広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

時を止めて

2010年09月16日 13時42分17秒 | 大学仲間
ひとつずつばら撒いて片づけ
生まれて死ぬまでのノルマから

紙のような翼ではばたき
どこか遠いところまで

作詞:草野正宗


水曜日。

三重ーズの三人と岐阜のヒゲが例によって、
25時過ぎというド深夜に俺んちにやってくる。

やつらはそれまでBBQをやっていたらしい。
ほんの5日前にやったばっかだろーが笑

「最近、ホントによく俺んちに来るね」

「嬉しいくせに!」

ホントに、その通りである。

彼らに限ったことじゃないけど
電話があるだけで、なんだかワクワクしちゃったりするのである。

麻雀して、

休む人はミサンガを作り、

ヒゲの綺麗な数え役満を目の当たりにし、

朝方、記者会見ごっこをして眠りにつく。


午後からゼミがあるらしいヒゲは、
寝起きのあっちゃんにそそのかされ

体調不良になってゼミを休むことに決め込む。

「それでええやん」と言うあっちゃんがなんだかとっても冷静。

ヒゲに限らず全員大学行くつもりもなく、
昼飯食って「何しようか」と考えて

ゴルフの打ちっぱなしに行こうってな話に。

ゴルフとか、大学1年時の集中講義以来。

久々過ぎて授業で習ったこととか全く覚えてませんでした。

球技全般苦手なイメージのあるR吾は、
ゴルフ初めてなのにやってるうちに意外と打てるようになってた。


「ここは日本で一番岐阜に近い場所」

なんて三重ーズが言いつつ、ヒゲを駅まで送った後は
また4人で俺んちでグダグダっとしてた。

夕飯にブロンコビリー。

自宅からかなり近い位置にある店舗だけど
もしかしたらここに来るのは初めてかも。

3年半前にあっちゃんが展開してた、
マイナス12分の1に収束する話と、大人帝国の話を

再び聞くことになるデジャブ。

スピッツの「ホタル」という曲のアルペジオを練習してみたが、

本当に時を止められたらいいのにと思える今。


でもそれは幻
ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 寂しさに付き合わせる | トップ | たまらん秋風 »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (a)
2010-09-16 20:06:53
いつも楽しく見させていただいています。
大学・大学院・就活2chまとめの管理人をやっているものです。
今回は相互リンクのお願いをしたくコメントしました
URLは、
http://daigakuinn.blog.shinobi.jp/
になります
よろしくお願いします

コメントを投稿

大学仲間」カテゴリの最新記事