塚田盛彦のつれづれなるままにサッカー

世界中で親しまれているサッカー。このサッカーをフィルターとして、人間社会の構造に迫っていきたいと思います。

代理人という仲介役を改めて考える

2017-10-09 00:30:10 | 日記
 独身の男女が交際相手を見つける際は、職場という場所が適していると言います。

 僕の両親もそうですし、上司でもそのような方がいらっしゃいました。

 中には新入社員で同時採用され、その時から交際が始まっていた、という事例も見てきましたが、昔ながらの見合いの風習もあれば、よく見かける具体例に

 「友人の紹介で知り合った」
 「共通の知人がいたことで、交際に発展した」

 という物がありますね。

 友人、知人がひとりもいない、先輩、後輩、同期で親しい人間も存在しない僕からすれば、サッカー・スタジアムで家族連れ、恋人同伴で観戦している方を見ると凄いねえと思いますし、

 「俺が出生率の低下に拍車をかけているな」
 「俺みたいな人間が半人前というのだな」

 と気持ちが暗くなります。

 友人、知人が仲介したということを考慮すれば、選手にとって代理人はクラブとの仲介役として本当に大切な存在です。

 ブンデスリーガで日本代表選手たちが躍動することで、トーマス・クロートの存在がドイツ国内でも大きな脚光を浴びたように、選手を安値で連れてくることで代理人の株が上昇します。

 中田英寿がペルージャからローマ、ローマからパルマとまるで出世魚のような、移籍金の高騰を見せた際も代理人であるブランキーニの存在が鍵となりましたよね。

 一方でライオラやメンデスが批判を浴びるのは、選手の将来や適性よりも

 「クラブを牛耳ることで移籍を容易にする」
 「手数料という自分の報酬を稼ぐため」

 という違和感が残るためでしょうか。

 ネイマールの代理人は父親で、バルセロナからボーナスの支給が無いとパリに移籍した今も、バルセロナとの間にしこりが残っています。

 噂の域を超えませんが、ネイマール自身もバルセロナが今季のチャンピオンズ・リーグに出場できない措置を願っていると感じているそうですが、ここまでくると代理人と選手が一定の線を越えてはならない。

 そう痛感する次第です。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« バイエルン、来季の指揮官は... | トップ | 監督が頭を丸めること »

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2017-10-09 13:01:57
?

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事