風の気まぐれ

風の旅人が綴る平凡かつ気ままな日常

iPod touch

2011年01月30日 18時41分26秒 | Diary
ちょっと前にiPod touch(第4世代)を購入。

最近、カメラ関係の支出が多く、ヨドバシのポイントがたまっていたこと、
iPod nanoの調子がたまに悪いので補完目的を兼ねることができること、
そして、秋の京都編の写真を持ち歩くためのツールとして、これに勝るものが見つからなかったということ。

液晶の画質はもちろん素晴らしいし、
Exifの日付でソートされたりと結構便利。

あたしがデジカメ(コンデジ)デビューしたのは、
2003年9月、二度目の北海道に行った時だ。
Canon PowerShot A70。

その後、何台もデジカメを使ってきて、
旅行関係で手元に残している写真は約38000枚。


全部を持ち歩いても仕方ないので、写真の整理をしていた。

iPod touchに入れてもいい写真を選抜したり、トリミングしたり、縮小したり。

そんなこんだで、現時点で、約13500枚の写真と、音楽のバックアップと、
無料のアプリをいくつか入れてあたしのiPod touchは完成。


アプリが暇つぶしにも便利で、手放せなくなっている。
コメント

払沢の滝(11冬)

2011年01月29日 17時55分57秒 | Travel
東京都檜原村の最大の観光地、払沢の滝。
都内唯一の日本の滝百選。

冬場を中心に過去何度も訪れている。

ここで紹介している冬場のものだけで、06年07年09年など。

2006年は完全に凍結した。
今年は結構寒いのだけど、それには及ばないようで。










SONYα55+SIGMA 8-16mm F4.5-5.6。


この日、村内の滝を幾つか巡ったけど、ここの人出の多さは別格。

数日前には、6割方凍結していたようで、ちょっと残念な結果だった。
コメント (2)

大滝(11冬)

2011年01月26日 22時30分54秒 | Travel
前の晩、ここら辺ではうっすらと雪が積もっていた。

久しぶりに訪れた東京都檜原村の大滝。





だれも通っていない道の先に。





SONYα55+Distagon T* 24mm F2 ZA。

駐車場からのアクセスも良く、もう少し有名になってもいい滝だと思う。

ちなみに、この日大岳鍾乳洞は営業していなかった。
(年中無休なはずなので、あたしが気付かなかっただけかもしれないが。)
残念、ここの写真は持っておらず、大きな目的の一つだったのに。
コメント

東福寺方丈庭園

2011年01月23日 19時24分44秒 | Travel
秋の京都編。

東福寺通天橋のあとは、方丈庭園へ。

通天橋も方丈庭園も400円。



















SONYα55+Distagon T* 24mm F2 ZA。

方丈庭園は通天橋の混雑が嘘のような閑散ぶりだった。

*フォト蔵にも、1600x1063のサイズで公開しました。
コメント

東福寺通天橋

2011年01月19日 21時46分18秒 | Travel
秋の京都編。

ようやく今回から二日目。

初日紹介したのは、速報分を除いて時系列順に
南禅寺永観堂哲学の道・安楽寺法然院
銀閣寺曼殊院門跡下鴨神社清水寺清水寺(ライトアップ)

朝一で目指したのは、ここまた京都を代表する名所、東福寺。









まだ早い時間なので、臥雲橋から通天橋をみて。



























通天橋は8時30分から。

SONYα55+Distagon T* 24mm F2 ZA。
続く。
コメント

ガンダムカフェ

2011年01月16日 20時53分58秒 | Diary
ハロいちごラテ
380円
冬季限定。

@ガンダムカフェ、秋葉原

思っていたよりは「普通」の喫茶店だった。
コメント

清水寺(ライトアップ)

2011年01月15日 18時55分41秒 | Travel
秋の京都編。

清水寺で日が暮れるのを行列の中で待って。
























SONYα55+Distagon T* 24mm F2 ZA。

いずれも手持ち撮影。

こういう景色が手持ちで撮れる時代なのね。

体力が余っていれば、高台寺まで歩こうかと計画していたけど、
清水寺の夜間拝観時間まで行列の中立ちぼうけしているときに
足が棒になり、その気力は失われた。

この後は、ホテルを目指した。

*フォト蔵にも、1600x1063のサイズで公開しました。
コメント

塔のへつり

2011年01月12日 22時06分09秒 | Travel
福島県南会津郡国の天然記念物。

へつりとは、川に迫った険しい断崖を意味する方言。
漢字で書けば、「岪」。(一部環境では表示されないかもしれません)
漢字表記されている看板もあった。


会津鉄道「塔のへつり」駅からも徒歩圏内。
ちなみに、6時に東京駅を発つと、電車を乗り継いで、
10:14に駅に着く。3850円。


駅を過ぎたところにある手前の駐車場ではなく、
奥まで行き、お土産屋さんの駐車場を借りるのが無難。













カメラはα55。レンズは最後の3枚はSIGMA8-16、他はDT16-105。


現在は、途中岩が崩れて奥までいけない。
あたしの手もとにあるここの古い写真は、2004年9月のもの。



その当時の写真でも奥までいけないことがわかる。
ちなみにカメラは、Canon PowerShot A70。
フラッシュで雨が反射していて、公開できる代物でないことは理解の上。


あたしが初めて行った時は、奥まで行けた微かな記憶がある。
当時は写真を撮っていたわけでもなく、確信はないのだけれども。
コメント (2)

清水寺

2011年01月11日 07時14分05秒 | Travel
秋の京都編。

下鴨神社を後にして、京阪鴨東線(おうとうせん)に乗って南下。

清水五条駅で下車、シャトルバスに乗って、清水寺へ。

京都を代表する紅葉の名所だけあって大混雑。





















SONYα55+Distagon T* 24mm F2 ZA。

日が暮れるのを待って。(続く)
コメント (2)

試し撮り

2011年01月10日 00時06分16秒 | Diary
花の季節までSTFを防湿庫に眠らせておくのはもったいない。

この時期あまり見ごろを迎える花はないだけど、
都内某所の越前水仙が見ごろを迎えていたので、STFの試し撮り。









三脚使用。
噂に違わぬとろけるような柔らかいボケ。





こちらは手持ち。
ピント合わせは難しいのだけど、たまたまうまくいった。

不忍池にて。

SONYα55+135mm F2.8 [T4.5] STF。
jpeg撮って出しで加工は縮小のみ。


不忍池は道すがらに数枚撮っただけだけど、水仙は1時間で撮って40枚くらい。

一枚撮るのに、90秒掛かっている計算。
じっくり撮る分にはこれでもいいけど、旅行ついでには厳しそう。

いずれはこのレンズを使っていても恥ずかしくないくらいに
腕を上げたいものなのだけれども。
コメント

STF

2011年01月09日 00時10分07秒 | Diary
STFとは、スムース・トランス・フォーカス(Smooth Trans Focus)の略。

この手のレンズは、STF 135mmF2.8[T4.5]しか存在せず、
旧ミノルタの最高傑作ともいわれるボケを最優先したレンズでαの特権の一つ。

技術的なことは門外漢だけど、
APDフィルター影響でマニュアルフォーカスのみというのが大きな難点。

要は(あまり需要のない)特殊なレンズ。


あたしにはあまり縁がないと思っていたけど、
・α55では、「バリアングルチルト可動式液晶モニター」と
「ピント拡大機能」で三脚があればそれほどMFが苦にならないこと
・ヨドバシカメラが10日まで限定で+3%還元なこと
などの理由から、自分へのお年玉として衝動買い。


135mmという焦点距離に慣れていないことに加え
ボケが必要な状況で、かつ三脚が使えるときに限られるので、
出番はそれほど多くないけど、
これから花の季節になれば機会もありそう。

三脚使用禁止でも、デジタルの時代の恩恵で
10枚中1枚くらいジャスピンになっていればいいので、
それなりに使用機会もあるかもしれない。

デビューは多分、梅の花がほころび始めたころに。
コメント

下鴨神社

2011年01月08日 19時50分19秒 | Travel
秋の京都編。

曼殊院門跡を後にして、いつくかの場所を経て、下鴨神社へ。

糺の森(ただすのもり)と河合神社の写真も一緒に。













河合神社







SONYα55+Distagon T* 24mm F2 ZA。

*フォト蔵にも、1600x1063のサイズで公開しました。
コメント

滑川大滝(10)

2011年01月03日 20時37分02秒 | Travel
山形県米沢には、米沢十湯と呼ばれる秘湯があり、
その中の一つ、滑川温泉一軒宿の「福島屋」。

ここから目指すは、滑川大滝。

前回は、その1その2

今回は、滝壷を目指すため、トレッキングシューズを用意。

前回も行った展望台までは、20分程度。



展望台から少し下ったあたり。

ここから10分程度は急な下り。



沢にでるので、ここから渡渉して、滝壷まではさらに10分程度。



姿を現したのは、モンスター。











SONYα55+SIGMA 8-16mm F4.5-5.6。

渡渉の時は、トレッキングシューズでも濡れてしまうので、
長靴の方がいいかも。

ちなみに、この時のとある滝がここ。

予告でも書いたけど、SIGMA 8-16でこの滝を撮ったのはあたしが最初かもしれない。


*フォト蔵にも、1600x1063のサイズで公開しました
コメント

謹賀新年

2011年01月01日 01時32分32秒 | Diary
あけましておめでとうございます。

年々、時が過ぎるのが早く感じるようになってきていますが、
今年も気まぐれで更新してまいります。

京都の紅葉シリーズもたまっていて、
季節感を無視した記事もふえるかと思いますが、
どうぞよろしくお付き合いくださいませ。


皆様にとって素敵な一年となりますよう。
コメント (5)