風の気まぐれ

風の旅人が綴る平凡かつ気ままな日常

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

大雪

2012年01月24日 12時53分48秒 | Diary
東京都心では6年ぶりの大雪だそうだ

たかだか数分歩くだけで恐怖を感じる

東京の雪に対する脆弱性はこんなもの
コメント (2)

初場所千秋楽

2012年01月22日 17時52分49秒 | Sports
今場所、千秋楽にして、ようやく中入りから中継をみた。

13日目で白鵬以外の力士が賜杯を抱くことになるとは
場所前誰が予想しただろうか。


しばらく注目していないと、名前も知らない力士がかなり増えていた。



鶴竜は連続二桁。
あたしが、次の大関は鶴竜と言いだしてから、
かなりたつけど、次こそは、だと思う。

舞の海の話だと、鶴竜と「とちのわか」が今年、
次の大関を争うことになるらしい。

とちのわかと聞くと、「栃乃和歌」(現春日野親方)を連想するが、
「栃乃若」のこと。

在日3世の力士。
あたしが今日見た印象では、鶴竜と並べるのはまだ時期尚早。


7勝7敗の大関が大関に勝って、千秋楽に勝ち越しを決めるのは毎度のこと。
琴奨菊の今日の相撲は良かったけど、
先輩大関の意地がみたいところ。


千秋楽、白鵬以来の大関での全勝優勝を賭けた把瑠都。

白鵬の綱の意地に夢は散ったが見事な優勝。
今の大関陣で綱に届きそうなのは、把瑠都だけ。

賜杯の重さは、来場所へ続いていく。

インタビューでの涙にこの大関の人柄がはっきりと見えた。
コメント (2)

日曜の真っ昼間

2012年01月22日 14時31分38秒 | Diary
なるべく柔軟に(斜に)構えて
傷つかないようにしながら
あたしは精神的にタフだと公言しておく

あたしの心がタフな訳ではなく
ただ予防線を張ってるだけ

たまには、正面から受け止めようとするけれど
安心したり油断してたりして
繊細なそれは簡単に傷つくの

何かに八つ当たりできたらそれはそれで良いのだけど
そんな何かは簡単には見つからない


だから、真っ昼間から温泉に浸かって
食事処でキンキンに冷えた生ビールを飲み干すの

ある曲の歌詞をそっと呟きながら


―無数の中のひとつの話なのにね
コメント

豚めし

2012年01月09日 18時52分33秒 | Diary
松屋の豚めしが、牛めしの値下げに伴い、
販売を基本的に今日で取りやめになる

そんなわけで、食べ納め

豚めしとサラダセット


牛丼の値下げ競争の時は余計なお世話だけど
ここまで安値でいいのかと気にしていた

庶民には安価でありがたいのだけど、適切な価格で提供いただきたいもの
コメント (2)

そごう閉店

2012年01月08日 12時39分28秒 | Diary
八王子そごうが今月末で閉店する

今や八王子には丸井も西武もFAMも伊勢丹もないのに、
八王子はそごうを失う

あたしはデパートで買い物するような身分ではないので
あたし自身が八王子そごうで何かを買った記憶はないのだけど
この物寂しさはそれがある種の象徴的存在だったからだろう

幼心に誇りのようなものを感じていた記憶がある


たぶん、こんなふうにして、あたしの故郷は知らない街へとわかっていく
―あたしの意思とは何ら関係ないままに
コメント (2)

MIDTOWN CHRISTMAS 2011

2012年01月05日 09時32分24秒 | Travel
東京ミッドタウンでイルミネーションが始まって以来、
毎年来ているのだけど、今年は、一番混む日にやってきた。

MIDTOWN CHRISTMAS 2011。

去年はこちら、一昨年はこちら

今年も乃木坂駅から、ミッドタウンを目指して。





























































SONYα55+DT16-50F2.8SSM。
一部写真は一脚使用。

クリスマスイブだったので、カップルや家族連れで混むわ混むわの大行列。
早めの時間に到着していたけど、入場制限に初めて出くわした。

帰り道、六本木駅方面の地下道で大行列ができていた。
あたしは、彼らの行く先を案じながらすれ違った。
コメント (2)

迎春

2012年01月01日 11時02分47秒 | Diary
あけましておめでとうございます。

今年も気まぐれで更新してまいります。


皆様にとって良い一年となりますように。
コメント (3)