塚田盛彦のつれづれなるままにサッカー

世界中で親しまれているサッカー。このサッカーをフィルターとして、人間社会の構造に迫っていきたいと思います。

僕たちが選手を判断する材料とは

2018-10-18 01:55:23 | 日記
 僕たちファンが選手に対する印象は、インタビューにおける質疑応答と試合でのプレイだけでなく、移動中の姿やスパイクからも受けやすいものです。

 今サッカーを好きになった方は、メッシがデビュー当時アディダスではなくナイキを愛用していたことはしらないでしょうね。

 それは香川真司がミズノを履いてセレッソで奮闘していたこともそうですが、駆け出しのころからブランド契約はそう簡単には起きないことを意味します。

 ナイキはバルセロナと契約していますし、セレッソは当時ミズノからジャージの提供を受けていました。

 ですから必然的に用具は、クラブをサポートする企業からの支給品になったのでしょう。

 モナコのコーチに就任したティエリ・アンリ。

 恩師ヴェンゲルも彼の素質を認めています。

 彼は晩年プーマと契約し、モナコに復帰した今もプーマで練習に臨んでいるようです。

 しかし、僕はアンリに対してプーマの印象が薄いのですよ。

 モナコ時代はアディダス
 アーセナル時代はナイキ
 バルセロナ時代はリーボック

 とアンリはスパイク契約を随分変更してきました。

 とりわけベルカンプと素晴らしい連携を築きあげ、2004年アーセナルの無敗優勝に貢献した時代のナイキ、その印象を強く持っています。

 ロナウドのように一貫してナイキを履き続け、与えられたマーキュリアルの中で、この年のデザインと彼の活躍が印象深い、という例もあると思います。

 日本代表青山のように、モレリア2を常に履き続けていることで周囲に認知されている選手もいれば、柴崎のようにアディダスからアンブロに移籍し、自身が手掛けたデザインでスパイクが生まれる例もあります。

 選手に対しての印象は、やはり個人差があるのは否めませんね。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 日本代表、バリューはあるの... | トップ | ベストセラーだからと安心で... »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事