塚田盛彦のつれづれなるままにサッカー

世界中で親しまれているサッカー。このサッカーをフィルターとして、人間社会の構造に迫っていきたいと思います。

もし自分の愛用品が廃盤になったなら

2018-03-14 01:26:04 | 日記
 サッカーに限らず、勝負事は勝たねばならないという文言があります。

 ガンバが開幕3連敗で苦しんでいるのは、彼らがJ1屈指のアカデミーを持ち、多くの優勝を味わってきたからこそ、敗北の味が他のクラブよりも重くのしかかるためです。

 一方、スパイクは売れなくては意味がないのでしょうか。

 どんなブランドでも新商品と廃盤品はあるわけですが、廃盤品の決定は

 1・単純に売れ行きが思わしくないからなのか
 2・製造過程では浮彫にならなかった、品質と機能の問題なのか
 3・シリーズ化に至らない可能性が高いためなのか

 作り手側から発表があればよいのに、とも思います。
 
 ヒュンメルが「ヴォラート」に何らかの不具合を見つけ、回収、改善し、再度発売にこぎつけたように、デザイナーや工場の生産者など、彼らの努力が実り履けるようになることは、やはり凄い事だと思います。

 一方で製品づくりの難しさもありますよね。

 僕たちは「PL法」という法律で護られていますが、一方で廃盤品をこよなく気に入っている方がいれば、昨今のサイクルの短さは気になるとことでしょうか。

 スパイクとジャージには

 1・メモラビリアという古楽商品
 2・自分で選手にサインを求めたもの

 もありますし、ファンにとってかけがえのない形もありますよね。

 そのファンは選手を見ながら、彼らが愛用するジャージとスパイクにも気持ちを馳せており

 「ああ、あの時こんなスパイクがあったねえ」

 と振り返る楽しみもあると思います。

 こうしたファンの気持ちが、復刻版の販売理由になるとすれば、作り手にも制作のヒントになるのではないでしょうか。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 惜しまれながら去るという気持ち | トップ | レッズの調子があがらない理... »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事