風の気まぐれ

風の旅人が綴る平凡かつ気ままな日常

やすらぎの湯

2006年01月31日 09時21分27秒 | Travel
JR八王子駅から程近く、
八王子市民には「旧西武」とか
「長崎屋の隣り」で通じる場所にある
スパ&ホテル。

西武だけじゃなくて、
丸井もFAMも伊勢丹も「旧」がつく
さびしい八王子の百貨店(デパート)業界に
少しだけ思いを馳せながら目指す。
(旧伊勢丹はあたしも記憶にないほどの昔の話だけど…)


西武時代の面影を
少し残す建物。

料金体系が複雑だけど
平日1600円
土日祝2000円で
タオル館内着込み。

他に駐車料金の割り引きなどもあり。


ちょっと(だいぶ?)前にテレビ東京で
CM見たことがある。


受付の5階までエスカレーターで。
レストランのほか
カラオケや卓球場もある。


カラオケの記憶は定かじゃないけど
前に来た時は
卓球場はなかった。


いきなりびっくりしたのは
何の仕切りも無い喫煙コーナー。

まさか今時室内で
こんな風に喫煙できるところがあるとは。

せめて隔離してほしい。

脱衣所でも灰皿があり
嫌煙家には寛げたもんじゃない。

子供連れも多いし改善をのぞむ。


5階は女性、4階は男性。

4階には仮眠室も。


浴室へ。
湯気で殆ど見えない。

ナトリウム・塩化物強塩泉。
口に含むとしょっぱい
海岸沿いでよくみられる泉質。

風呂の種類も豊富で
サウナも2種類。
自称露天風呂もある。

敢えて「自称」と付けたのは
まぁ行って頂ければわかります。
壁がないだけじゃ
あたしは露天とは呼ばない。


綺麗な施設。
設備も充実してるし、適度な広さもある。
だけど、
温泉施設としては高い料金がネック。
複雑な料金体系をうまく利用したい。


終電逃した時に
漫画喫茶やカプセルホテル泊まるよりは
仮眠室を利用したほうがいいかなと。
健康的で。
耳栓を持参すれば、の話だけど。


八王子で終電逃すような機会って
普通は、ないか…
コメント

好き

2006年01月30日 11時42分31秒 | Poem
好きっていう言葉の重みを保つため
なるべく使わないようにしてたのに
あなたのせいで
軽い言葉になっちゃったんだ


   風の旅人
コメント

五色沼

2006年01月29日 16時31分10秒 | Travel
境目の曖昧な言葉たち。

…周囲を陸地で囲まれたくぼ地に水をたたえる水域。
  池や沼よりは大きく、沿岸植物の侵入できない深さのもので、
  ふつう最深部が五メートル以上をいう。
…一般に、水深5メートル以内の水域。
  水草が茂り、透明度が低い。湖との区別は明確でない。
…くぼ地に自然に水がたまった所。


辞書的な定義とは別にして
「沼」という言葉には
泥々しいイメージがつきまとう。

そんな概念を覆す沼の話。


福島県のほぼ中央にある猪苗代湖。
国内4位の大きさで冬には白鳥が飛来する。

そんな猪苗代湖から
R115とR459で北上すると
桧原湖の直前に左手にある。


裏磐梯「五色沼」。


五色沼自然探勝路添いをめぐるコースが見所。

駐車場の近くにあるのが、
「毘沙門沼」。


五色沼で最大。
エメラルドブルーの沼上で
ボートに乗ってる人たちも。

ここから五色沼自然探勝路を巡る。
よく整備された遊歩道。



レモン色。

点在する沼を巡る。
プロらしきカメラマンとすれ違う。



終点は「柳沼」。

普通はここで(あるいは一つ前の「青沼」で)
引き返すのだけれど、
人数が多ければ、タクシーに乗って
駐車場に戻るのも手。
多くの人が一瞬迷うので、
相乗りのチャンスもあるかも。


あたしはタクシー代の節約のため、
歩いて引き返すことにした。
次の目的地までまだ時間あるし。

ゆっくり歩いて往復2時間。


今となっては、写真の沼が何沼か
分からない。

全部まとめて五色沼っていうことで。


自然の神秘を肌で感じる沼の色。




※新緑の季節ではなく、9月上旬に訪れた時の写真です。
コメント (2)

「ラフ映画化」の続き

2006年01月28日 10時07分04秒 |  Impression
昨日、映画の話題は、
あたしにとって「珍しい」としておきながら、
広い意味では今回も映画の話。


あだち充の傑作「ROUGH」が
映画化されるのはこの時に話題にしたとおり。

その時点ではまだ
圭介をどなたが演じるのか、
決まっていなかったんだけれども
今回こんなニュースが飛び込んできた。


速水もこみち映画初主演!長澤まさみと「ラフ」で共演



ここでも「最高傑作の呼び声が高い」とある。
異論を唱えるつもりはないけど、
一体だれが呼んでるんだろ?

ウォーターボーイズから
選ばれると思っていたあたしには意外な選出。


速水もこみち。


あたしには、
・仮面ライダーで若い奥様方が騒いでた
・「もこみち」が本名
・CM多数出演
ファンの方々には申し訳ないけど、
こんな程度の情報(イメージ)しかない。


大和圭介の
「調子はいいよ」
「お前なんか大嫌いだ」
「一言だけいいかな」
「それだけなんです」
こんな台詞が合うのかどうか
あたしにはわからない。

どっちかというと、
仲西弘樹の方が合っているような気がする。


「速水もこみち+長澤まさみ」

やっぱり
「仲西弘樹+二ノ宮亜美」
に近いんじゃないかなァ…
コメント (1)   トラックバック (1)

THE 有頂天ホテル

2006年01月27日 18時46分24秒 | Diary
映画の話。


映画に疎いあたしには珍しい。
この時にも触れたけど、
「ラストサムライ」以来の映画館。

カテゴリーに「Movie」がないのに気がついた。
作ったところでそれほど多用しないのは
明らかなので「Hobby」とすることにした。
「TV」っていうのも変だし。


別にネタに困ったわけでなく、
純粋に笑いを求めた結果
「THE 有頂天ホテル」を観に行くことにした。


このブログの中でも度々
登場する三谷氏。
エッセー「ありふれた生活」もオススメ。

久々の映画館。
数年前と余り変わっていなかった。
駐車料金も同じ。

駐車場割引で1500円

三谷氏の人望で集まったとされる
豪華なキャスト陣。
西村雅彦がいないのが寂しい。


王様のレストランを彷彿とさせる内容。
ネタばれになるので、
詳しくは書きませんが、
相変わらず見事な三谷氏の指揮者ぶり。


期待が多すぎたせいか、
爆笑の嵐ではなかったものの
個人的には納得。


「携帯の画像」を見てみたい。
携帯違いで記者発表されるのかと思った。


いつかDVDでたら買ってしまいそう。

次回作にも早くも期待。
コメント (2)   トラックバック (1)

『最近思った「ここが変!」』

2006年01月26日 13時11分26秒 | Theme
最近似たようなことを
話題にしたような気もするのですが、
今回は、TB練習板
『最近思った「ここが変!」』という
お題(1月20日)への回答。


あたし自身が「変」でないという保障が(恐らく)ないので、
どういう見解になるんだか。

思いつくままに列挙してみる


禁煙なのに喫煙してる人たち
灰皿近くにあるのにポイ捨てする大人たち
歩きタバコ
タバコ税の低さ
優先席付近でも平気で携帯使う人たち
東京に積もる雪
大学入試センター試験に対する世間の反応
マスコミ(特にNHK)のホリエモンに対する扱い
ホリエモン(ライブドア)
某自民党幹事長の言い訳
米国産牛肉を使うという企業
マニュアル化されすぎた接客(+変な日本語)
禁煙席に流れてくる煙
某有名女性占い師の占い
想像力に乏しい社会
日本の借金
株のやりくりだけで生活してる投資家
減らない体重
お金を払っているんだから「いただきます」を言わなくてもいいという母親の意見
イラクに派遣された自衛隊
憲法と自衛隊の関係
みのもんたのスタミナ
あたしの○○運
日本の出生率
旅行業界の価格の需要弾力性の高さ
ボビーオロゴンの年齢
オロゴンかバレンタインかはっきりわからないボビーのニュース
いつぞやのテロ
某巨大掲示板
巨人軍の戦略
栃東の来場所の綱取り




最近のものから最近ではないものまで
とりとめもなく列挙。

一つにするならコレっていうのも
織り交ぜたし、こういうのもありかなと。



極端に「変」な世の中もゾッとするけど、
世の中全てが「普通」の方がもっとゾッとする。
コメント (2)

朝日湯

2006年01月25日 18時01分54秒 | Travel
「ゆ」

暗くてあまり写ってないけど、
池上線千鳥町駅近くにある「朝日湯」。

池上線はこのときに触れた三両編成の電車。
(ちなみにここがそこでいう「目的地」ではない。)



いわゆる銭湯。
いつか紹介予定の某温泉で存在を知り
寄ることにした。


ここのウリは「源泉の湯」。

上州の名湯草津の湯
毎日タンクローリーで
運んでるらしい。

化学的な操作を加えて使用してるとのこと。

地より湧き出た直後が
ベストであっても、
そこは泉質主義の草津。

期待してもいいのでは…。


駅からR1方面(東)に歩くこと数分。

右手にこうこうと輝く「ゆ」


朝日湯かどうか看板だけでは分からない。


まぁ間違えることは
ないと暖簾をくぐる。


400円。

正に一般にイメージする銭湯。
何かのドラマか歌に出てきそう。


目的の草津の湯。

絹のような白さと指触り。
イメージした西の河原や湯畑の湯とは違う。
白旗の湯に近いかもしれないが
いまいち思い出せない。


病も気から。
草津の湯だと思って入ると
心なしか肌がすべすべ。

草津ほどじゃないけど、
温度も高め

ほのかな硫黄臭。
深い浴槽。


草津気分を
満喫するのは無理でも
味わうことは出来る。



草津が恋しくなったら
また来るのも悪くはない。
コメント

1月22日

2006年01月24日 15時09分10秒 |  Impression
ホリエモン逮捕。
 
 
 経済界・政界を揺るがす事件があって、
 「罪」だけでなく「功」にも光を当てるべきだと思うけど、
 角界・教育界に関する記事を本日用に少し用意していて、
 消してしまうのも勿体ないので、使用することにする。



意外にも
栃東が13場所ぶり3度目の優勝を飾り
順当に
白鵬が大関挑戦権を獲得し
大っぴらに
朝青龍が鬼になると宣言し
初場所が終わった。


ちょうどその頃
大学入試センター試験が終わっていた。


あたしはセンター試験を受験したことはない。
今後も多分ない。

首都圏では、何年ぶりの大雪。
50万人の受験者。
全国一斉の受験。


大学入試センターの職員だけでなく
監督者などの大学関係者も
多数にのぼる。

大雪のさなかだけあって、
交通機関の関係者の相当な努力が
あったと思う。


492596
453

0.091961769888509041892341797334936%

リスニングの受験者数と
リスニングの再テスト対象者。
そして、確率。

こんな小さな
統計学的には無視できるような数字でも
「トラブル続出」って批判の対象になるんですね。

再テスト対象者は残って試験を受ける。
別に無効になるわけでも、
翌週来て受けるわけでもないのに。

受験できなくて棒に振ったという受験者がいたのなら、
たとえそれが0.1%以下でも批判するのはよく分かる。


はたして、この確率の
不具合も許されない仕事をしてる人が
どれくらいいるのでしょうか。

受験者にしても、
これ位のトラブルが起こる可能性を
想定できないのでしょうか。

受験案内には、機械の故障による
再テストの可能性が明記されています。


謝罪がなく
遺憾という便利な言葉で済ませたり
実際は故障があることを想定していながら
故障はゼロと受験者に強気だった大学入試センターも
いかがかと思いますが、
ちょっと酷な気もする。
コメント

なみだ

2006年01月23日 08時15分45秒 | Poem
あふれる涙を
こらえることができたら
おとなになれるのかなぁ

それとも
すなおに流せたら
おとなになれるのかなぁ



  風の旅人
コメント (6)

東京の雪

2006年01月22日 06時18分32秒 | Diary
東京にここまで
が降ると神秘的にさえ思える。


デジカメもってなかったことを
くやむような
心の清涼剤になるような
空にすいこまれるような
そんな景色たち。



携帯のカメラで撮影した
東京の真ん中の景色。
それで表現できる世界じゃないけど、
ご容赦。

都内に見えなくてもそれは
建物を写さないようにしてるから。


  

  


コメント (3)

ゆき

2006年01月21日 06時04分40秒 | Diary
早朝。
願いも虚しく
東京はうっすら雪


せめて積もらないで


アメリカ産牛肉の
輸入禁止を笑ってる場合じゃないみたい。
コメント

つぶやき。

2006年01月20日 09時41分11秒 | Diary
東証を破壊した
ホリエモン。

日本広しといえ
たぶんあなたにしかできない。

複雑に絡む政治的な思惑。
刺客にしようとしたのは誰。
笑い話にしようってか。


思惑じゃどうにもならないけど
あした
雪は降らないで…
積もらないで…

笑い話にもなりゃしない。
コメント (2)

はすぬま温泉

2006年01月20日 00時09分15秒 | Diary
はすぬま温泉


東京大田区。

大田の「大」は大森。
大田の「田」は蒲田。

そんな蒲田から五反田に延びるのが
東急池上線。

三両編成

蒲田の次の駅が蓮沼。

ここのすぐ近くに
「はすぬま温泉」がある。


目的地はいつか紹介するかもしれない
別の温泉だったのだけれど、
折角見つけたので、寄ってみた。

入口の灰皿が目に付く。
館内は禁煙。

400円払って室内へ。

小綺麗な印象。

ナトリウム-塩化物・炭酸水素冷鉱泉。

特有の黒色ではなく
淡い緑茶のような色。

半身浴用に浅い浴槽の奥に
普通の深さ浴槽という二段構造。

ちょっと珍しい。


水風呂も源泉。
冬場に水風呂は初めてかも。

サウナ(別料金じゃないのが嬉しい)と
行ったり来たり。


結局だいぶのんびり過ごす。


やや狭い事を除けば、
全体として見事な施設。


オリジナルのタイル絵が
いつか見たような景色なのだけれども
思い出せず、心残り。

昇仙峡に似てる。
でも多分違う。

次の時には思い出したい。
コメント

「朝は何時に起きますか?」

2006年01月19日 07時26分51秒 | Theme
今回のTB練習板

いつもは画面右の「過去のテーマ/まとめ」で
何日付けのお題か分かるんだけど、
今週はない。

ほぼ金曜日に更新していただいているので、
1月13日と判断しておく。

お題は「朝は何時に起きますか?」。
 

朝。
結構強い方かもしれない。

昔、早朝からクロネコの手をしていたときは、
朝4時起き。

休みで目覚しなくても
4時に目が覚めることも。
恐ろしき習慣。

冬は車のフロントガラスとか
凍っているので、
お湯を沸かしてた。

いまはもうそんな生活できない。


最近は6時に目覚し付けて
だらだらニュース見てます。

6と8と10を行ったり来たり。

何分からどのチャンネルかは
最近必然的に決まっているような
気がします。


なるべくいろんなチャンネル見たり
新聞読んだり。


そういう規則正しい生活を
……目指してます。
コメント

17年前

2006年01月18日 07時40分14秒 |  Impression
17年前。

幼女連続誘拐殺人事件。

新聞の一面の大きな活字。
眺めてたあたし。

判決が出るまで、
これほど時間がかかることを
当時のあたしは知らない。

上告が棄却された。
事実上死刑の確定を意味する。

宮崎勤被告に死刑 連続幼女殺害事件で最高裁が上告棄却 (朝日新聞)

年齢をさらすような話になるけど、
あえて承知で書くとして、
17年前、新聞記事をクラスで順番に紹介するという
朝礼の一部の催しがあって、
これにかかる記事をあたしは紹介した。
担任のY先生はこの記事を読んで泣いた。


「愛娘のいない母の日」
曖昧な記憶だけど、讀賣のそんな記事。
「愛娘のいない」は間違えないと思うけど、
「母の日」じゃなかったかもしれない。


八王子は恐怖に包まれていた。

そんな微かな記憶を呼び覚ます。
その微かさが17年という長さを実感させる。


ここからは、おまけ。

ライブドア関係のニュース。
堀江氏の周りには、
奇妙な大きな力が働いている。

ヒューザー社長の
証人喚問のニュースが
見事に薄まった。

そんな感想を抱く。


ブログをはじめた時、
ライブドアも検討したけど
やめた理由は、
奇妙な大きな力のせいかもしれない。
コメント