面白く、そして下らない

今の停滞した日本には何が必要なのか。政治・経済を中心に語ります。
ツイッターは凍結されたので、新しいのに変えました。

疲れているなら安倍晋三は総辞職すべきだ

2020-08-14 23:42:14 | 政治・経済
安倍晋三が吐血した、との報道はデマだろう。しかし安倍晋三が疲れているのは間違いない。安倍晋三は自民党総裁選のある来年9月まではやりたいのだろうが、もう総辞職すべきだ。新型コロナウイルスへの対応は良くないし、経済が縮小しているのに予算を積み上げない。疲労でできないなら総辞職すべきだ。憲政史上最長の内閣総理大臣になったのだから思い残すこともないだろう。憲法改正を本気でやりたいとも思えない。

~~引用ここから(適宜改行)~~

安倍首相の夏休み、中ぶらりん コロナ禍で定まらず:時事ドットコム

お盆シーズンが本格化する中、安倍晋三首相の夏休みが中ぶらりんの状態になっている。地元の山口県入りを検討していたが、新型コロナウイルスの感染再...

時事ドットコム

 


 お盆シーズンが本格化する中、安倍晋三首相の夏休みが中ぶらりんの状態になっている。地元の山口県入りを検討していたが、新型コロナウイルスの感染再拡大を受け、東京都の小池百合子知事が旅行や帰省の自粛を都民に呼び掛けたことで立ち消えになった。こうした状況で東京を離れれば批判を招きかねないとの懸念もあるようだ。

 首相は12日、午前中は東京・富ケ谷の私邸で過ごし、午後1時すぎに首相官邸に出勤した。夏休みの日程が固まらないため、やむなく「午前休」(官邸関係者)でつかの間の休息を取った形だ。

 首相は例年この時期に地元で墓参りし、13日に開かれる花火大会に参加するのが習わしだ。政府は帰省自粛を求める立場ではないため、首相は今年も同様の日程を描いていた。だが、首相周辺によると、小池氏が真逆の立場を打ち出したことから、取りやめざるを得なくなったという。

 首相が今年の夏休みのスケジュールをキャンセルしたのはこれで2回目。7月に4連休を利用して山梨県の別荘訪問を計画した際も、小池氏が不要不急の都外への移動自粛を要請したため、諦めるしかなかった。首相周辺は「毎回、小池氏に邪魔されている」と悔しがる。

 「批判の集中砲火で疲れている」。首相の近況を周辺はこう明かし、15日の終戦記念日後は例年通り別荘に滞在して、英気を養えないかと気をもんでいる。ただ、「優雅な静養は国民から反発を浴びる」(自民党ベテラン)との声もあり、二の足を踏んでいるのが実情だ。
~>引用ここまで~~


~~引用ここから(適宜改行)~~

内閣支持32%、過去最低目前 コロナ対応「評価せず」6割―時事世論調査:時事ドットコム

時事通信が行った8月の世論調査で、安倍内閣の支持率は前月比2.4ポイント減の32.7%、不支持率は同2ポイント増の48.2%だった。第2次政...

時事ドットコム

 


 時事通信が行った8月の世論調査で、安倍内閣の支持率は前月比2.4ポイント減の32.7%、不支持率は同2ポイント増の48.2%だった。第2次政権発足以降、支持は2017年7月の29.9%に次いで2番目に低く、不支持も同月の48.6%に次ぐ高さとなった。新型コロナウイルス感染拡大への政府対応を「評価しない」と答えた人は59.6%で、「評価する」の19.4%を大きく上回った。

 感染が全国で再拡大する中、政府が観光支援事業「Go To トラベル」キャンペーンを7月下旬に始めたことについて、「早過ぎる」が82.8%を占めた。「適切だ」は9.0%、「遅過ぎる」は4.0%だった。政府が緊急事態宣言を再発令することに対しては、「出すべきだ」54.5%、「出すべきでない」23.5%となった。

 内閣を支持する理由(複数回答)は「他に適当な人がいない」が最多の17.8%で、「首相を信頼する」7.1%、「リーダーシップがある」5.4%と続いた。支持しない理由(同)は「期待が持てない」25.9%、「首相を信頼できない」25.7%、「政策が駄目」18.7%が目立った。

 政党支持率は、自民党が24.2%、立憲民主党が3.5%。以下、公明党3.3%、共産党1.6%、日本維新の会1.5%、国民民主党0.6%、れいわ新選組0.6%、社民党0.5%、NHKから国民を守る党0%で、「支持政党なし」は61.6%だった。

 調査は7~10日、新型コロナの影響で沖縄県を除く全国の18歳以上の男女1977人を対象に面接方式で実施。有効回収率は63.7%。過去との比較は、郵送方式で行った5、6月分を除いた。
~~引用ここまで~~


新型コロナウイルスへの対応で支持率が下がったようだが、そもそも安倍晋三は支持するものがない。外交、経済、安全保障ひとつも評価するものがない。敵基地攻撃能力を保有に踏み切れば安倍晋三唯一のレガシーになるが。

新型コロナウイルスに経済活動の抑制を強いられる以前から経済は良くなかった。景気の山は平成30年10月と内閣府は発表したが、それさえも怪しいと考えている。

消費税を8%に増税する前までは確かに薄日が差していた。それは間違いない。しかし消費税を8%に増税し、歳出も減らす緊縮財政を採ったことにより経済は停滞した。実感なき景気拡大だった。これだけで安倍晋三見限るには十分過ぎる。

外交でも米国には土下座。支那には朝貢。ロシアには北方領土献上。韓国には慰安婦に対する強制連行を認めて謝罪と賠償。北朝鮮は拉致問題は進展なしで日朝平壌宣言を破棄しない。何を評価しろというのだろうか。

民主党政権への反動とマスコミ・世論対策の上手さ、派閥配慮の年功序列人事で憲政史上最長の内閣を達成したに過ぎない。何も評価するものがないのだ。

一刻も早く総辞職することだ。安倍晋三ができる日本への貢献はそれしかない。

コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 政府、政治家は国際社会にも... | トップ | 政治も外交もまるで理解して... »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
賛成 (長さん)
2020-08-15 08:49:16
賛成に1票。
長さんへ (ぬくぬく)
2020-08-15 23:44:02
はじめまして、長さん。コメントありがとうございます。

安倍晋三は日本に何の利益ももたらしませんでした。疫病神の売国奴です。一刻も早い総辞職を望みます。

コメントを投稿

政治・経済」カテゴリの最新記事