面白く、そして下らない

今の停滞した日本には何が必要なのか。政治・経済を中心に語ります。
ツイッターは凍結されたので、新しいのに変えました。

農業は國の根幹である

2021-06-04 21:51:19 | 政治
食べないで生きていける人間はいない。だからこそ國の政策として農業(第一次産業)を保護しなければならない。もし世界的に飢餓が起これば世界各国は輸出を制限し自国民を優遇するだろう。

それは国家としては当然の施策だ。しかしそうなれば食料自給率(カロリーベース)が38%程度と低い日本は餓えることになる。だから日本も農業を保護して食料自給率(カロリーベース)を上げなくてはならない。それが食料安全保障だ。



そのためには農業、農家に補助金を出して保護しなければならない。日本の農家は甘やかされているなどという俗説があるが、とんでもない。日本は世界一農家に冷たい國なのだ。

米国や欧州など先進国は農業、農家に補助金をたっぷり支給して保護している。食料安全保障のためだし、地方を守るためでもあるし、農業、農家を守るためでもあるし、票のためというのもあるだろう。

~~引用ここから~~
https://seikatsuclub.coop/news/detail.html?NTC=1000000384

(略)

EUと米国は農業所得を公的助成

――諸外国が採用している関税以外の農業保護策についてはどうですか。

2006年の時点では農業所得に対して公的助成が占める割合はスイスが「95%」、フランスが「90%」、イギリスが「95%」でした。それが2013年にスイスは「100%」、フランスは「95%」、イギリスは若干下がって「91%」になっています。それぞれ農業所得の9割以上が税金で賄われているのです。

イギリスやフランスの主食は小麦ですが、両国の小麦農家の平均経営面積は200ヘクタールで収穫量も多くなります。そうなると小麦の小売価格は安くなりますが、それでは農家は肥料や農薬代を十分に賄えません。そこで政府が補助金を支出し、農家は肥料や農薬の代金を払っても所得が手元に残る仕組みを機能させています。ヨーロッパの小麦農家は政府が投入した補助金でコストの持ち出し部分を補てんし、所得をきちんと得ながら国際競争力を高めているのです。

対して、日本では野菜や果物の農家の所得に助成金が占める割合は、せいぜい「10%」くらいでしょう。フランスでは野菜や果物の農家所得の4割、5割が補助金です。しかし、2006年の時点で日本の農家所得に占める補助金の割合は平均「15.6%」でした。民主党政権が導入した「戸別所得補償制度」が入る前の話です。

その後、米価は下がり、相対的に日本の農家所得も減り、若干補助金の割合は増えました。しかし、2016年の時点でも「30%」そこそこ。ヨーロッパは90%以上ですし、米国は「40%」ですから、日本の農家所得に占める助成金の割合は先進国で断トツに低く、その構造は現在も変わっていないわけです。

米国は「40%」と申し上げましたが、かの国の仕組みは、市場価格の状況によって変わります。たとえば米国の農家が1俵(60キロ)4000円でコメを販売しているとして、生産に12000円のコストが必要としましょう。米国では、その生産コストを政府が自ら計算し、販売価格の差額の8000円を政府が補助金で全額負担しています。だから、米国の農家は政府が提示する生産コストを目安に、安心して作付け計画が立てられるのです。

ただし、最近はコメ、小麦、トウモロコシ、大豆の国際価格が高値安定で推移しています。実際の販売価格が高ければ生産コストとの差額は小さくなりますから、政府が農家に支払う補助金は少なくなります。それでも米国の仕組みはすごいのです。生産コストと販売価格の差額を全額政府が穴埋めし、多い年には輸出向けの小麦、トウモロコシ、大豆の3品目の差額補填だけで1兆円規模の国家予算を投入した年まであるくらいです。

しかし、日本は米国の様な仕組みを持とうというそぶりさえ見せず、国会では議論すらしていません。日本の政治家には、欧米のような農業保護のための補助金制度ができたら「困る」という人が多いようです。自国農業保護のために本質的に必要な補助金制度については常にあやふやにしておいて、いざ生産者が窮したら自分が出て行って、「緊急対策費をとってやったぞ」と訴えて票につなげたいということでしょうか。この繰り返しですから、日本の農家が日常的に安心して作物づくりに励めるはずがないのです。

「聖域」の確保は当然。だが日本は――

――欧州連合(EU)と米国の動きはわかりましたが、環太平洋連携協定の参加国であるオーストラリアやカナダはどうなのでしょうか。

カナダは穀物生産については助成措置を一切講じていません。ただし、自国の酪農と畜産を徹底的に保護し、とにかく酪農にはだれにも指一本触れさせないという姿勢を貫いています。まさに聖域であり、EUも米国も酪農は聖域です。彼らは守るべきもの、攻めるべきものを使い分けながら主張を巧妙に使い分けて実利を得ようとします。だから、かの国々は日本のようにチーズの関税の全面撤廃などという愚かな選択はしないのです。

オーストラリアとニュージーランドは酪農大国ですから、この分野では貿易相手国に徹底した自由競争を求め、関税を盾に使いません。しかし、両国は「隠れた輸出補助金」という農業保護を続けています。彼らは乳製品や小麦を日本には高く売り、中国に安く売っているのです。これは中国に自国産品を安く売るための補助金を日本の消費者が負担している「消費者負担型輸出補助金」と同じことで、紛れもなく世界自由貿易機関(WTO)の取り決めに反する問題です。

その点については日本政府の要請を受け、私も英文のペーパーを作成し、スイスのジュネーブにあるWTO本部に提出しました。しかし、オーストラリア政府は、この「価格差別」を小麦に適用していたAWB(独占的な輸出機関)が「すでに民営化されたため、政府の手元にデータが残っていない」として、かの国の農産物輸出における「価格差別」を輸出補助金としてカウントするのを阻止する姿勢を示し、いまも同様の措置を取り続けています。いわば「灰色」のままの放置状態に置かれたままなのです。

また、米国の差額補填の仕組みについても輸出補助金にあたるからやめるようにWTOの裁定が下りましたが、かの国も言うことを聞こうとしません。かたや日本の輸出補助金はゼロです。実はWTO合意をまっすぐに受け止め、深刻に解釈し過ぎ、過剰なまでに農業保護予算の削減を徹底してきた日本は哀れな「世界一の優等生」です。欧米各国は、国にとって必要な制度は死守しています。

ちなみにカナダ、EU、米国の乳製品への関税は数百パーセントです。子どもの命に関わる一番の食材である牛乳・乳製品の供給を「外国に依存することなどまかりならん」というのが彼らの考えで、それは「電気やガスの供給と同じように公共事業の一翼を担う分野だ」と言い切ります。

おまけにカナダでは「酪農家の再生産に必要な生産コストに見合う価格」を政府が決めています。その価格に基づき、独占禁止法適応除外の強力な生産者組織である「指定団体」が、メーカーへの納品価格を通告できる仕組みが機能しているのです。だから、原乳が過剰生産になったときには、政府が最低限の価格を守るために無制限に乳製品を買い上げます。それはEUも米国も同じで、同様の仕組みをやめてしまったのは日本だけです。

どうですか。これでも「日本の農業は世界一過保護」と言えますか。前回は「日本の関税率は高い」という主張の “ごまかし” についてお話しました。そんな言葉を巧妙に操り、日本の第一次産業を衰退に追いやり、食料安全保障を求める私たちの権利をないがしろにする政官財の動きを今後も注視し、安直かつ性急な自由貿易の推進に「NO!」を言い続ける必要があるとは思いませんか。

(略)
~~引用ここまで~~


農家の収入の9割が補助金とはもはや欧州の農家は「国家公務員」といって良いだろう。米国、カナダ、豪州もそれぞれのやり方で保護を図っている。農業はそれほどまでに手厚く守る必要がある産業なのだ。農業を冷遇しているのは先進国では日本だけだ。

農業は地方の重要な産業だ。農業が衰退すれば都会に出ていくしかなくなる。そうなれば山間部や離島は荒れ放題になる。それは国家、国民に取って望ましいことではない。

日本のような「災害多発國」は尚更だ。東京一極集中はある意味では効率が良い。集中させれば少ない費用で何でも揃う。しかし関東大震災がもう一度来れば日本は崩壊しかねない。

元々日本は大きな國ではないのだ。東京一極集中はせず、北海道から沖縄まである程度分散して暮らすのが望ましい。そして非常事態になれば「国民」として助け合うのだ。

都会と地方を結ぶ道路や鉄道、空路を整えて日本という國の一体性を保つ。

小中高の修学旅行で東日本の子供は西日本へ。西日本の子供は東日本に。都会の子供は地方に。地方の子供は都会にという形にすれば一体感を熟成できるのではないか。高校生くらいで海外を見て回ることも良い経験だと思うが。

今からでも農業、農家に補助金をたっぷり支給して保護するべきだ。現在の農業は高齢者が細々とやっているが、彼らが死んだらその子供は跡を継がないだろう。兼業農家としてやるにしてもあまりに収入が少なすぎるからだ。専業農家としてはいうまでもない。

農業への補助金だけではなく地方交付税交付金も拡充させたい。そのためにはやはり緊縮財政を積極財政に転換して国債を発行する必要があるが。

(参考サイト)

農業と林業は後10年で消滅する : 世界のニュース トトメス5世

政府は自動車を輸出する代わりに農作物や木材を輸入し、これが農業壊滅の原因を作った。農業で年収100万円以上は難しい日本では農業と林業がもう1...

世界のニュース トトメス5世

 


農業を衰退させた国は、全ての産業が衰退した事実 : 世界のニュース トトメス5世

農業を衰退させた国では、全ての産業が衰退している農業が稼げない職業になった最近100年でもっとも発展したのはコンピュータなど電子産業や仮想産...

世界のニュース トトメス5世

 

コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 軍事費をGDP比率1%以上にする... | トップ | 日本が変わり始める兆しなのか »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (七味)
2021-06-05 19:43:23
ぬくぬくさん

記事を読ませていただいたのです♪

農業は大切だから補助金をたくさんつけて保護しなきゃいけない!!

って言いたいのかなって思うのです♪

言いたいことはわからないでもないけど、いまひとつ記事の内容に対して「なるほど♪賛成だ~っ!!」って納得感はなく、なんかモヤモヤするのです♪

こんな風に思うのは、なんとなくだけど「補助金を増やして農業をどうしたいのか?」ってのが見えないからだと思うのです♪

はじめに自給率の話から食料安全保障について触れているので、ぬくぬくさんとしては、
「自給率を上げる(若しくは維持する)」
ことが目的じゃないのかな?って思うんだけど、そのためには、農業人口を増やすとか、農業従事者ひとりあたりの生産量を増やす(又は、必要な食料の総量を減らす)必要があると思うのです♪

補助金って解決策を採っているのは、多分、前者の農業人口を増やすための方策としてだとは思うのです♪、なんとなくだけど、補助金を増やす→農業従事者の収入増→農業が魅力的な産業になる→新規参入者が増える、みたいな発想の流れなのかな?って思うのです♪

こういったことを脳内補完しながら読んでても、補助金増やせば自給率が高まるって考えが、論理的に繋がっていくようには思えなくて、ただ、「余所の国が9割補助しているから日本も9割補助すべし」みたいなところだけが、長々と、それも引用の形で述べられているのです♪

そう言った訳で、読んだ最初の感想は「疲れた」ってのが正直なところだったのです♪

あたしは「自給率を増やすにはどうしたら良いのか?」という設問を念頭に読んじゃったんだけど、
「農業に出す補助金はどの程度が適切なのか?」みたいな問いの置き方だったら、もう少し違った感想になったかもなのです♪

文句ばかりでごめんなさいでした m(__)m
七味さんへ (ぬくぬく)
2021-06-05 22:10:50
コメントありがとうございます。

「農業は大切だから補助金を出して保護しよう」ということを主張したかったのですが、確かに私の論旨が弱いです。また引用に頼り過ぎています。
新宿会計士さんのサイトで七味さんが書かれていたように、書き終わった直後は「完璧」、とまでは言いませんが「良いものが書けた」と自己満足してしまうのですが、改めて指摘されるとなぜ書いているときには気づけなかったのかと考えてしまいます。何度繰り返しても書き終わった直後は「良いものが書けた」と思うのですが。

農業は地方の重要な産業ですし、山間部や離島で農業、林業、漁業に従事するものがいなくなれば荒れ放題になり、それは国家国民にとって良いことではありません。
何より食べないで生きている人間はいないのですから食料自給率を上げる必要があります。そのためには農業が食べていける産業になる必要がありますので、そのために欧米に倣い補助金を支給して保護するべきだと考えました。

>補助金って解決策を採っているのは、多分、前者の農業人口を増やすための方策としてだとは思うのです♪、なんとなくだけど、補助金を増やす→農業従事者の収入増→農業が魅力的な産業になる→新規参入者が増える、みたいな発想の流れなのかな?って思うのです♪
>こういったことを脳内補完しながら読んでても、補助金増やせば自給率が高まるって考えが、論理的に繋がっていくようには思えなくて、ただ、「余所の国が9割補助しているから日本も9割補助すべし」みたいなところだけが、長々と、それも引用の形で述べられているのです♪
>そう言った訳で、読んだ最初の感想は「疲れた」ってのが正直なところだったのです♪

大体そのような考えです。しかし七味さんに脳内補完させてしまったのは申し訳ないです。文章でそれが伝わるように書くべきでした。引用が長すぎたことも反省材料ですね。つい長々と引用してしまいました。
農業で収入が保証されていれば農業人口は維持できるはずですからね。だから欧米のように補助金を支給して保護するべきだと書いたつもりだったのですが、文章としては伝わっていませんでした。

鋭く的を射た指摘を頂くのですが、なかなか文章に反映できなくて歯痒い限りです。なかなか上達しませんが、これからもよろしくお願いします。

コメントを投稿

政治」カテゴリの最新記事