癌と生きる 依存症と生きる

命がある限り希望を持つということ


広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

依存症と末期がん

2017-06-08 10:43:24 | ギャンブル依存症
ギャンブル依存症対策については
国の方針がこうと決まるまでは
何を言っても、推測の域を出ないのではありますが。

ただこれまで、ギャンブル依存症者や家族の回復は
長い間、ジャパンマックやGAやギヤマノンといった
12ステッププログラムに沿った回復施設や自助グループ
あるいはアルコール依存症の治療の実績がある
数少ない医療機関が担ってきました。


精神福祉センターや保健所に相談しても、そうした医療機関を紹介されるか
本人だったら「GAに行ってください」家族であれば「ギヤマノンへ」と
ほぼ丸投げされていたのが現実でした。
そして自助グループでは「ギャンブルをやめる」ことが大前提です。

国のギャンブル依存症対策の指針がどのようなものになるにせよ
これまで自助グループで回復に取り組んでこられた、本人や家族の人たち
セミナーなどでギャンブル依存症の回復について学んでこられた
援助職の人たちにとって、「ギャンブル依存症は自然治癒もある病気です。
必ずしもギャンブルを止めなくてもいいですよ」という
晴天の霹靂みたいな話が出てくると
とても困惑されるだろうし、混乱もされるのではないかと
いやホント、余計なおせっかいだということは百も承知で
「ギャンブル依存症について、こういう最新の学説
治療法が登場しています」という
情報を発信してみたわけです。

十年前の私が、このニュースを聞いたら
「こんなの絶対業者と医療界と厚労省の癒着だ!」と
頭から火を噴いていたかもしれません。
それが、今では「この話の根拠はなんなのか」を冷静に、客観的に
調べたり考えたりできるようになったので
ずいぶん大人にもなったし、丸くもなったと自画自賛しています。(嘘です)

この変化の根底には、自分ががんという病気になったことも大きく影響しています。
依存症もがんも、科学的なメカニズムは
まだ完全には解明されていません。
だから、がんであれば、新しい学説がでてきたら
新しい治療法やお薬が開発されて、実用化されますが
ステージ4の末期がんが治るというような治療は、まだほとんどありません。

ですから、あとは自分自身の選択になります。
エビデンスに基づいた標準治療
お金に糸目をつけなければ、最新の治療や新薬やオンコロジー
少量の抗がん剤治療や休眠療法
緩和ケアでの疼痛コントロールや放置療法に至るまで
どの治療が可能か、どういう治療を受けたいかを自分で決めるわけです。

依存症も同じで、特にギャンブル依存症の場合は
医学的な対処法(投薬、注射、化学療法など)がないことは
前出の河本先生も明言されているところで
心理学的アプローチでのいくつかの選択肢がある中から
自分はこの方法で回復しようと決めて回復に取り組むことが最善です。
ですから、たとえ最新の学説であっても
それも選択肢の一つととらえるほうが良いのではないかと思います。

ギャンブル依存症の勉強を始めた頃には
回復するためには、自助グループのミーティングに参加して
12ステッププログラムを実践することで
ギャンブルを止め続け、ギャンブルに依存しない生き方を見出す
それが唯一の正解だと思っていましたから
このブログでも、以前の記事ではそんなふうに書いています。

その後認知行動療法などの精神医療的なアプローチもあり
早期であれば、動機づけ面接なども有効
横浜のワンデーポートのような、独自のカリキュラムに基づく回復施設など
必ずしも12ステッププログラムによらない回復があることも知りました。
ですから、最近は、自分が心の底から回復したいと望むなら
どのやり方でも回復の可能性はあるのではないかと考えています。

けれど私にとって、依存症やその治療について学んだことや
12ステッププログラムとの出会い

例えば、ハンドブックの表紙に書かれた「ニーバーの祈り」の

「神さま、私にお与えください
自分に変えられないものを
受け入れる落ち着きを!」という言葉や
「今日一日」という考え方は
生きていく上でも、がんと向き合う時にも
とても大きな意味を持ちました。

ですから、こうした従来からの考え方とは180度違う考え方が
「新しい学説」として出てきたとしても
そのために、これまでの考え方ややり方が否定されるべきではないし
どの方法でも回復の可能性はあるという
ゆるやかな認識が広がってくれたらいいなというふうに思っています。


ランキングに参加してみました。よろしければクリックをお願いします!


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 依存症へにほんブログ村


にほんブログ村 病気ブログ 乳がん ステージ3・4へにほんブログ村


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« ギャンブル依存症対策の行方... | トップ | 天神でランチ そして通院日 »

コメントを投稿

ギャンブル依存症」カテゴリの最新記事