ゆっくり あわてずに 田舎暮らし♪

生活の中で感じたことや笑える出来事
趣味・花作り等での独り言

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

暑さに負けるな !!

2016-07-12 15:07:49 | 小鳥の成長

 

 

 

      

太陽が昇ると同時に ツバメの行動開始

その数 10数羽

余りにも警告を知らせる親鳥の声がするので外にでました

ま~  どうでしょう

ツバメの子供達が数多く 巣の周辺を飛び回っています

二羽の親鳥ではどうしょうもなく 巣の近くにとまり

警告声を発しているだけです

 

余りにも近くに来る鳥に関しては ブッツー

 

                と 聞いたことのないような音を出して追っ払っています

               先に巣立った兄弟が友達を連れてお披露目にきたのでしょう 

 

 俺は一番強そうな奴が好きなんだ!

私は一番小さい子を守ってあげるのよ

私は声の可愛い子 ほら巣から顔を上げない子が好きだよ

俺たちの兄弟は全~部可愛いだろ !

な~んて言って友達に紹介しているのでしょう

友達も子ツバメを代わる代わる覗き込んでいます

 

2~3分で紹介終了

もう 親鳥と身のこなしは同じです スピードを上げて大空へ

鳥の世界も同じですね 自慢していたのはきっと長男でしょう

身体が大きく

私にも 自慢話が理解できました  

 

巣の中には4羽いるようです 狭いし暑いし ぐったりですよ

 ガンバレ―

 

            

 

 

 

 

夏は白が一番  こんな色の服が似合う人は羨ましい

ピンクも上品 スモークベージュは女性の憧れ

 

 

 

夏庭です 暑さに負けんなよ

 

 

 

 

 

コメント (2)

つばめのヒナがかえったようです

2016-07-03 15:20:23 | 小鳥の成長

   

 

          つばめのヒナがかえったようです

 

 

                   

                  

 

                  ここ数日前から一番に巣立ったヒナ鳥が 5兄弟でうるさいほど

                  ヂィッツ ヂィッツ チチヂィッツ鳴きながら飛びまわっていたのです

                  これは 間もなく次のヒナがかえるだろうと思っていました

                  7月2日夕方 巣の下に広げた紙の上にヒナがかえった証拠を

                  残しています     おめでとう

                      よかった  兄弟たちには解っていたのですね

                  ツバメの兄弟の嬉しい気持ちが届きましたよ

                  今回は 何羽のヒナが顔を見せてくれるのかな

                  無事 巣立つよう願うばかりです

 

                   そしてカレンダーを確認  友引の日でした !!!

                   良き日に誕生        

 

                       

 

 

 

 

 

 

コメント (2)

早くも2度目の子育て開始 ?

2016-06-12 10:15:38 | 小鳥の成長

 

 

 

今日はツバメが卵を産む前の鳴き声が聞こえます

チッ チッ チッ チッ チッ

チッチッチッチッチッチッチッツ

 

母鳥は新たな巣の周りを観察しながら

しきりに鳴いています

 

雄鳥は巣に近い車の上で見張りをしているようです

雄鳥は白い蝶の印を付けた羽が目印です

人間が近くを通ってもビクともしません

 

今年は雛の巣立ち後 次の用意が早すぎるような気が

5月28日にカメラを気にしない様子だったので

つばめのブログデビューを試みて

6月1日に巣立ち 

そして

まだ小鳥たちには電線に留まり親が 口から餌を渡している状況です

なのにちっと早いヮ

 

ツバメが環境を察知して子育てしていると思われますが

厳しい気候変動がありませんように

 

 

 

なにわともあれ元気に巣立った小鳥たち 親鳥におめでとう  

 

 

 

夏に向かって蒸せる様な緑の中に

 

清々しい白ナデシコ 爽やかです

モチッとした花弁の触感は各別

そして 

 

  

 

これまた色としては真反対

深紅の赤が人目をひきます

山アジサイとシャドウダンサー の二番咲き薔薇です

自然の流れが我を忘れさせる瞬間です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント (2)