塚田盛彦のつれづれなるままにサッカー

世界中で親しまれているサッカー。このサッカーをフィルターとして、人間社会の構造に迫っていきたいと思います。

ドルトムント、ボス監督を更迭へ

2017-12-10 22:02:36 | 日記
 ドルトムントがピーター・ボス監督を更迭しました。

 僕が「更迭」という漢字と読み仮名をしったのは、1997年のアジア最終予選で加茂監督更迭、という報道であり、以降、監督という言葉と更迭という言葉は、セットで語られることがおおくなりました。

 それだけサッカーでは監督は更迭の対象になりやすいのでしょうね。

 さて、ドルトムントは今季の最終目標をどうすべきでしょうか。

 バイエルン・ミュンヘンは、レバンドフスキがクラブ首脳陣の補強策に不満を漏らす、またアンチェロッティ政権から隠遁していたハインケス政権へと、時計の針を戻すこととなりました。

 既に引退していたハインケスが、監督就任を受け入れたのは

 1・2013年の3冠を達成した際の選手が多く揃っていること
 2・契約1年で終了する

 という2点が大きいと思います。

 つまりバイエルンも来夏には新監督を選出しなくてはいけませんし、ノイアーを軸とするドイツ代表の主力たちは、当然ワールドカップの疲労を取り除くため、遅い休暇となり合流が遅れます。

 ドルトムントも新監督のシュテーガー氏との契約はバイエルン同様今季終了までとなります。

 クロップの下でリーグ2連覇を達成したころは

 「ドルトムントは遂にバイエルンを慌てさせた」
 「彼らには未来がある」

 と大いに称賛されたものですが、2017年の現在では両クラブの関係は以前と同様になりつつあります。

 ドルトムントが今後もバイエルンの脅威になるためには、来夏の新監督選出はおざなりにしてはいけません。

 ファンからすれば出戻りの形のゲッツェにフンメルス、そしてレバンドフスキと移籍内容も不満の対象ではあるのでしょうが。

 
コメント

レッズがウイダード・カサブランカと対戦する意義

2017-12-10 16:42:22 | 日記
 敗北でやるせない気持ちのレッズのファン、選手たちに「見方を変えましょう」と部外者が説いても意味はないでしょう。

 しかし、アフリカ王者であるモロッコのウイダード・カサブランカを対戦できることは、モロッコの日本の距離という物理的要素を考えれば、それはそれで価値があると感じます。

 モロッコは2018年ロシア大会に1998年フランス大会来の出場となります。

 現在の主力はローマ、バイエルン、そしてユヴェントスに在籍経験を持つセンターバックのベナティアが有名ですが、1998年当時は

 ムスタファ・ハジ コベントリーシティに在籍
 ナイベト スパーズに在籍

 という華のある選手がいたものです。

 現在はアディダスからジャージの供給を受けていますが、当時はプーマだったと記憶しています。

 アフリカと僕らは単純に括りますが、モロッコのような北部の代表と、ナイジェリアやカメルーンに代表される中央のブラックアフリカ、ジンバブエや南アフリカなどの南部の代表では、戦術も人種の混合率も大きく変化します。

 また、ブルキナファソやマリのような西アフリカも様子は異なるようですし、アジアが西アジアのイラン、極東の日本、東南アジアのタイというように、背丈と骨格が異なる事でも同様です。

 ワールドカップでセネガルと対戦する日本ですが、代表、クラブのいずれもアフリカ代表と戦う機会はそう多くはありません。
 
 モロッコの一クラブとセネガルという代表を一概に比較はできませんが、レッズの選手たちが得るものは間違いなくあると思います。

 日本テレビとすれば、本田、グレミオ、レアルが放送のキーワードになってくるのでしょうが。
コメント

レッズ、クラブ・ワールドカップは5位決定戦へ

2017-12-10 15:18:02 | 日記
 負けてしまいましたね、浦和レッズ。

 晴天の中、5万人のファンが沿道でJ1優勝を祝福した川崎フロンターレの溢れる笑顔とは一転、ファンからは堀監督に厳しい指摘が飛んでいます。

 確かにひとつ勝利すればレアルと対戦、という要素が重くのしかかったことは事実でしょう。

 一方でウエブ版のナンバーで指摘があったように、今回のレッズは2007年、翌年のガンバがアジア王者でありながら

 「日本開催というホームの利を活かしたこと」
 「当然、スタンドは観客の殆どがレッズ、ガンバのファンで埋まる」

 という恩恵は無かったわけです。

 レアルとの一発勝負ができなかったこともそうですが、レッズの敗戦は

 1・今後アジア王者として開催国に向かう際、どのような準備を行うべきか
 2・短い滞在期間で、どのような練習、休息をすべきか

 という2点が日本サッカーに与えられた課題と言えます。

 ちなみにレッズファンは

 「4-1-4-1はもう無しにしようや」
 「堀体制で2018シーズン大丈夫だろうか」

 という声が挙がっています。

 一つの勝利で大歓声が起き、一つの敗戦で落胆と失望が起きる、これがサッカーであり、だからこそ監督に求められる資質は多岐にわたります。

 サンフレッチェが毎年起きる選手の移籍に耐えられず、今季すごくもがいたように、レッズが仮に堀監督との契約を再度見直すという形になる心配をするファンもいます。

 レッズが今後、加入が指摘されるヴィッセルの岩波を軸に、どの程度選手の入れ替えを行うのか、この点は注目でしょう。

 補強費用だけで考慮すれば、アントラーズ、フロンターレの方が潤沢のはずですから。
 
コメント

コンビタ社のマヌカハニー・キャンディを購入して

2017-12-10 01:54:38 | 日記
 最近、日本ではニュージーランド原産の「マヌカハニー」の需要が高まっています。

 この「マヌカ」というのは、ニュージーランドで自生している植物で、このマヌカの樹木の花びらから採取されたものがマヌカハニーと呼ぶそうです。

 ニュージーランドでは古来より、先住民が体調を整えるためにマヌカハニーを愛用しており、日本では整腸、殺菌、栄養バランスなど健康に優れた食材という点で需要が高まっています。

 僕はハチミツそのものではなく、マヌカハニーを用いたキャンディを今週から舐め始めました。

 銘柄はマヌカハニー・キャンディの代名詞である、コンビタ社のものですが、正直言いましてこれも「見切り」品で定価よりもかなりの格安で二袋、購入に至りました。

 今、日本では東アジア4か国で争うE1選手権が開催中であり、日本代表スポンサーであるファミリーマートでは、この大会のポスターが確認できます。

 僕は仕事のため、北朝鮮代表との試合を見ていませんが、やはり新顔だらけということもあり

 「極度の緊張感」
 「オートマティズムが見られない」

 というお寒い内容だったようですね。

 思い出すのは2003年の東アジア選手権のころ、突如「サーズ」という新型の肺炎が流行したことです。

 成田空港のような海外から多くの乗客が降りる場所では、入念な管理が行わていたはずですが、同時に日本国内では一瞬にして

 「マスクの完売」
 「アジア圏への渡航禁止」

 という、メディアが湧く格好となりました。

 マヌカハニーがこれらのはやり病はさすがに太刀打ちできなくとも、日々の健康を護る食材であることに間違いはなく、購入した二袋をなめ終えた後も、続けていこうと考えている次第です。
コメント

プロテインでブラックアウト

2017-12-10 01:37:40 | 日記
 ブラックアウトが本来、新しいスパイクを探すための「お試し期間」とするならば、僕は今、様々なプロテインをブラックアウトしています。

 先月購入した「ドーム」が手掛けるプロテインが終わりそうになり、昨日購入したのがアサヒが手掛ける「スリムアップスリム」の黒糖きなこ味です。

 これはスーパーフード、ソイ・プロテイン、そしてコラーゲン入りの筋力をつけるよりも、美容とダイエットの効果が期待できるプロテインなのですが、僕が購入した理由は単純に見切り品で格安だったためです。

 スパイクもテイクダウンを用意すれば様々な購買層が期待できるように、見切りも含めて価格訴求はとても大事だと感じます。

 日本市場でプロテインといえば、明治のザバス、森永のウイダーが有名です。

 ウイダーはせりー状で通常のプロテインとより高額のスーパー・プロテイン、チョコレートバー・タイプなど、外出先でも気軽にプロテインを摂取できる商品があることが魅力です。

 一方のザバスは、最近ミルク・プロテインが15グラム摂取できる紙パック飲料が発売され、新しい市場を形成しています。

 また、オイコスに代表されるギリシャ・ヨーグルトの市場も拡大傾向にあり、日本経済新聞が特集したように

 1・今後、日本全体の医療費の上昇をどう抑えるか
 2・年金も含めた高齢者をどう支えるのか
 3・一人ひとりがより、自身に健康と向き合う時代

 であることを、皆が考えなくてはいけません。

 ちなみにクラブ・ワールドカップに出場する浦和レッズが、過去胸スポンサーがザバスだった時があります。

 ザバスは現在もレッズを支援しており、日本の地から世界一を目指す彼らに大きな声援を送っているに違いありません。
コメント