亀井幸一郎の「金がわかれば世界が見える」

マクロな要因が影響を及ぼす金(ゴールド)と金融の世界を毎日ウォッチする男が日常から市場動向まで思うところを書き綴ります。

米中間選挙 テイラーからヘイリー

2018年10月10日 23時36分18秒 | トピック
ヘイリー米国連大使が年末に辞任するとのことで注目されている。孤立主義のトランプ主義の代弁者としてよく頑張ってるなぁというのが、印象だった。辞任ということで伝わっているのは、大統領とは意見が必ずしも合っているわけではなかったということ。だろうなぁ・・・。知らなかったが、報道によると将来の共和党大統領候補の一人と見られていたと。そうだったんだ。。

いわゆる大物の辞任で驚いたのは、この春に共和党選出の下院議員で下院議長を務めるポール・ライアン下院議員が、中間選挙への不出馬宣言をしたことだった。40代前半で下院の予算委員長を務め、ベイナー議長の後任として下院議長に就いた時は、さすがに将来の大統領候補と目されているだけのことはあるなぁ、という印象だった。それが、年内での辞任ということで、様々な憶測が飛ぶことになった。下院の責任者として、中間選挙に敗北するのはキャリアに傷がつくことになるため、早々に引くことを決意したのではないかとか何とか・・・。

ヘイリー国連大使にしても、辞任の理由は示されていない。ポール・ライアンもまた同じ。共和党議会指導部にしても、当初はトランプ政権の方針に懐疑的なスタンスで臨んでいたものが、コアな支持層の人気が剥落しないのを見て、方針を変えたとされるが、それが正しかったか否かということも、示されるのが今回の中間選挙ということになる。

人気女性歌手のテイラー・スウィフトが、中間選挙で与党・共和党の候補を支持しないとインスタグラムで表明し、民主党支持を表明し、選挙人登録が急増しているとのニュースがあった。インスタグラムのフォロワー数が1億1200万人にも上るとされるのだが、下院のみならず、共和党が優勢とされる上院の結果にも影響を与えるのではとのことらしい。この話が、よもやヘイリー大使の決断を促したわけではあるまい。



『投資』 ジャンルのランキング
コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 米市場金利の上昇には強かっ... | トップ | 世界同時株安に金市場では反... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (fairlane)
2018-10-11 15:01:49
テイラー・スウィフトに選挙結果を変えるだけの力があるのですかね。。 もともとショウビズの世界の方はほとんど民主党支持者だし。。
イラク戦争の時のディクシー・チックスのブッシュ批判は、カントリーソングというジャンルだった故、保守層のファンを怒らせて大変な事になりましたが、テイラー・スウィフトは音楽性から見ても妥当な民主支持ですし。。。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

トピック」カテゴリの最新記事