MTB*SS WEBLOG

夏はマウンテンバイクとインラインスケート冬はスノースクートとスキーボードときどき関係ない話題とか

2017-2018滑走19回目(奥只見丸山)

2018-04-21 20:59:50 | スノースクート

奥只見か志賀高原か迷いました。
雪質はどこに行っても同じ。

春は雪が重いので、スピード滑走は筋肉への負担が大きくて疲れます。

なので、地形とかで遊べるほうが楽しいです。

なので、奥只見です。

天気:

雪質:朝からしっとり春雪
混雑:リフト待ち0分
服装:ロンT+パーカー+コーチジャケット のち暑かったので ロンT+コーチジャケット
満足度:★★★☆☆

リフト乗車回数:13回
移動距離:27.077km
所要時間:04:07:02
累積標高:4029.740m
最大標高:1266.190m
最高速度:35.0km/h

使用フレーム:STYLE-A S.A.S.
使用ボード:Jykk TYPE-J
使用ハンドル:S&M BIKES PERFECT 10 BAR

妙な画像ですが、駐車場で撮影。

先週購入した、全天周カメラを使ってみました。
使い方に癖があるので、勉強中。

で、その画像の一部をトリミングしたのがコレ。

元の画像は画角185度。
それを画角90度で切り取ってみました。

あとは、いつものスマホで撮影した画像です。

ほぼ朝一のゲレンデ。
圧雪はされてますが、すでにしっとりやわらか雪です。

山頂付近。
天気はほぼ快晴。
気温も高く、朝からあったかです。

山頂から奥只見湖。
皆さんここで撮影してました。

わかりにくいので、奥只見湖を水色で塗りつぶしてみました。

カシミール3Dで同じ地点からの眺めを疑似体験。
遠くに見えているのは、福島県南会津の燧ケ岳(ひうちがたけ)。
東北地方最高峰(2356m)らしいです。

途中の急斜面で撮影。

山頂ゲレンデのパークがオープン。
さっそく飛んでる人が。

その山頂から奥只見湖とは逆の方角。

新潟県の未丈が岳らしいです。
ふもとにあるように見えるスキー場は、実は山のはるか向こうの須原スキー場(中央)、大原スキー場(右)。

いちばん滑っている人が多かったコース。
この時は朝早かったのでまだ空いてるし、雪も荒れてません。

これも、カシミール3dで。
こちらも福島県会津方面です。

迂回コース。
シーズン初めとかのパフパフ雪ならめっちゃ楽しいですが、今日は滑っている人もほとんどなし。

雪を固める薬剤。
スキー場も少しでも滑りやすくしてくれてます。

雪質はこんな状態なので、ワクシングと休憩のため一旦駐車場へ戻りました。

例の全天周カメラの充電を忘れてたので、駐車場でソーラー充電。
この充電器は2年ぐらい前に買ったのですが、今日がいちばん役に立ったかも。
USB出力2口だけですが、スマホとかを充電するのなら役に立ちます。
結局、真冬は太陽があまり出ていないので出番は少なめ。。。

そのうちちゃんと紹介します。

気温が高く日差しも強かったので、ソーラーパネルの表面も熱くなりました。
おかげで、ペーストワックスもすぐに浸透。

休憩して体力も板も復活。
リフトから奥只見ダム

古いダムですが、いろいろ記録を持ってるようです。
要は、デカいんです。

これもカシミール3Dで。

こういうふうに角度と画角を調整するのも慣れてきました。。。

午前券を購入して、時間いっぱい滑りました。
こまめにワクシングしたおかげなのか、ブレーキ雪を感じることはなかったです。

休憩のため、スキー場の下にあるダムのレストハウスへ。
混雑したときはここから送迎バスも出てます。
ここからスキー場まで歩いていけないこともないけど、、、
スクートをマイクロバスに乗せるのは大変ですよ(体験談)。

レストハウスからのダム。
下から見上げるとやっぱデカいです。

発電用の水車が展示?してありました。

説明板の拡大。

スクート乗りは2名ほど見かけました。

いつも一緒に行っていた連れの後輩も、すでにシーズンオフ。

私はできる限り滑りたいですね。

この季節は「滑る」というよりは「雪山に行く」というのが目的かもしれませんけど。。。

早起きして
滑って
疲れて
飯食って
仮眠して
帰る

これですごくリラックスできるし、これ以上の滑りに行く理由はないです。

GW中は仕事もあるし、帰省もするので2回行ければいいかな。
GW後も1回ぐらい行ってシーズン終了としたいですね。

もはや奥只見か志賀高原しか行く所ないな。。。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 出動なし | トップ | 2017-2018滑走20回目(奥只... »

コメントを投稿

スノースクート」カテゴリの最新記事