塚田盛彦のつれづれなるままにサッカー

世界中で親しまれているサッカー。このサッカーをフィルターとして、人間社会の構造に迫っていきたいと思います。

村井チェアマン、ニュースプライムから取材を受ける

2018-05-23 01:20:44 | 日記
 フジテレビの「ニュースプライム」で、司会の椿原慶子さんがJリーグの村井チェアマンにインタビューする姿が放映されました。

 村井チェアマンの姿勢を見ると、今僕が読んでいるハヤカワ書房「女王陛下のおユリシーズ号」の主役、ヴァレリー船長と姿が重なります。

 通常、頭領とか指揮官と呼ばれる人物は

 「叱咤激励し、自分が先頭にたって行動する姿を見せる」
 「戦況を見つめ、今どのような分岐点にあるのか適切に判断する」

 姿が求められたきたように思います。

 しかし、ヴァレリー船長も村井チェアマンも、これらの固定観念とは姿勢が異なります。

 簡単に言いますと

 「周囲が気兼ねすることなく、のびのびと仕事にまい進できる環境を提供する」
 「そのためにはミスをしても良い、という空気を作る」

 という形ですね・

 僕の勤務先でも「PDCA]は当然入社直後に資料が配布されますし、僕も基本は

 「こんな失敗をしたことがあったよ」

 と、成功例よりも失敗したときの気持ちや心の持ちようを伝えるようにしています。

 村井チェアマンは「PDMCA」、ⅯはミスのⅯなのですが、どうして上手くいかなかったのか、反省材料として捉えたらよいではないか、という柔軟な形でJリーグを見ています。

 ダ・ゾーンとの契約や公式アプリの開発など、機械音痴の僕からすると難しい、でも最先端の技術を取り入れていることが、今後大きく実るときが来ると思います。

 一方で老人のように、スマートフォンに不得手であろうファンに対してどう対応するのか、この点も課題として残っているようにも感じます。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 一人のスターか、それとも十... | トップ | 本物が安く買えた時のうれし... »

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2018-05-23 21:36:55
失敗しかないですやん

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事