風の気まぐれ

風の旅人が綴る平凡かつ気ままな日常

「休日によく行く場所はどこですか?」

2006年11月30日 08時35分28秒 | Theme
毎度おなじみTB練習板

今週のお題
「休日によく行く場所はどこですか?」(11月23日)


あたしの中では、
もう木曜日?てな感じで
何の原稿もできていない状況に
少々唖然としている。


さて、休日によく行く場所。

旅人を自称してるので、
色々行くようにしていますが、
「よく」と聞かれると困ってしまう。


よく行く場所をつくらないように
いろいろな場所に行くようにしている。


日帰り温泉が相対的に多めかもしれないけど、
「よく」とまではいえない。



こんな短い回答でいいのか…
コメント (2)

蹴手繰り

2006年11月29日 13時28分09秒 | Sports
ちょっと前の話。

朝青龍が稀勢の里にみせた
蹴手繰り。

ここでも触れたけど、
あたしは悪くないと思う。
これもこの横綱らしさ。


それに対して、横綱審議委員会は
朝青龍の蹴手繰り「よろしくない」…横綱審議委員会(読売新聞)
と批判。

よろしくなくても
負けるよりはいい。

それくらいしか、
ケチノつけようがないんだろうけど、
立会いの変化で勝つ力士だって、
勝った横綱だっているのに。


こんなことでぐだぐだケチをつけるなら、
横綱審議委員会そのものの品格が
問われるような気がする。
コメント

珈琲占い

2006年11月29日 08時35分51秒 | Diary
これまた茶夢姫さんのところで紹介されていた
『珈琲占い』

『顔文字占い』に引き続き。

占いが続いても難だから、
途中「コーヒー」を引っ張り出してきて
つなぎにした。


結果は、こちら。

あなたの珈琲タイプは?
あなたは、珈琲にたとえると【エスプレッソ】タイプです。

とてもまじめでしっかりした気質のあなた。
現実的な考え方をする傾向があるので、
若いうちから社会を見すえて
行動することになるでしょう。
そのかっちりとした印象を珈琲にたとえると、
ピリッと引き締まった【エスプレッソ】がぴったり。
野心的で「できる人間」になることを目標としますが、
そのための努力は決して惜しまないようです。
あなたのまじめで一途な性格は、
すべてはあなた自身の「目的ある行動」から
発しているものなのでしょう。
自分自身の目的を達成するためなら、
人の情などでは動かされないクールな面があるようです。

ちょっと堅い人間と思われやすいようですが、
自己管理がうまいので、
遊びと仕事のバランスをうまくとって、
自分にたいする投資や贅沢はどんどんするほうです。
自分にとって必要なものを
状況に応じて取り入れていくことがうまいので、
保守的な性格のわりに、
新しいものにも興味を持ちやすいのも特徴。
しっかりもので、クールなあなたですが、
本当は自分の本音や感情の部分を表に出すのは苦手で、
シャイな性格であるともいえそうです。

友達にするなら【湯けむりブレンド】、
【コーヒームース】の人が意気投合しそうです。
恋人にするなら【モカチーノ】の人が相性ばっちりのはず。



お気楽マスターのうんちく
キリリと引き締まった香りの優等生、エスプレッソ。

フランス生まれイタリア育ちの、
蒸気圧を利用して一気に抽出するコーヒー。
強烈な苦味とコクを持つこの珈琲に砂糖だけをたっぷりといれ、
そのアロマを楽しむように飲むのが一般的。
食事の後などに飲むことが多く、
量は通常の半分くらいをデミタスカップで飲むのがイタリア式。
また、 レギュラーカップに半分量入れて飲むのがフランス式です。
エスプレッソの抽出機は、
直接火にかけるストーブトップ型から、
コンプレッサーなどを装備した据え付け型(カウンタートップ型)へと
発展しました。
その結果、何杯でも作ることが出来るようになり、
イタリアにBAR(バール)という形の
珈琲ショップを誕生させる事にもなりました。
そしてイタリアは、
エスプレッソに親しみを持った市民が
ストーブトップを家庭で使いだし、
エスプレッソの国になったと言われています。



占いは、
決して「努力を惜しまない」タイプではないけど、
何となくおおむね当たっているような、
そんな気もする。
占いはそういう風に作られているのだろうけど。


「Q」が発売されたころは、
カプチーノが多かったけど、
最近はもっぱらカフェラテ。

久しぶりに
「カプチーノでも頼んで待とうか?」
(Mr.Children「It's a wonderful world」)
コメント

ハチ公前のイルミネーション

2006年11月28日 19時22分14秒 | Diary
吹き抜ける風が
冬の匂いになるころを見計らって
気の早い街はもうクリスマスモード。


洗脳されているせいか
慣れてしまったのか、
一ヶ月を切ると余り違和感がない。


クリスチャンじゃなくてもいい。

宗教に対する日本人の感覚が
非排他的で柔軟な感覚が
きっと指標になるときもあるのだから―
(前にも似たようなことを書いたけど…)

コメント

六義園

2006年11月28日 08時37分41秒 | Travel
秋を探しにメトロに乗ったこの日
あたしは南北線に乗っていた。

割合最近できた路線。
赤羽岩淵と目黒を結ぶが、
埼玉高速鉄道と東急目黒線に相互乗り入れしている。

寝過ごさないように気をつけて
目指したのは、駒込駅。


最初の目的地「六義園」の最寄り駅。

普段は降りてから正門まで
5分くらい歩くのだけど、
紅葉の季節だからか、
地下鉄のすぐそばの入口(染井門)から
入ることができた。

この時期は夜間ライトアップもあるようだ。

「六義園」は「りくぎえん」と読む。
大名庭園の代表で、特別名勝。
紅葉でも名高いけど
春の桜(しだれ桜)は殊に有名。


入園料は300円。

時計周りで散策することにする。

風は冷たいけど、まだ紅葉の見ごろには早いようだ。


人出は多い。
一部の紅葉に多くのレンズが向けられる。

今日はカメラ小僧としてきたわけじゃないので、
あたしは素通り。

一眼レフが向けられた被写体に
あたしが一人小型デジカメを向けるのにも
違和感がある。


藤代峠に登ってみる。
庭園を見下ろす。



マンションらしき建物とは、
景観の問題で相当もめたんじゃないだろうか。

都心の庭園の中には、
周辺の建物と調和しているものもある。

権利と権利はいかに利害を調整するかが
知恵なんだろうけれども
社会的な解と経済的な解が異なるので、
調整が難しい。


普段街を歩くより
相当ゆっくりとしたペースで散策。

まったりとした気分には
これくらいのペースがいい。

喧騒を少しだけ忘れさせてくれる。



ふと見上げると、
数少ない紅葉が、青空に映えていた。


染井門から出たあたしは、
再び南北線に乗って、
次の目的地を目指した。
コメント (2)

コーヒー

2006年11月27日 08時22分19秒 | Poem
なかなか寝付けないのは
深夜番組のせいでもなくて
コーヒーを飲んだからでもなくて
単に君のせいなんだ


  風の旅人
コメント (2)

九州場所を終えて

2006年11月26日 20時00分05秒 | Sports
朝青龍が19回目の優勝を
5回目の全勝で飾った。

全勝優勝回数では、あの貴乃花を超えた。


見事すぎるほどに
綱の責任を果たしている。

国家斉唱の姿をみると、
日本人よりも日本人らしくも感じる。


白鵬が休場中とはいえ、
他の力士が少々情けないのではないかもしれない。
ただこの男が別格、単に凄すぎるだけなのだ。


20度の優勝が大横綱の目安とされるけど、
この若き横綱には、
すでにその形容詞が相応しい。

来年の春場所までに達成すれば、
大鵬の記録(39場所)を抜いて
新入幕からのスピード記録を更新するそうだ。



大関陣は、序盤は珍しく立派だったのに
終わってみれば、賜杯争いにも絡めず。

大関としては褒められたものじゃないけど、
せめて千秋楽まで優勝争いを持ち越すような
意地を期待したい。


豊真将は一気に上位に当たる地位になるし、
把瑠都も二桁勝利。

白鵬も復活して、
初場所の舞台が整った。


来年も朝青龍を中心とした
土俵になるのは、ほぼ確実。
それでも、白鵬の綱とりを信じよう。

それは、大横綱の待ちわびた東西の横綱が揃うことなのだから。
横綱同士の千秋楽を迎えることになるのだから。
コメント

平等院鳳凰堂

2006年11月26日 09時28分24秒 | Travel
京都府宇治市。

お茶と並びこの街を代表するのが
そう、平等院。

10円玉の表に描かれる平等院鳳凰堂。

新一万円札の裏に描かれる鳳凰。
(お札の表裏は知らないので表かも)


ここを訪れるのは、2度目。
久しぶりになる。


南門のそばのお土産屋さんの
駐車場に700円で車を置く。

お土産いくら以上買ったら
駐車料金サービスとかしてくれればいいのに。


拝観料は600円。

入ってすぐ右手に見えたのは、
ここには奇抜に思えるような建物。


前回来たときにこんな近代的な建物があった記憶はない。
あたしの記憶がそこまで衰えてるとは
思わない(思いたくない)ので、この時点では
当時はなかったということにしておく。

ぐるりと時計周りの弧を描くように、
鳳凰堂の正面を目指す。

鳳凰堂の内部拝観の受付がある。
別途300円かかる。

ケチったわけじゃないけど、
前回に内部拝観してるし、混雑してるし、
今回は素通りすることにする。


正面からの鳳凰堂。(トップの写真)
久しぶりに仰ぎ見る姿。

国宝にして世界遺産。



さらに時計回りに進むと、
例の近代的な建物の入口がある。

この建物は、
「平等院ミュージアム鳳翔館」。

拝観料には鳳翔館の入館料が含まれている。

この中は撮影することができないのだけど、
新一万円札にも描かれる国宝の鳳凰はここにある。

本物がここにあるということは、当然、
鳳凰堂の屋根の上にあるのは、複製品ということになる。


一番印象的だったのは、雲中供養菩薩像。
雲に乗った菩薩像。楽器を演奏しているものも。

何か大きなもの圧巻される。
この空間において
前回来たときにこの建物が
なかったことを確信していた。


聞くところによると、
この鳳翔館は2001年にオープン。


最後にこの事実を確認して、
ひそかにホッとしたのは秘密。
コメント

顔文字占い

2006年11月25日 19時56分45秒 | Diary
茶夢姫さんの
mixiに紹介されていた
『顔文字★占い』を試してみました。

普段、殆ど顔文字を使わないのに
試す価値があるかは、置いておいて。

結果は、こちら。

風の旅人さんはヽ(。´口`)ノ です!

● ヽ(。´口`)ノさんのあなたは、
思いやりに溢れる、優しいタイプです。
気が小さいと誤解される事もあるかも知れませんが
いざとなったら内に秘めた力を発揮します。
しかし外見で判断されやすく、
本当のあなたを理解してもらうまでには
時間がかかるかも知れません。
恋愛関係で言えば、
趣味を通じて良い出会いがあるでしょう。
たまには大胆に行動してみたら、
あなたの株は急上昇間違いなし!

● 風の旅人さんの開運フーズは、モツ煮込みです!


信じていいのか?


コメント (4)

二代目つじ田

2006年11月25日 14時09分00秒 | Diary
少し遅めの昼食。


「東京メトロニュース」に
勧めれるがままにくる。

丸の内線淡路町駅からすぐ。


相当の人気店らしく
この時間でも結構ならんだ。

東京メトロニュースによると
オススメは二代目らーめん。
900円。
普通のらーめんも700円だから
ここはオススメに任せる。



濃厚な味わい。
好きな人にはツボでも
ちょっとくどいかも。


電車払ってまで
食べにくるかといえば
頷けないけど
まぁ悪くはない選択肢。
コメント

東京ドーム

2006年11月25日 12時20分49秒 | Diary
ここ何年も来ていない東京ドーム。


あたしの目的地はここじゃない。
でも、
女性を中心とした大行列ができていた。

何のイベントがあるんだろ。
コメント

神宮外苑

2006年11月25日 11時15分16秒 | Diary
ある野島ドラマのロケ地としても有名な銀杏並木。


残念ながら見頃には早いので
通ることなく引き返す。


それでも多くの人が撮影したり
絵を描いたりしていた。

神宮球場は写真でいうと左の先。



ちなみに八王子市の木は銀杏。
(何度か触れたけれど)

R20の銀杏並木は見頃かちょっと過ぎたころのはず。

何せ気候が違うから。


コメント (4)   トラックバック (1)

これから

2006年11月25日 09時29分45秒 | Diary
メトロに乗って
…秋を探してきます。


一日乗車券を買って。

時間も早くないし、
どこに行くかわからないけど、
成果があったら後日紹介します。


ちなみに今日のお供のデジカメは
いつものとは違う小型デジカメ。

では。
コメント

秋の白山スーパー林道

2006年11月24日 08時57分22秒 | Travel
ふくべの大滝姥ヶ滝

この二つを目的に走った
白山スーパー林道。


既に冬季通行止めになっているけれど、
11月上旬にここで出合った景色をいくつか紹介。




標高の低い地域は十分に紅葉の見ごろ。
実は姥ヶ滝に向かう途中の景色。




三方岩駐車場からの景色。
どうやら写真に撮ったのが
三方岩ではないらしい。


新緑時の美しさも想像できる。

雪解け水で滝の水量が増して
迫力の違ったものになっているはずだし、
機会があれば、通行料を惜しまずに
再訪したいもの。

姥ヶ滝の奥にある滝には
行っていないこともあるし。
コメント (2)

小笠原移籍

2006年11月23日 15時32分56秒 | Sports
日本ハムがアジア一になって、
日本球界の一つの道を示してくれたのに、
主役が巨人に移籍。

中日が獲得を断念した時点で
こうなることなわかっていたけど、
何ともむなしい。


FAという制度は否定しないけど、
「ファンのため」という言葉が
ただ哀しく響く。


ホントにファンがついて来るとでも
思っているのだろうか。

他球団の主力でチーム作って
たとえ優勝したとしてもそれが嬉しいの?

アイデンティティがないのに
「○○○アンツ愛」とかよくいえたもの。


この判断は、日本球界にとって
大きな損失になるような気がする。
コメント