Msk-Mtnのブログ

プリキュアと「キラッとプリ☆チャン」について熱く語る、千葉大学バドミントン部の一OBのブログ

プリパラ 第125話感想

2016年12月08日 | プリパラ3期
 「プリパラ」第125話「レッツ・ライブ! 主役はもちろん君さ!」の感想です。


~ オープニング前 ~

 前話のジュリィのライブで、観客達は、皆で神アイドルになろうというジュリィの一声に、第4回神アイドルグランプリへのやる気が増しました。


 オープニング直後の「プリパラしりとり」で、「と」で始まる言葉で来たのは、「トリコ」。
 まあ、そう来ますよね。「トリコロール」もメジャーではありますが、「る」で始まる言葉は一度出ましたし、「こ」で始まる言葉はまだ出てないですので、こっちにしたのかもしれませんね。

 次は「こ」で始まる言葉ですが、そちらは、次回予告直後。



~ Aパート ~
 ある日、ちりは、前話でジャニスから、第4回神アイドルグランプリでジュリィからタクトを奪うよう言われた事に戸惑っていました。
「ジャニスの言う事は正しいし、私はジャニスの妹・ジャニスに認められている。ジュリィは女神にふさわしくない。タクトを持つべきでない。でも・・・。」

 そんな中、第4回神アイドルグランプリの開催日が決まりました。開催日は・・・、
 つまり、クリスマスに行われます。
 グランプリに出られるのは、スーパーサイリウムコーデをゲットできたアイドル達だけですが、前話のジュリィの応援から気合いタップリです。

 ちょうどその時、ファルルから電話が来ました。
 トリコロールは第4回神アイドルグランプリに出ないとの事。ひびきはクリスマスディナーショーで忙しく、ふわりも牛の出産を手伝ったりで来られないそうです。

 その後、プリパラTVの中に入ったらぁら達は、どのレッスン室もいっぱいで使えない事を知りました。前話のジュリィの呼びかけで、多くの子達がレッスンやライブに励んだようです。
 レッスン室が使えず外で練習している子も大勢います。
 そんな中、らぁら達の元に、栃乙女愛、栄子、のどかの3人が来ました。3人はチームを組んだそうです。
 直後、いろは、はなな、ねねもやって来ました。この3人もチームを結成したとの事。
 そふぃ親衛隊も、グランプリに向けて、3人チームを結成しました。それも、2チームも。
 
 AとかBとか「ドラゴンクエスト」かよ。まあ、そうツッコんだ割には、良いチーム名が思い付きませんが。(笑)

 さらに、この2人も、グランプリに向けてやる気を出します。
 
 アラサーで、しかも、既婚者をもその気にさせる、ジュリィのパワー、マジですげぇ・・・。いや、このアニメのギャグパワーがすごいのか。(笑)

 そんな訳で、パラジュクのプリパラでは、チーム結成ブームが起こっていますが、ジャニスは、それを面白く感じていませんでした。スーパーサイリウムコーデを三流アイドルごときに簡単に渡すなんて間違っていると、ジャニスは主張します。
「一流の環境で一流の稽古を積んでこその神アイドル。そう、ちり、まさにあなたのような、あなたこそ最も神アイドルに近いはずなのです。お姉様のやり方は間違ってます。私が女神となって仕切り直さねば。あなたには才能があります。絶対優勝するのです! いいですね。」
「はい・・・。」
 
 とはいえ、ジュリィからタクトを奪う事を良しと思っていないだけに、どうしたらいいか悩みます。

 その後日も、多くの女の子達が練習に励んでいました。そんな中、56話85話に出てきたセレブリティ4も、グランプリに参戦しようとパラジュクにやって来ました。
 さらには、「スーパーセレブリティ3」という3人組も出るつもりでいます。
 まー、この3人も、「ジョジョの奇妙な冒険」に出た方が良さそうな面構えしてますのう。(笑)


~ Bパート ~
 しばらくして、多くのアイドルがライブに臨みました。
 まず登場したのは、あじみとコスモ。この2人と一緒に組んだアイドルは・・・、
 あれ? そういえば君って、「ピンクアクトレス」というチームで、他2人の子と組んでたよね? なのに、あっさり、この2人と組んじゃうとか、他2人涙目。まあ、大友視聴者としては、変人チームができた事に歓喜なんでしょうけど。(笑)

 チーム名は「QPコズミックス」。

 

 
 しかも、神チャレンジライブのステージにも立ちました。
 


 

 

 続いては、そふぃ同盟チーム2チームが登場。

 


 

 

 
 その後も、色んなチームが続々ライブを行いました。
 


 

 

 


 


 

 

 ファンにスマッシュを当ててしまったので、アウトです。

 

 

 残念ながら、神チャレンジはやれず・・・。

 

 

 

 二人羽織はダメ!


 

 



 

 少しして、プリパラTVの外で、スーパーサイリウムコーデをゲットできた事を喜んだり、報告したりしていました。このままいけば、神アイドルグランプリへの出場チーム数は最多になると思われます。
 出場チームが多いという事は、ライバルも多いという事。SoLaMi SMILEの3人は、自分達も負けてられないと、ライブをする事に。

 という事で、コーデチェンジ。コーデは、103話と同じく、らぁらは「SoLaMi SMILEラブリーコーデ」、みれぃは「SoLaMi SMILEポップコーデ」、そふぃは「SoLaMi SMILEクールコーデ」。
 曲も、103話と同じく「Ready Smile!!」。メイキングドラマは、101話と同じく「ときめきプレゼントフォーユー」。
 さらに、119話に引き続き、神チャレンジライブをやりました。

 その後、らぁら達3人は、プリパラTVの外で、母や大神田校長と対面。母は、らぁらのライブをほめるものの、自分だってライバルだと言います。
 もちろん、ライバルなのは、妹ののんも同じです。ちゃん子や定子も、そふぃを応援しつつも、ライバルとして全力で戦うつもりでいます。
 そんな感じで、プリパラが盛り上がり、1日が終わりました。
 

 その夜、ジュルルは、多くのアイドルにスーパーサイリウムコーデを授けた女神と同じとはとても思えないくらい、無邪気な表情で眠りについていました。


 今回は、これで終了です。


次回:「メリー・グランプリ!
 ついに第4回神アイドルグランプリが開幕しました。
 今話で多くのアイドルがスーパーサイリウムコーデをゲットしたため、参加者は過去最大に。どのチームも地道な練習の成果を発揮し、完成度の高いライブを披露していようと意気込みます。
 そんな中、ちりは、ジャニスの命令を受けるかどうかで悩み、グランプリ参加への一歩を踏み出せずにいました。一体、ちりはどうするのか?


 「プリパラしりとり」で「こ」で始まる言葉は「子やぎ」。
 トリコ絡みで「コマネチ」もあるかなと思ってましたが(元ネタは89話)、そんな事はなかったですね。ここに来てヤギとか、どうしてもハシビロコウに動物主役の座を譲りたくないようですね。(笑)

 次回は「ぎ」で始まる言葉。122話絡みで「銀河系」が来ると予想。


【まとめ】
 前話のジュリィの呼びかけで、パラジュクのアイドル達は第4回神アイドルグランプリへのやる気が増し、多くのアイドルがスーパーサイリウムコーデをゲットしました。

 という事で、今回は、多くのアイドルがライブを披露。
 と言っても、3DライブシーンはSoLaMi SMILEのライブだけで、他は、キラキラ背景の2D静止画ばかりでしたが、こういう盛り上がりは、「子供の純粋性」に満ちたプリパラらしくて良いですね。66話を思わせます。
 また、今話のタイトル「主役はもちろん君さ!」は、この回のライブ曲「オムオムライス」の歌詞からとったものでしょうし(正確には「主役はもち☆ろん キミさ!!」)、プリパラしりとりについても、66話のネタ「子ヤギ」を選んだのは上手く考えたな、と感心しています。

 そんな今話のポイントは「『夢』に向かって頑張る事の美しさ」でしょうか。
 と言っても、ほとんどの子達は、成人になる前にプリパラを卒業するために、プリパラとは関係のない将来の「夢」を抱いているでしょう。
 ですが、前話感想で述べたように、「夢」は、叶えさせてくれるものではなく、自らの力で叶えるもの。神アイドルもそういうものですので、プリパラとは関係のない将来の「夢」を持っていたとしても、神アイドルを目指す事は「夢」と言えるでしょう。

 「夢」は自分の力で叶えるものとは言っても、自分1人だけの力では、壁にぶつかった時にはどうしようもできません。
 そうならないためにも、他者の存在は重要です。前に進めなくなった時に、誰かフォローする者がいれば、明るい未来が切り拓けますし、同じ「夢」を持つ者がいれば、仲良く、時には、ライバルとして切磋琢磨し合える心強い味方となるでしょう。
 それだけに、今回多くの子達が第4回神アイドルグランプリ出場に向けて練習やライブに励んでいたのは、素晴らしかったと思いますね。ジュリィが、こういう展開を見越して、前回「皆で神アイドルになろう」と呼びかけたのかどうかは分かりませんが、しかし、「女神」という尊大な地位に就きながら、子供達の目線に立って大きな可能性を与えたのは、効果バツグンだったでしょうね。

 しかしながら、神アイドルになれる子は限られています。
 今話を通して第4回神アイドルグランプリ出場者は大幅に増えましたが、それは同時に、敗者も続出するという事でもあります。そのため、勝者になれずに悔し涙を流す子は大勢いると思いますし、将来への自信を失う子だっているかもしれません。
 また、今話でスーパーサイリウムコーデをゲットできず、グランプリ出場を逃して、落ち込んだ子達も多いと思います。ジャニスからすれば、そういうのを「愚か」とか「堕落」などと酷評するのでしょう。
 それに、神アイドルになれる子が限られているとなれば、それは一流のライブ技術を持っている者が相応しい、と考えるのはもっともな話であり、多くのアイドル達にスーパーサイリウムコーデをホイホイ与えちゃうのはおかしいと思うのも、分からなくはありません。

 ですが、子供達にとっては、結果がすべてじゃないんですよね。
 もちろん、結果が出てくれば嬉しいと思います。だけど、思わしい結果が出なかったとしても、結果に向けて頑張った事は、良い思い出になるでしょう。次こそ良い結果を出そうと頑張ったり、新たな「夢」を見出す事だってあると思います。
 さらに、プリパラでは、ライブをすれば、その時の楽しかった思い出が、プリチケとして筐体から排出されます。そして、他の誰かとトモチケ交換する事で、「こんなに楽しい思い出を作ったんだ・・・」と憧れ、同じような思いを体験できるよう努力したりするのでしょう。
 そんな結果以上の素晴らしい輝きがあるからこそ、プリパラはいつまでも、女の子達の憧れであり続けるんでしょうね。

 さて、次回は、第4回神アイドルグランプリ。
 今話の盛り上がりは、最後の神アイドルグランプリを迎えるにふさわしいもので、次回もどう盛り上がるのかは楽しみではありますが、ちりとジャニスの関係にも目が離せないところ。ちりがジャニスの言いつけを守るのか逆らうのか気になりますね。
 次回は、今話並みの多くのアイドルの盛り上がりと共に、ちりとジャニスとの不穏な雰囲気をどうしていくのかにも注目していきたいと思います。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   トラックバック (3)   この記事についてブログを書く
« 魔法つかいプリキュア! 第4... | トップ | プリティストアに行ってみた »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
PrismStoneとCandyAlamode moreのスーパーサイリウムがあればいいのに! (aya)
2016-12-09 21:15:43
こんにちはー。

今回を一言で言うなら「み~んなトモダチ、み~んな神アイドル!」ですかね。スポットを当てられた脇役の皆様が本当に見てて楽しかった。「プリパラはこうあるべきだ!」と言わんばかりの神チャレラッシュがよかったです。
ちょっとメタいサブミーテンダー、テニスつながりのラブスマッシュ、そふぃ様に応援されるソフィ同盟両チーム(そして推されるハシビロコウ)。ピンクアクトレスはどうなったんだ…。Q.P.COSMIXの時は、TwitterのTLがピンクアクトレスのワードで埋まりましたからね。
やっぱセレブリティ4はブリ照り焼き4だった。というか、二人羽織はダメなのにチーム光合成の衣装同化はいいんかい(笑)。

ストーリーの方も進められていましたね。ちり様とジャニスの関わり。次回ノンシュガーを絡めて、話を大きく動かして欲しいところ。
やたら短い文ですがお気になさらず!次回も楽しみにしています。
それではー。
Re:PrismStoneとCandyAlamode moreのスーパーサイリウムがあればいいのに! (Msk-Mtn)
2016-12-11 00:36:32
 ayaさん、どうもです!
 今回もコメント、ありがとうございます!


 今話は、多くのサブキャラが話を盛り上げてくれて、なかなか面白かったですね。1期はそういうのが印象的だったと感じていただけに、1期エンディングがBGMで流れた時は、すごく懐かしく感じました。 

 あじみとコスモのスーパーサイリウムコーデについては、2人ともいい大人ですので、あんなもんでしょう。プリキュア映画で大人にミラクルライトを与えないのと同じだと思います。(笑)

 そして、ピンクアクトレスは、ギャグパワーの犠牲になったのだ・・・。他の2人は、なおと組んだんじゃないんでしょうか。中の人繋がりで。(笑)

 二人羽織がダメで、チーム光合成が神チャレンジライブOKというのも、よく分からないですね。まあ、実質1人のトライアングルも神チャレンジライブができた事を考えると、基準なんてどうでもいいのでしょう。(笑)

プリパラ3期」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

3 トラックバック

プリパラ 第125話 歳末スーパーサイリウムコーデバーゲン (四十路男の失敗日記)
ジュリィ:   「みんなで神アイドルになっちゃおぅ~~~」 というのは以前にも見たような気がしますが、気にしないことにする。 女神ジュリィのサイリウムタクト強奪を計画す......
プリパラ 第125話「神アイドルを目指すサブキャラ達の熾烈な争い!群雄割拠なプリパラが...... (日刊アニログ)
プリパラ #125「レッツ・ライブ!主役はもちろん君さ!」 プリパラのアイドルは誰でも主役になれる! 主要キャラよりも濃い面々が織りなす夢の共演&狂騒。
プリパラ 第125話 「レッツ・ライブ!主役はもちろん君さ!」 (待て、而して希望せよ!)
最高のサブ祭り!主役はもち☆ろんキミさ!! オ オ オムライス オオ オムライス(夕飯!)  オ オ オムライス デ デ デリシャス(本当!) みんな、プリパズは好きぷり? ......