塚田盛彦のつれづれなるままにサッカー

世界中で親しまれているサッカー。このサッカーをフィルターとして、人間社会の構造に迫っていきたいと思います。

日本、8強進出を願うのは虫がよすぎるだろうか

2018-07-03 01:34:43 | 日記
 日本代表がベルギー代表を下して8強でブラジルと戦う。

 僕たちが描く展開は、やはり理想を追い求めすぎている面は否めません。

 ブラジルに敗れたメキシコ代表は、何と今回の敗戦で7大会連続で16強どまりというから驚きです。

 逆に言えば、それだけメキシコには予選を突破する力がある、という意味もあるわけですが。

 メキシコと言えば

 1・ホルヘ・カンポス、ウーゴ・サンチェス、ラファエル・マルケスにドス・サントスと国を代表する選手が存在した
 2・中米の猛者として、過去2回の自国開催を開くほど、サッカーが国民に浸透している
 3・2012年のロンドン五輪では金メダル

 というように、育成やファンの熱狂度だけをみれば、ブラジルにもひけはとらない、「はず」なんですけどえ。

 ブラジルも幾度となく手痛い敗戦は経験していますし、何より

 「欧州よりになるのか、ブラジルらしさで戦い続けるのか」

 で悩んできました。

 1990年のワールドカップは3-5-2
 1994年のワールドカップは優勝するも守備偏重
 1998年のワールドカップはロナウドと他の10選手
 2002年のワールドカップは優勝するも、対戦国に恵まれただけとやっかみの声あり
 
 など、ブラジルは優勝してさえ、万雷の拍手が贈られるわけではないわけですよ。

 日本が過去に4強進出を果たしたベルギーに勝つことは、虫が良すぎるよとメキシコは警鐘をならしている気がします。

 一方で勝てば、アジア全土で傑出した体験を得られることも事実です。

 もし8強に進出すれば、もう日本中が狂乱に陥ることはないでしょうし、それを見たいと思う気持ちは充分にあります。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 日本代表、ロシアでの冒険は... | トップ | ロシア・ワールドカップから... »

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (A.I.)
2018-07-03 19:02:11
お元気ですか?大好きな塚田さんの本、探して買っちゃいました♡
INTERISTA よかったです♡

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事