続けて頑張ってほしいと思います。
ブログの内容については、今まで一度も言及はしていませんでしたが、一言だけ。

ブログで問題提起をされているテーマは、ぬくぬくさん自身、ほんとに心の底から「問題だ」と思っていますか?

>一に経済二に経済三四がなくて五に経済。

なぜそう思うのか、そう思うようになったのか、一度ご自身の心の中で問うてみてはどうでしょうか?
答えはたくさん出てくるはずですが、答えの一つは書かれてますね。

>日本の国際社会における地位が落ちているの経済の停滞のせいであるし

では、「国際社会における地位が落ち」るとどんな影響があって、なぜ問題なのでしょうか?
そこに出てきた答えに対して更に何故を繰り返してみる。

ぬくぬくさんが、ブログで社会に訴えたい理由がそこには現れてくるはずです。そのエッセンスもブログに書かれれば迫力も増すんじゃないでしょうか。

もし、なぜなぜを何度繰り返しても、「ブログで有名になりたいから」という理由「だけ」しか出てこないようであれば、おそらく他人の心に響く記事にはならないだろうと思います。
真剣に自分に問うてみてはどうでしょうか?
今のままでは、正直、いいねボタンを押せません。

体調にはお気をつけください。回復するまでおやすみするのもいいと思います。
Unknownさんへ (ぬくぬく)
2021-06-20 11:17:42
コメントありがとうございます。

>某別の有名ブログさんで2,3回、「匿名」で応援メッセージを書いた者です。
>ぬくぬくさんには続けて頑張ってほしいと思います。

ありがとうございます。はじめは批判も受け流せていたのですが、どうにも堪えてしまい、耐えられなくなってしまいました。しばらくは宣伝のみになると思います。

>ブログで問題提起をされているテーマは、ぬくぬくさん自身、ほんとに心の底から「問題だ」と思っていますか?
>なぜそう思うのか、そう思うようになったのか、一度ご自身の心の中で問うてみてはどうでしょうか?
答えはたくさん出てくるはずですが、答えの一つは書かれてますね。
>では、「国際社会における地位が落ち」るとどんな影響があって、なぜ問題なのでしょうか?
そこに出てきた答えに対して更に何故を繰り返してみる。
>ぬくぬくさんが、ブログで社会に訴えたい理由がそこには現れてくるはずです。そのエッセンスもブログに書かれれば迫力も増すんじゃないでしょうか。
>もし、なぜなぜを何度繰り返しても、「ブログで有名になりたいから」という理由「だけ」しか出てこないようであれば、おそらく他人の心に響く記事にはならないだろうと思います。
>真剣に自分に問うてみてはどうでしょうか?

人気ブログと私のブログの違いはそれかもしれません。私は頭に浮かんだことをそのまま書いてしまう悪癖がありますからね。なぜを繰り返して真剣に自分に問うことが一皮剥けるには必要なことかもしれません。

>体調にはお気をつけください。回復するまでおやすみするのもいいと思います。

ありがとうございます。休みを入れながら書いていくことになると思います。
Unknown (Unknown)
2021-06-20 14:45:56
コメントはこれで最後にします。

>私は頭に浮かんだことをそのまま書いてしまう悪癖がありますからね。

ツイッターで誰かもわからない人が、思いつきの独り言をつぶやくのを見かけると思いますが、それと同じです。
そういうツイートをぬくぬくさんが読んで、面白さを感じますか?

>なぜを繰り返して真剣に自分に問うことが一皮剥けるには必要なことかもしれません。

ぬくぬくさんが人間として一皮剥けるかもしれませんが、それ以前に記事を書く上での要件だと思います。
ぬくんくさん「が」その問題を記事にする意味がそこにあるからです。それがなければ記事にする意味がないということです。記事を書かないという結論もあるでしょう。
少なくとも次の記事はそれをやってから書かれることを期待します。
ちゃんとやれば膨大なメモが出来上がると思いますよ。

最後に。
「人に言われたから聞けない」「人に言われたくないから聞けない」は、「そんなこともわからないのか」と言われて傷つくからだと思います。

これもよく問うてみれば「傷ついたと思っている自分」がいるだけで、実は何も傷ついたものが何もないことに気づくはずです。人に何かを言われただけで、健常な人間が死ぬことはありません。

「あんたの言ったことの意味がわからないから聞いてるんだ。何が悪い」でいいんですよ。
親切な指摘に対して、わからないのに聞かないのは不誠実ですらあります。
中傷はスルーでいいと思います。

サンドバック状態でも冷静にコメントを読めるんだったら、今苦労してませんわね。(笑)
冷静になったら読み返されるといいと思います。

ご健闘を。
当分コメントは控えます。
Unknownさんへ (ぬくぬく)
2021-06-20 19:11:32
コメントありがとうございます。

>ぬくぬくさんが人間として一皮剥けるかもしれませんが、それ以前に記事を書く上での要件だと思います。
>ぬくんくさん「が」その問題を記事にする意味がそこにあるからです。それがなければ記事にする意味がないということです。記事を書かないという結論もあるでしょう。
>少なくとも次の記事はそれをやってから書かれることを期待します。
>ちゃんとやれば膨大なメモが出来上がると思いますよ。

知的格闘しなきゃ「面白い」文章はできませんよね。ラクな方へラクな方へ行ってしまわぬよう何度も繰り返し自戒する必要があります。

>サンドバック状態でも冷静にコメントを読めるんだったら、今苦労してませんわね。(笑)
>冷静になったら読み返されるといいと思います。

はい。私が自民党に批判的だからか、私のコメントがどこか勘に触るのか、他の理由があるのか、コメント欄ではザンドバック状態で、中傷コメントと私のためを思っての厳しい意見なのかがわからなくなってしました。

>当分コメントは控えます。

無理にとは言いませんが、コメントは歓迎しますよ。中傷コメントは願い下げですが。

コメントを投稿

経済」カテゴリの最新記事