MSX研究所長の日常

80年代を駆け抜けたオールドパソコンMSXの研究の日々を綴ります。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

フリートコマンダーの謎

2005年02月09日 21時55分23秒 | MSX
MSX2用に「フリートコマンダーII」という作品があります。1990年に発売されたこの作品は「MSXマガジン永久保存版2」にも収録されましたのでご存知の方も多いかと思います。プロトン軍とアルゴン軍の2国が艦艇と飛行機を駆使して戦う戦術級のシミュレーションゲームです。

さてここでなんで「II」なのかという疑問があります。元々「フリートコマンダー」というゲームは月刊アスキー1980年11月号にPC-8001用の作品として掲載されたのが始まりです。これは雑誌掲載のみでしたが、後に同社の「FM-8プログラムライブラリ」に移植版が掲載されています。

元祖「フリートコマンダー」は後の「大戦略」などにも影響を与えた国産シミュレーションの初期の傑作と言われております。しかしなぜ10年もしてから「II」が出たのかというのはサッパリ分かりません。「II」と同時期にファミコン用に「フリートコマンダー」というのも出ていますが、機種別にするために「II」をつけたというのも変な話です。ちなみにこのファミコン版はマップと艦船の模型(というか駒)がついており、やや大型のパッケージであったことも特徴です。

さらに1991年にはゲームボーイ用に「フリートコマンダーVS」というのも発売されています。このパッケージを先日確認したのですが、何とPC-8001版「フリートコマンダー」の掲載時のタイトルと全く同じフォントを使っていたのです!MSX2とファミコンではそれぞれ異なるロゴデザインだったのに、一体何があったのでしょうか。

色々情報を追いかけましたがどうもこの先に進めそうにないのでとりあえず公開しておきます。MSX2版の「II」はアスキーへの持ち込みだったらしいとも聞きましたが詳細不明につき保留。
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 2005年におけるMSXの... | トップ | ピーチアップの貴重な証言 »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
フリコンⅡ (KOIU)
2005-02-09 23:35:00
このページによるとこのアルバイトの方が作られたようなので投稿では内科と思います
ありがたや (研究所長)
2005-02-10 21:39:11
うーん確かに。でも「持ち込みだったよね」って言ってたのもアスキーの人でした。単なる記憶違いか!ああ、つまらなすぎるオチ…。



ちなみにゲームボーイ版はファミコン版とパッケの絵は一緒でした。

コメントを投稿

MSX」カテゴリの最新記事