MSX研究所長の日常

80年代を駆け抜けたオールドパソコンMSXの研究の日々を綴ります。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「画楽多」5本

2005年01月31日 00時30分59秒 | MSX
負けじとMSXの同一タイトルばかりを集めてみる

ああ、懐かしい「画楽多(ガラクタ)」です。今は亡き和知電子工業がMSX2用に発売したお絵描きソフトです。

いかんせんツールとしてデキが良くなかったためにタイトルに恥じない扱いを受け、90年代中頃から数年間、秋葉原の山手線下のガードにある「ニュー秋葉原センター」の店頭でいつ行っても300円で置いてあり、「買っても買ってもなくならない」と言われながら多くのユーザーに愛され続けました(基板が)。一説には100本以上のデッドストックであったと言われています。

私も300円で数本買い求め、「似非RAM」「MEGA-SCSI」などに改造して長い間利用していました。今では製品版のMEGA-SCSIにしていますが、当時の経験は今でも私の財産であります。価格的には今でも300円相当でしょうが、「潰しても惜しくない」というのが最大の価値とも言えます(これが「アレスタ」なんかだと勿体なくてとても改造できません)。


ちなみにこのソフトの面白いところは、メガロムコントローラーを持ちながらメガロムマークが無いことです。確かにこれに使用されているロムは64キロバイトで、1メガビットにあたる128キロバイトに足りないため普通のROM同様のマークがついています。律儀と言えば律儀ですが、それならデータのセーブ形式をちゃんと公開しておけ~と思った記憶が蘇りました。(COPY文形式でセーブされているのは調べがつきましたが、パレットの形式が分かりませんでした)

ところでこのソフトにはサンプルデータを収録したFDが別売りされてましたが、どんなパッケージだったんでしょうか?ちなみに、広告で見たサンプルの一つに当時HARDのCG描きだった「尊辺友(たかべ・ゆう)」氏の絵が入っていたような覚えがあります。この人も今はどうしているのやら。
コメント (1)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« メイド萌えとMSX | トップ | すがやさんがPC-8001... »
最新の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順

コメントを投稿

MSX」カテゴリの最新記事