マダム・クニコの映画解体新書

コピーライターが、現代思想とフェミニズムの視点で分析する、ひと味違う映画評。ネタバレ注意!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

かもめ食堂 /ガラスの壁 

2006-02-16 | 映画分析
道路に面した食堂の大きなガラス窓と合気道・・・。この映画のエッセンスはそこに詰まっている。

 滅多にないのだが、至福の映画がある。できることならいつまでも観ていたい・・・。本作は、そんな気分にさせてくれる貴重な逸品だ。
かもめ食堂
 このところ、女性ならではの視点で撮った若手監督の作品が注目を浴びている。この映画もその一つ。荻上直子(「バーバー吉野」「恋は五・七・五!」)の第3作だ。フィンランドの首都ヘルシンキへ来て、たった一人でおふくろの味の和食堂を営む、30代の日本人女性サチエをめぐる人間模様を描いたハートフルコメディ。

食文化の違う国で開店したものの、なかなか客が来ないかもめ食堂。興味本位で、透明ガラスの窓越しに中をのぞき込む人は多いのに・・・。
 1ヵ月後にやっと現れた第1号の客は、日本オタクの現地人青年。彼に感謝し、コーヒーを無料で出し続けるサチコ。実は彼も、毎日のぞくだけで、なかなか入ってこなかったのだった。

このガラス窓は、日本とフィンランドとを隔てる異文化の壁であり、人と人との壁でもある。中からも外からも手が届きそうなほど近く見えるのに、ガラスが遮り、握手をすることも話すこともできないのだ。

日本人女性旅行者のミドリとマサコが、ひょんなことから食堂を手伝うようになる。しかし、サチエを含めて、三人ともなぜヘルシンキに来ることになったのか、お互いに詳しい事情は語らないし、しつこく聞くようなこともしない。まさに透明ガラスの壁のような、近いけれど遠い関係である。

 本作のテーマは、”透明なバリアーをいかに乗り越えるか”である。

 フィンランドは、四季がはっきりしていて、地味かつ親切な人が多いところが日本と似ているという。
 しかし、人々は、お互いの国のことをどれだけ知っているのだろうか?
 かもめ食堂は、この国の素朴な自然木を用いたインテリアを配し、食器もフィンランド製と日本製をバランス良く利用している。彼女なりにこの国の文化を取り入れているのだが、日本のことを知らない人々は、背の低いサチエを見て、子供かも?とうわさするだけで近寄ってはこない。

  サチエの経営ポリシーは明確だ。
 ”人間に残された最後の楽しみは食事。素朴だけど美味しいものは世界共通だから、和風家庭料理の良さをきっと分かってくれるだろう。この土地の人は名産のサーモンが大好き。それを使った、日本人のソウルフードであるおにぎりをはじめ、刺身、焼き鮭などを作ればいい。ここなら自分でもできる”

「通りがかった人が、ふらっと立ち寄ってくれるような食堂にしたい。一生懸命にやっていれば、お客はいつかは来てくれるはず。それでもダメなら、やめればいい」と動じないサチエ。
 集客を焦るミドリの提案、メディアへの掲載を「やりたくないことはやらないだけです」と拒否する。

 そういう面だけを見ると、サチエは頑固者のようだが、そうでもないのだ。再度ミドリが提案した、地元の食材トナカイの肉などを用いたおにぎりは試してみるし、和食ではないシナモンロールをメニューに加えたりして、柔軟性も十分持ち合わせている。

サチエは早くに母を亡くし、男手一つで育ててくれた武道家の父も最近逝った。鮭・梅・おかかのおにぎりは父の得意料理だったから、こだわりの中心メニューにしているのだ。

 今のサチエを支えているのは、母の胎内を再現するプールでの水泳と、父に習った合気道。
仕事の合間にプールに行くと、人間の原点に立ち返ったような気がする。
 毎晩、一人で合気道の稽古をするが、武道は彼女の人生観を形成してきた大きな要素だ。

なぜか?

 合気道で相手の「 気配」に合わせて動くには、力みがまったくないバランスのとれた姿勢で向かわなければならない。歴史上の達人たちが言った「水月移写」である。つまり、鏡の中の自分の姿を確認する作業と同じ。ここでは、自分が鏡の境地になっているかどうかがポイントになる。日本の伝統武術に伝わる「拍子」とか「間」にも通じる極意だ
サチエがいつも自然体でかつブレないのは、永年の合気道による鍛錬の賜物である。

異文化との壁も、人との壁も、力まず相手の心の動きに合わせて、絶妙の「間」でバランスをとり、乗り越えていくサチエ。
 ゆったりのんびりロハスな生活を楽しむフィンランドの人々と、呼吸を合わせるのも時間の問題だった。
わら人形(おまじない)や合気道などの日本文化が思わぬところで役に立つ。

 「おにぎりは人に作ってもらうのがいちばん」と言っていた父。
「コーヒーは人にいれてもらう方が美味しい」と言う、元コーヒー店主の現地人男性。
彼からコーヒーの入れ方の極意(おまじない)を教えてもらい、成功するサチエは、合気道の極意を伝授してくれた父と、彼とを重ねていたのだろう。

 サチエは言う。
「人にはそれぞれに本人しか分からないことがある」
 「あなたにはあなたの人生がある」
 「人はずっと同じではいられない。みんな変わっていくもの」と・・・。

ミドリもマサコも、サチエの人生観に影響されていく。
 泣きみそのミドリは、自分だけが寂しいのではないと悟る。
 マサコは、言葉の壁を取り払って、体当たりで現地の人とコミュニケーション。

 幸せいっぱいのラストは、第1号の客の青年を絶妙のタイミングで迎える、サチエの「○らっ○ゃい○せ」。
 ミドリの挨拶は少し乱暴で、マサコのそれは丁寧すぎるのだ。

美味しそうなご馳走の数々、インテリア、食器、ピカピカの器具・・・。センスが感じられるさりげないファッション。港町。森・・・。ヴィジュアルとしても楽しめる美しい影像と、すてきな音楽・・・。
 そして、何よりも自立した女性の生き方が心に響く。
★★★★(★5つで満点)



人気blogランキング
 
(この記事を気に入った方は、ココをクリックしていただけるとうれしいです)

トップページヘ


コメント (30)   トラックバック (81)   この記事についてブログを書く
« 単騎、千里を走る/仮面の告白 | トップ | スタンドアップ/北への挑戦 »

30 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (coo)
2006-03-16 20:29:23
>合気道の極意を伝授してくれた父と、彼とを重ねていたのだろう。



私もそう思います。迷いはなかったとしても、ここで(店を)やっていてもいいんだとあらためて実感し、納得した瞬間ではなかったのかと思いました。

女性の自立 (MANAMI)
2006-03-16 21:06:49
>そして、何よりも自立した女性の生き方が心に響く。



そうですね。女性の自立ということを、こんなに自然に無理なく描いた作品も珍しいような気がします。こんな風に、肩肘張らず、けれども、凛々しく自分らしく生きている人の姿は、見ていて清々しいですね。



日本の心ですね (tacoss)
2006-03-17 02:51:55
TBサンクスです。

とても凛々しかったですね。

清々しい気持ちにしてくれる一作ですね。

私からもTBさせていただきます。
コメントありがとうございます (ロイ from 週末に!この映画!)
2006-03-17 11:41:05
コメントありがとうございました!

予告編を見る限り、あんまり起承転結がないような感じがしました。見終わった後で「結局言いたかった事があんまり分かんなかった。」となりそうな懸念が・・・

でも、癒し系・ほのぼの雰囲気が漂っていて、癒されそうです。

これからもTB&リンクさせてもらうかもしれませんが、よろしくお願いいたします。
こんばんは。 (cinnamon)
2006-03-19 21:34:53
TBありがとうございます!

とても素晴らしく幸せな気分になれる映画ですね。

多くを語らないサチエの凛とした姿に惹かれました。。

こちらもTBさせてもらいますね☆
TBありがとうございます (evenkeel)
2006-03-19 23:30:13
気負わず観れる映画っていいなぁ・・・

なんて思いました!!

サチエの合気道のシーンで、

窓の外は白夜で素敵でしたね。



私もTBさせて下さいね!!
合気道とおにぎりと (現象)
2006-03-21 13:30:08
なるほど合気道は、本作に一貫してある自然体・気配に通じるんですね。

なんだか繋がった感じがしました。

女性監督ならではの視点が柔らかかつ洗練されていて、

心地よい充足感が得られました。
Unknown (あ~る)
2006-03-21 23:25:57
マダム・クニコさん、こんばんわ。

小林聡美演じるサチエが、生き生きとして観ていて心が和む映画でしたね。

> サチエがいつも自然体でかつブレないのは、

> 永年の合気道による鍛錬の賜物である。

合気道がこんなところに生かされているから、見知らぬ国でこんなにも生き生きと自然体で過ごせるんですね。

羨ましくなってしまいました。
Unknown (ゆっこ)
2006-03-23 16:34:03
クニコさま、はじめまして!

コメントとTB返しを頂戴しまして、どうもありがとうございました。

「ガラス窓は、異文化の壁であり、人と人との壁」ですか。

なるほど~。

3人の女性たちの関係が「透明ガラスの壁のような、近いけれど遠い関係」

というのも、まったく同感です。

だけど、「プール=母の胎内の再現」というのは、考え付きませんでした。

言われてみれば、確かにそうかもしれませんねぇ。
Unknown (しんちゃん)
2006-03-24 00:24:51
TBありがとうございます。

かもめ食堂は見てよかったと心の底から思えた作品でした。

「コーヒーは人に入れてもらったほうが美味しい」

「おにぎりは人に握ってもらったほうが美味しい」

この言葉が映画のテーマなのかな?と私は思っております。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

映画分析」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

81 トラックバック

『かもめ食堂』・試写会 (しましまシネマライフ!)
今日は某雑誌サイトで当選した 『かもめ食堂』の試写会に行ってきた。 《私のお気に入り度:★★★★☆
【試写会】 かもめ食堂 (DOG*NET)
今日の試写会は「かもめ食堂」フィンランドでかもめ食堂というおにぎりがメインの食堂が舞台のとっても心温まる素敵なお話です。フィンランドの食器・ファッション・デザイン溢れる画面を見てるだけでも見入ってしまいます。 オフィシャルサイトも可愛い~♪映画全体がこ...
試写会: かもめ食堂 (Moon Fishのスローにしたい生活)
今夜は、試写会にいきました。\"かもめ食堂\"という、邦画。原作は私の好きな群ようこ。主演は個性豊かな三人娘?小林聡美、片桐はいり、もたいまさこ。面子からしてなかなか興味深いです。ムーミンの故郷フィンランドでのオールロケだそうです。初めてフィンランド語を聞き
「かもめ食堂」完成披露試写会 (わかりやすさとストーリー)
●個性的な俳優たちという素材をフィンランドという調理器具を使って独特の「間」と「笑い」というスパイスで味付けした作品●「『かもめ食堂』 おいしく食べてわたしらしく生きる3つのレシピ」をあなたへ。
「かもめ食堂」 (応募日誌--懸賞を楽しむ--)
F君、 3月11日から公開のかもめ食堂だ。http://www.kamome-movie.com/ 試写会を観てきたよ。 一番印象に残ったのはマサコさんの旅行鞄だね。 フィンランドに着いたマサコさんだが、鞄は届かなかった。 マサコさんは森に行ってきのこを採ったけれど、どこかでなくして.
かもめ食堂 (日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~)
オールフィンランドロケとなった邦画です。 何故か、フィンランド、ヘルシンキで「和風の家庭料理を中心とした料理を出す『食堂』」を開いている日本人女性サチエ(小林聡美)。そして、この女性とヘルシンキの街で出会う、ミドリ(片桐はいり)とマサコ(もたいまさこ)
かもめ食堂を見に行ってきました! (美人手帳)
『かもめ食堂』という映画が3月11日から公開されます。 公式HP:http://www.kamome-movie.com/上映:シネスイッチ銀座109シネマズMM横浜劇場窓口で鑑賞券をお買い求めの方に、『かもめ食堂』ピンバッジをプレゼント。お楽しみに ひと足お先に、かもめ食堂を.
かもめ食堂 (ださいおさむの憂鬱な日々…)
今週の火曜日、ブロガー試写会と銘打って、小林聡美主演の映画 「かもめ食堂」 の試写会が行われた。 オレもブロガーの端くれとして参加してきたのだが、実はオレのブログ、普段の生活での戯言を書いた「生活」というのを除き、「映画」のカテゴリーが「音楽」のカテゴリ
かもめ食堂 ruokala lokki (□■Couleur sept■□)
去年、予告を観た時から気になっていたかもめ食堂、 本日公開、観に行って来ました。
かもめ食堂【試写会】 (Storyのある部屋)
【出演】 小林聡美、片桐はいり、もたいまさこ、マルック・ペルトラ、ヤルッコ・ニエミ 【あらすじ】 フィンランド、ヘルシンキの街角でオープンした小さな食堂。主は日本人女性
映画『かもめ食堂』 (trivialities)
【3月11日特記】 映画『かもめ食堂』を観てきた。シネスイッチ銀座を出て晴海通りに差し掛かったところで、若い女性同士の話し声が聞こえた。 「あの、すいません、『かもめ食堂』観てらっしゃったんですか?」
『かもめ食堂』を観ました。 (0120 Blog)
ガッチャマン好きですか?
もし実在するのなら、絶対に行ってみたいぞ、この食堂! (人生はお伽話もしくは映画のよう)
「かもめ食堂」  ソウルフードって言葉があります。「魂の食物」。なんだか気力を失った時に、これを補給すれば、元気を回復できるというもの。大阪人の私にとって、これ
かもめ食堂 (ドリアンいいたい放題)
とってもよいです! 本日劇場にて鑑賞 とりあえず、平日昼間なのに 満席立ち見の観客の多さにびっくり!! 私は、早めに行っていたのでベストポジションに 座ってみることができました。 あんまり期待していなかっただけに 何でこんなに人がいるのだろ??
ハラゴシラエしてから観るのだ 「かもめ食堂」 (平気の平左)
評価;70点 かもめ食堂 オールフィンランドロケ!と言う割には、フィンランドっぽいロケ場所ではないなぁ。 と最初は思ったんですが、 雰囲気はなんかのんびりとしていて、あちこちに鮮やかな色も見られ、フィンランドらしい映画でした。 売れない食堂をアイデアを出
かもめ食堂 (いくつになっても音楽大好き☆)
「かもめ食堂」とっても素敵な映画でした。
映画「かもめ食堂」を観て (とみのひとりごと)
 ああ、この映画を、ずっと観たかったのだ!  1月に、日比谷のシャンテシネに「秘密のかけら」を観に行って、「かもめ食堂」のチラシを手にして以来、ずっと、観たかった。  「シネスイッチ銀座」のタイムテーブルは、私泣かせだった。しかし、私は銀座行きを決行した
かもめ食堂 (Coo-chan!)
邦画初のオール“フィンランド”ロケ作品。 来春3月、東京シネスイッチとフィンランドでの同時公開、 来年のベルリン国際映画祭に出品する予定とのこと。  監督 :荻上直子(バーバー吉野、恋は五・七・五!)  脚本 :群ようこ (猫好きで、もたいさんとお
かもめ食堂 (週末に!この映画!)
期待値:91%  オール フィンランドロケで撮られた映画。 群よう子『かもめ食堂』が原作。 小林聡美
かもめ食堂 (ライターへの道。女32歳の挑戦。)
         かもめ食堂(2006年、メディア・スーツ) http://www.kamome-movie.com/ ? 監督・脚本:荻上直子  原作:群ようこ 出演:小林聡美、片桐はいり、もたいまさこ、ヤルッコ・ニエミ、タリア・マクルス、    マルック・ペルトラ、他     
かもめ食堂 (ドリアンいいたい放題)
とってもよいです! 本日劇場にて鑑賞 とりあえず、平日昼間なのに 満席立ち見の観客の多さにびっくり!! 私は、早めに行っていたのでベストポジションに 座ってみることができました。 あんまり期待していなかっただけに 何でこんなに人がいるのだろ??
『 かもめ食堂  』 (やっぱり邦画好き…)
 公式サイト 映画 『 かもめ食堂  』  [ 劇場鑑賞 ] 2005年:日 本   【2006年春ロードショー】  [ 上映劇場  ] 監 督:荻上直子 脚 本:  〃 原 作:群ようこ [ キャスト ] 小林聡美 片桐はいり もたいまさこ ヤ
北欧雑貨に注目♪「かもめ食堂」 (CouchCinema*カウチシネマ / b)
昨年の夏、子供と「デンマークのデザイン展」のワークショップに 参加してからデンマークを含む北欧デザインが気になってます。 なにより色がきれい、シンプルなんだけどあたたかさがあり, かわいいんだけど子供っぽくなく、毎日使える手軽さがありながら、 センスがいい!
かもめ食堂(映画館) (ひるめし。)
ハラゴシラエして歩くのだ。 CAST:小林聡美/片桐はいり/もたいまさこ/ヤルッコ・ニエミ/タリア・マルクス 他 ■日本産 102分 ♪♪♪誰だ、誰だ、誰だ~♪♪♪ ガッチャマン世代の人だったら誰もがサチエに教えてあげたかったはず!? 小林聡美さん、片桐はいりさん
『かもめ食堂』 (cinnamon's slow life)
『かもめ食堂』 を観に銀座まで。 予想外に混んでいる館内に驚きつつもゆったりと鑑賞。 たくさんの笑いがちりばめられていて、観終わったあとは晴れやかな気分に そして、美味しそうな食堂メニューにおなかがペコペコになってしまいました。 おにぎり・鮭
かもめ食堂 (Evenkeel news)
シネスイッチ銀座 にてcinnamonさん と かもめ食堂 を観てきました 監督は荻上直子さんです。 (“やっぱり猫が好き2005”の脚本家) “やっぱり猫が好き”を私はあまり知らないのですが、 フィンランドに多少憧れがある私なので、 ヘルシンキで撮影された
かもめ食堂@シネスイッチ銀座 (ソウウツおかげでFLASHBACK現象)
小林聡美は無粋に無縁。彼女が演じた主人公サチエもまた、いなせな女性だった。フィンランドでかもめ食堂を経営するサチエだが、客は一人も来なかった。それでも「毎日真面目にやっていればお客は来る」といって、いつしか食堂は満席になる。サチエの詳細は明かされない。な
かもめ食堂 (あ~るの日記@ココログ)
映画『かもめ食堂』を観た。 群ようこの書き下ろし原作小説を、『バーバー吉野』の荻上直子監督が小林聡美 、片桐はいり 、もたいまさこの個性派三人を主演に映画化。 ヘルシンキでサチエ(小林聡美)が営業する客の入らない「かもめ食堂」(純日本食)を舞台に、客として訪
カモメ食堂 (Saturday In The Park)
 日本  監督:荻上直子  出演:小林聡美      片桐はいり      もたいまさこ      マルック・ペルトラ   フィンランドのヘルシンキでかめも食堂という小さな食堂を営む日本人女性サチエ。 シンプルなおにぎりを看板メニューにフィンランドの人にも
かもめ食堂 (まったりインドア系)
  以前、久米宏のニュースステーションで、久米が著名人に「亡くなる前に最後に食べたいものは何か?」というテーマでインタビューする「最後の晩餐」というシリーズ企画があった。「最期ぐらい豪勢な食事を!」と望む人もいれば、「長年親しんだ“おふくろの味”がい
かもめ食堂 (こころのあなうめ)
観てまいりました!11:10からの回を見ようと思っていたのに売り切れだった・・・
かもめ食堂 (とにかく、映画好きなもので。)
   それは、フィンランド、ヘルシンキの街中にある小さな食堂。  メインメニューはおにぎり。    サチエさん(小林聡美)は、お客さんが中々やってこない中で、一人のんびり店を構えていました。  ある日、初めてのお客さんトンミがやってくる。
*かもめ食堂* (Cartouche)
{{{ 東京から10時間、日本から最も近いヨーロッパの国、フィンランド。 そんな何だか遠くて近い国でひそかに誕生した映画「かもめ食堂」。 フィンランドの首都ヘルシンキは青い空にのんびりとかもめが飛び交い、 ヨーロッパ各地からの客船が行き交う美しい港町です。 そ
かもめ食堂 (ダラックマ日記)
シネスイッチ銀座で【かもめ食堂】 を観てきました。 早めに行こうと思って出かけたんですが、野暮用に時間がかかり 到着したら、観たい回は既に立ち見ですと・・・・ でも、これを逃すともう観ないんじゃないかという気がしたので(そんなことはないだろうけど) 頑
かもめ食堂 (☆Happy diary☆)
公開初日から見たかった「かもめ食堂」。 ついに会社帰りに見に行きました。 終わって速攻で行ったので、無事いい席をゲットできました。 (しかし、のっぽのおじさんが前だった…、トホホ) 小林聡美、片桐はいり、もたいまさこの3人が出て、面白くないわけがないわけで
【映画】かもめ食堂 (セルロイドの英雄)
2005年日本監督)荻上直子出演)小林聡美 片桐はいり もたいまさこ ヤルッコ・ニエミ タリア・マルクス マルック・ペルトラ満足度)★★★★★ (満点は★5つです)シネスイッチ銀座にて フィンランドの首都ヘルシンキでサチエ(小林聡美)が街の片隅で開いたかも
45、かもめ食堂 (あんず・いちご・うめぼし 時々ミドリくん)
 「かもめ食堂」 ・・・埼玉は今日から公開!! たったいま見てきました!! 前から絶対に見たい!とは思っていましたが、萌さんところで記事読んで、それに対するTOMOさんのコメント見て、ますます見たくなり行ってきました。 すっごく良かったです。 内容はもちろん、家
かもめ食堂 (映画を観たよ)
スナフキンとミイは兄弟だって知ってました? これ知らなかったから、びっくり!でした。 好き!温かくてゆるゆる~ふわふわで腹が空く映画でした。 この映画が持っている空気はとても穏やかで何だか可笑しい優しいです。 フィンランドを舞台に3人の女性とかもめ食堂で毎日
[ かもめ食堂 ]おいしい時間、ありがとう (アロハ坊主の日がな一日)
[ かもめ食堂 ]@銀座で鑑賞。 スローライフな国、フィンランド。すべてがゆったり、ゆ っくりしている。時間に追われていない。仕事のために走 っている人もみかけない。のどかな国である。 そんな場所で、「かもめ食堂」という小さな食堂をオープン する日本人
かもめ食堂 (It\'s a Wonderful Life)
「明日地球が滅亡したら何をしたい?」 うーん、ぱっと浮かびませんが、何食べる?なら 塩ジャケ、玉子焼き、ゴハン、みそ汁!と答えます。 オニギリ買うときは「シャケ、おかか」は外さないです自分も(笑) フィンランドが舞台のこの作品、昨年いいなぁと思った...
淡々としていても、どこか温かい。『かもめ食堂』 (水曜日のシネマ日記)
フィンランドの首都ヘルシンキで、ひとりの女性が始めた 『かもめ食堂』を背景に繰り広げられる物語です。
「かもめ食堂」大ヒット (映画コンサルタント日記)
3月11日からシネスイッチ銀座/109シネマズMM横浜で先行公開されている「か
久しぶりに映画を観に行きました (やわらかい穴)
水曜日のレディースデーは1000円だからと、先日会社を辞めたばかりの友達に映画に誘われ行ってきた。貧乏な私は、普段だったら1800円も出して観に行けないからな~。毎月1日が1000円なのは知ってたけど、レディースデーがあったとは知らなかった!これから利用しようどう...
なぜ女性が行列なのか? 「かもめ食堂」 (梟通信~ホンの戯言)
かもめ食堂、大人気。特に女性が行列。ゆったりした清潔な映画だ。なぜこんなに女性がつめかけるのか考えてみた。 まず”脱出願望”。なにか”今”から抜け出したい。脱出して自立。本当の自分はこんなはずじゃない。とまで言うといいすぎかな。「やりたいことをやっ
【劇場鑑賞30】かもめ食堂(ROUKALA LOKKI) (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
いらっしゃい(o゜▽゜)ゝ♪ ハラゴシラエして歩くのだ。 かもめ食堂。 それはフィンランドの ヘルシンキにありました。
かもめ食堂:本日も満員御礼なり (「朱雀門」という方法・第2章)
★監督:荻上直子(2005年 日本作品) 京都シネマにて鑑賞。 実は3月25日、...
かもめ食堂 (Alice in Wonderland)
プリティ・ヘレンを観る為の時間潰しに入ったこの映画ですが・・・劇場は立ち見が出るくらいの大盛況だったし映画も最高によかったです。会社帰りの金曜日に心癒され、なんだか豊かな気持ちになって劇場を後にしました。 群ようこが本作のために書き下ろした小説を、『...
かもめ食堂・・・・・評価額1800円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
なんだか「ふわ~」とか「ほへ~」とか脱力系の擬音が出ちゃいますな。 この心地よさは一体何だろう。 友達の家でも彼女の家でもいいや、自分が凄くリラックスできる空間で、腹八分
ゆったりと時は流れて (微動電信)
かもめ食堂 荻上直子 ★★★★☆ 先入観をはるかに超えるマッタリした空気感は、小津映画を初めて観た時に感じたスローペースへの戸惑いにも似たインパクトに近くて、まさしく映画の未来を予感させる新鮮なシネスタイル。ちまたに氾濫気味の\"スローフード\"、\"ロハス\"や
【映画】かもめ食堂 (かりめろ日記)
■観覧場所 名演小劇場■ ■脚本・監督 荻上直子■(←【恋は五・七・五(2005)】) ■原作 群ようこ■ ■cast 小林聡美 片桐はいり もたいまさこ ほか■ ■Introduction■ 東京から10時間、日本から最も近いヨーロッパの国、フィンランド。 そんななん.
かもめ食堂 (日々映画三昧)
オフィシャルサイト → かもめ食堂 フィンランド、ヘルシンキの街角でオープンした小さな食堂。主は日本人女性のサチエさん。メインメニューはおにぎり。でもお客さんはなかなかやっ
『かもめ食堂』 (京の昼寝~♪)
それはヘルシンキにある食堂でした。こころをこめた「いらっしゃいませ」とおにぎり。毎日ふつうで、おいしくて、小さいけれど堂々としていました。 ■監督・脚本 荻上直子■原作 群よう子(「かもめ食堂」幻冬舎刊)■キャスト 小林聡美、片桐はいり、もたいまさこ、マ
「かもめ食堂」 (Happy Lifeのススメ)
「フィンランドのヘルシンキに1ヶ月前にオープンしたばかりのかもめ食堂。1ヶ月の間
★「かもめ食堂」 (ひらりん的映画ブログ)
小林聡美主演。 全編フィンランド・ロケで作ったらしいね。 共演は、片桐はいり、もたいまさこ・・・すんごいオバサン・トリオ。
『かもめ食堂』を観た (★CAFE COURONNE★     器用ビンボーの戯言)
前評判が高かった。カモメ食堂を観に行った。 元々、『やっぱり猫が好き』から小林聡美という女優さんが好きで、 ドラマ見たり、彼女の書いたエッセイを読んだりしていました。 舞台になったフィンランドは、数年前に行って以来、 もう一度訪れたい外国のひとつとなって
かもめ食堂 (映画評論家人生)
梅田ガーデンシネマ 私は監督の前作「バーバー吉野」をまったく評価していない。奇抜なアイデアだが、も
かもめ食堂 ( m e r c i *)
もしも、かもめ食堂が近くにあったら毎日行くと思います、絶対。 そして、通っているうちに「お手伝いさせてください」とお願いしてしまうと思います。 とにかく、あの空間に居たいと強く望んでしまいそうです。 かもめ食堂という名の小さな空間で、日々を丁寧...
「かもめ食堂」 (「人生楽ばかり!」ティアラのブログ)
映画「かもめ食堂」を見てきました{ペンギン} <リンク:http://www.kamome-movie.com/>http://www.kamome-movie.com/</リンク> 大盛況で、あまりの人の多さに、急遽追加された その日の最後の回の券をなんとか入手、見てきました{走る} <太><色:#330099>フ ...
シネマ日記 かもめ食堂 (skywave blog)
潔い意志のすがすがしさを、ヘルシンキの空に見たような気がします。 舞台が美しい。ヘルシンキの落ち着いた町並み。和食食堂の店内。主人公サチエの居間やリビング。調度品の北
「かもめ食堂」 楽しげにしてれば、きっと上手くいく (明日へのヒント by シキシマ博士)
また、素敵な邦画に出会えました。 荻上直子監督作品「かもめ食堂」です。 実は、観たのは先週木曜(11日)だったのですが、雑多な用事に追われてなかなか記事にできずにいました。 やっとアップできることが嬉しくて、ウキウキしてしまいます。
かもめ食堂 (ようこそ劇場へ! Welcome to the Theatre!)
「ruokala lokki」。監督=荻上直子。原作=群ようこ。オール・フィンランド・ロケによる「心のこもった」日本映画であり、フィンランド映画でもある。「いらっしゃいませ!かもめ食堂へ!」☆☆☆☆☆!!
【劇場映画】 かもめ食堂 (ナマケモノの穴)
≪ストーリー≫ フィンランド、ヘルシンキの街角でオープンした小さな食堂。主は日本人女性のサチエさん。メインメニューはおにぎり。でもお客さんはなかなかやってきません。サチエさんは扉が押される日を待ちながら、食器を磨き続けます。ある日、ついに初めて ...
『かもめ食堂』 (アンディの日記 シネマ版)
笑い度[:ラッキー:][:ラッキー:][:ラッキー:]        (公式サイト) (公式ブログ) 癒し度 [:おはな:][:おはな:][:おはな:][:おはな:] 映像美[:結晶:][:結晶:][:結晶:] 満足度[:星:][:星:][:星:][:星:] 【監督】荻上直子 【脚本】荻上直子 ...
かもめ食堂 (欧風)
今月はまだ映画については書いてなかったですね~。まあ、青森に来ても映画が観られない訳ではなく、ちょっと遠いけどイオンのシネコンがあるし、片道2時間弱掛かったけど(^_^;)、試写会にも行ったし。 でもやっぱりシネコンだとホントにメジャーな作品しかや ...
かもめ食堂 (オイラの妄想感想日記)
何も起きない、でもほんのりとした優しさと異国の雰囲気が良かった。 妄想感想いきます。
「いいんじゃないですかあ」かもめ食堂 (don\'t worry!な毎日)
 念願の念願の「かもめ食堂」を見た。 しみじみとして、ほのぼのとして、優しい映画だった。  舞台はフィンランド。首都ヘルシンキの街角で「かもめ食堂」というお店を開いている 小林聡美。この食堂の一押しはおにぎりだ。 開店して一ヶ月だが、お客さん ...
かもめ食堂 (PLANET OF THE BLUE)
これも先月に見た映画。 父がたまたま原作を読んで、誘われたので見に行きました。 見に行く前日に、テレビで取り上げられたこともあり、ミニシアターが超満員。 大変な盛況ぶりでした。 ストーリーは・・・    フィンランドで日本食をメインとした ...
映画 『かもめ食堂』 (Death & Live)
"このBlogは重めのネタが多いので、ここらでちょっとほのぼと...(笑) 先月観た映画。 Finlandでの公開も決まったらしいですね。" 『かもめ食堂』 2005年 ruokala lokki 監督 : 荻上直子 まったく・・・・・・、いいよ。 おもしろ ...
NO.155「かもめ食堂」(日本/荻上直子監督) (サーカスな日々)
たった2館で上映された「かもめ食堂」は、 女性たちの先進的な意識にシンクロした。 もともと東京と横浜の、たったふたつの単館で、この作品は上映された。多くのミニシアター系映画と同様に、評判がよければ、上映期間が延長されたり、上映館数が拡大されたりす ...
かもめ食堂 (銅版画制作の日々)
「キートス!」と小林聡美扮するサチエが、かもめ食堂に来店するお客さんに声を掛けます。「キートス!」はフィランド語でありがとうという意味です。実は私事ですが・・・昨年の初夏この映画の舞台となったフィランドへ、トレッキングで10日間の旅行をしました ...
かもめ食堂(06・日) (no movie no life)
途中から、毎回訪れる「豚身・昼斗念」のTシャツの柄が気になって仕方なくなってきた私・・・もうかなりハマっていました。いや、ガッチャマンのつかみから持っていかれたというべきか・・・ 丸々と太ったかもめの住む国、フィンランド。 そこで和食のお店「か ...
『かもめ食堂/ruokala lokki』 (路上の風景~landscapes on the road)
かもめ食堂(日本/2006) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄この映画には書きたいことがあって困ってしまいます.思いついたままに書いてみます. ある夏の日,ある日本人女性が外国に日本食の食堂をオープンし,そこで起きる出来事を描いた作品です.どこかにありそうなスト ...
人生の達人「かもめ食堂」 (再出発日記)
監督・脚本:荻上直子出演:小林聡美、片桐はいり、もたいまさこ、マルック・ペルトラ、ヤルッコ・ニエミ「知ってた?(ムーミンの)ニョロニョロは電気を食べて生きているんだって。知っているようで知らないことって多いよね。」とミドリさんは言う。サチエさん ...
かもめ食堂 ruokala lokki (あいりのCinema cafe)
監督:萩山直子原作:群ようこ出演:小林聡美(サチエ)片桐はいり(ミドリ)もたいまさこ(マサコ)  
「かもめ食堂」を観た! (とんとん・にっき)
シネスイッチ銀座で、「かもめ食堂」を観ました。以前、観たいと思ってネットで検索したら、映画館での上映はもう終わっていました。遅かりし由良の助。最近、どうしても観たくて、また調べてみたら、下記のように書かれていました。 ◎大ヒット御礼により、シ ...
かもめ食堂 (いつか深夜特急に乗って)
「かもめ食堂」★★★★★ (京都シネマ1)2005年日本 監
かもめ食堂に行ってきたぞぃ! (スウェーデン不定期通信でした。)
というわけで、前回からの続きです。 ヘルシンキのかもめ食堂に行ってきました。 前回(かもめ食堂のDVD発売について)のブログはこちら。 かもめ食堂という映画を見に行った時のブログはこちら。 かもめ食堂はKahvila Suomi(カフェ フィンランドという意 ...
荻上直子「かもめ食堂」 (Mani_Mani)
かもめ食堂バップこのアイテムの詳細を見る 2005日本 監督・脚本:荻上直子 原作:群ようこ 音楽:近藤達郎 エンディングテーマ:井上陽水 出演:小林聡美、片桐はいり、もたいまさこ DVD発売ほやほや。 フィンランドの一角に小さな和食の食堂「かも ...
かもめ食堂 (ケントのたそがれ劇場)
★★★★  フィンランドは国の3分の1が北極圏に位置し、「オーロラ」や「白夜」で有名ですね。そして観光客の大半が日本人だという。 その首都へルシンキの街角に、開店した日本人サチエさんの食堂。それが『かもめ食堂』なのです。 かもめ食堂 販売元:バップ ...
「かもめ食堂」レビュー (やっちんがゆく!!)
かもめ食堂観たよ。 この映画はフィンランドが舞台やったとね。 しかし北の果ての異国の地で女性が一人で食堂を開くなんざ無理やろうと ...
『かもめ食堂』 (シネマな時間に考察を。)
ヘルシンキで出会う3人の女性たちが紡ぐスローライフのすすめ 『かもめ食堂』 2005年/日本/102min 監督:荻上直子 原作:郡ようこ 出演:小林聡美、片桐はいり、もたいまさこ、マルック・ベルトラ 【story】北欧フィンランドの港町ヘルシンキの街角に、日本人女性...