塚田盛彦のつれづれなるままにサッカー

世界中で親しまれているサッカー。このサッカーをフィルターとして、人間社会の構造に迫っていきたいと思います。

企業にとって今の日本代表は凄く魅力的ではなかろうか

2018-10-16 22:40:34 | 日記
 今の日本代表、特に攻撃の選手たちは大胆でもあり、柔和でもあり表情が豊かですね。

 どうでしょう、スボルメやアスレタ、アシックスやミズノなどは彼らに契約の打診をしてみてはどうでしょうか。

 当然金銭面での交渉は必要になりますが、やはり契約選手が新作を愛用して意見を発することは意義がありますよね。

 中島と南野はアディダス
 室屋と堂安はナイキ

 という具合にビッグ2がしっかりと彼らを囲んでいるわけですが、国内市場でのシェアを盛り返すには、彼らの獲得は有効ではないでしょうか。

 アシックスがプレイヤーズ・エクスクルーシブで大迫に緑のDSライトを供給しているように、皮肉な見解ですが契約選手が多すぎないことを逆手に

 1・選手のために徹底的なカスタマイズが可能である
 2・市販予定のない、純粋な自分専用モデル

 という点は、凄く魅力的だと感じます。

 それはロット、ディアドラ、ヒュンメルなど外資も同様かもしれません。

 ヒュンメルが日本ではINAC神戸やV。ファーレン長崎
 ディアドラがバスコ・ダ・ガマ

 と契約しジャージを提供しているように、一定の供給があることは間違いありません。

 しかし日本市場はある種特殊で、サッカー・ジャンキーのようなファッションからサポートする企業もあれば、ガビックのようにフットサルもサポートし始めた企業もあります。

 契約選手の数、スパイクの種類がすべてではありません。

 ただ市場に食い込むにはやはり資金を注入するひつようがある、そんな気がします。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« ウルグアイ戦雑感 | トップ | 改めて思うウルグアイサッカ... »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事