亀井幸一郎の「金がわかれば世界が見える」

マクロな要因が影響を及ぼす金(ゴールド)と金融の世界を毎日ウォッチする男が日常から市場動向まで思うところを書き綴ります。

さして語るべきものもなく米雇用統計は通過

2018年08月06日 23時07分20秒 | 金融市場の話題
7月の米雇用統計は、物価上昇の先行指標として注目される注目の平均時給は、前月比0.3%増、前年同月比2.7%増といずれも予想に沿った内容となった。インフレにつながる加速は依然として確認されない状態ということに。リーマン前は3%台前半から半ばだった。それでも先週31日発表の雇用コスト指数(4-6月期)が、前年同期比で+2.8%と10年ぶりの伸びとなっていたので、早晩、賃金押し上げプレッシャーは高まるとの見方がある。しかし、足元ではなし。雇用者の増加数は、5、6月分が上方修正されており、7月が予想(+19万人)を下回った(15.7万人)ものの、問題なし。好調といえる結果に。つまりFRBの利上げペースに影響を与えるようなものは、出ていない。

先週は、ISMが製造業も非製造業も予想以上に低下しており、やはり通商摩擦の先行きにたいするセンチメント面での警戒が表れているかと。こうした結果もあってか、3%突破で注目された米長期金利は、行って来い状態の2.94%近辺に。

「トランプ政権内には金正恩体制下の北朝鮮が核兵器を完全に廃棄すると夢想している人は誰もいない(ボルトン国務長官、8月3日)」・・・だと。オイオイオイ、、、今頃、そんなことを言いだすんかい!!! だったら、どうする?


『投資』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 米中貿易戦争の高まりの中、... | トップ | 「制裁再発動のイランで金が... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

金融市場の話題」カテゴリの最新記事