MTB*SS WEBLOG

夏はマウンテンバイクとインラインスケート冬はスノースクートとスキーボードときどき関係ない話題とか

100均の品で車内の収納

2015-12-12 21:14:32 | トランポ

その前に、ちょ~久しぶりにチャリに乗りました。
20kmぐらいなのですが、坂道を登ったら、足がつりかけました。。。


今日は晴れて暖かかったんで、チャリを引っ張り出しました。
こういう天候でも、日本海は波がありました。
夏だとこうはならないんで、冬らしくなったって感じなんでしょうか。


冬に向けてクルマのボディをきれいにして、ウォッシャー駅も補充しておきました。
普通のクルマではエンジンがあるボンネット内部。
エンジンは助手席の下。
バッテリーは荷室の床下。

さらに、荷室を冬仕様にしました。


以前紹介した、天井の収納。
固定はしていません。
取っ手部分の幅が大きいカゴを選んで、そこをイレクターパイプに乗っけているだけ。

うまくいきそうなので、前回から100均のカゴを追加購入。
画像では3個ですが、もう一ついけそうなのでさらに追加購入。
4つのカゴがきれいにはまりました。
すき間があると遠心力でカゴが移動してしまうので、隙間なく並べた方が都合がよかった。

後部の窓には上部の5cmぐらいしかかぶっていないので、視界もまあ問題ないでしょう。


これも、以前から計画してたこと。
リアシートを左右別々に倒しても、荷室の養生シートが生かせるようにしました。


シートに穴をあけて、ハトメで補強してあります。
これも100均モノ。
別に100均じゃなくて、ホームセンターでも売ってますけどね。
ホームセンターの物だと量が多すぎるんで。

このハトメの穴をヘッドレストの支柱で固定してます。

ちなみに、12mmのハトメでピッタリギリギリサイズ。
なので、穴の間隔の精度もピッタリになるくらいにしないとダメです。
もう少し大きいハトメを使えば、余裕ができるかと思います。


サイズ的にわかってたことなんですが、シートの幅が足りません。
横幅500mmのシートだと、隙間ができちゃいます。
きれいに埋めるには、幅が600mmは必要ですね。
今回は手元に会った材料で実験的に作ったので、そのうちちゃんとしたものを作ります。


カゴを追加購入した時に、たまたま見つけたコイツ。
なにに使うかというと、、、


寝袋のホルダー。


本来は枕をつるすためのもの。
私の使っている冬山用のデカい寝袋に合わせると、ちょっと強引なサイズ感。
ホルダーが割と肉薄なプラスチック製なので、そのうちどこかから千切れてしまいそう。。。
合わせ目を延長して固定すれば、問題なく使えそうです。

延長固定方法を探して、また100均に行くことでしょう。。。

ホルダーのフックを使って、イレクターキャリアにぶら下げる予定。

100均のプラスチック製品は、他でもいろいろ役に立ってます。
食器はほぼそうだし、出張時の洗濯カゴもそう。
仕事でも必要なものを入れるバッグを使ってます。

ただ、電気製品はつくりが雑なので、怖くて使ってません。

明日は今シーズンの初滑りにでも行ってみようかな。
志賀高原はまだ滑走距離が短い。
白馬は混みそう。

ってことで、奥只見丸山が有力。
初滑り恒例のちょ~早起きして、午前中に上がる予定。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« イレクターパイプの天井ラック | トップ | 15-16滑走01回目(奥只見丸... »

コメントを投稿

トランポ」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事