微生物学研究BANK(Microbiology Science Study(MSS))

微生物学研究BANKのニュースブログ。生物学・遺伝子工学などのニュースを掲載。(記事時系列は無視して下さい)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

新型インフルエンザ、電話でタミフル処方(厚生労働省専門家会議が指針案了承)

2008-11-21 04:50:54 | Weblog
 厚生労働省は11月20日、新型インフルエンザ発生時には医師の電話診察だけでインフルエンザ治療薬「タミフル」などを処方できるようにすることなどを盛り込んだ新しいガイドライン(指針)案を新型インフルエンザ専門家会議に提示、了承された。医療機関に患者が殺到し、ウイルス感染が医療現場から拡大してしまうのを防ぐ狙いだ。
 通常、医療用医薬品は医師の対面診察を受けて処方せんをもらう必要がある。新型インフル発生時には例外的に、電話による診察で医師が症状を確認し、ファクスで患者の自宅に処方せんを送れるようにする。慢性疾患を抱え、定期的にかかりつけ医を受診している患者のみが対象となる。

 学校閉鎖については都道府県内で1人目の患者が確認され、感染拡大が懸念された段階で実施する。患者が確認されていない都道府県でも、近隣の都道府県で発生した場合などには実施を検討するとしている。
ジャンル:
その他
コメント (1)   この記事についてブログを書く
« スタチン服用者は肺炎の死亡... | トップ | 医薬品のネット販売、業界団... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
タミフル、「10代に使用中止継続」 厚労省、異常行動の判断先送り (タミフル、「10代に使用中止継続」 厚労省、異常行動の判断先送り)
2008-12-30 01:17:03
タミフル、「10代に使用中止継続」 厚労省、異常行動の判断先送り

 飛び降りなどの異常行動との関連が疑われ、2007年3月から10代患者への使用が原則中止されているインフルエンザ治療薬タミフルについて、厚生労働省は29日までに、使用を解禁すべきかどうかの判断を先送りし、少なくとも今冬は中止措置を継続する方針を決めた。異常行動などを調べた厚労省研究班の大規模疫学調査の精度に限界があり「性急な判断はできない」との見方が強まった。

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事