亀井幸一郎の「金がわかれば世界が見える」

マクロな要因が影響を及ぼす金(ゴールド)と金融の世界を毎日ウォッチする男が日常から市場動向まで思うところを書き綴ります。

貿易は別途話し合うことを決めた日米首脳会談・・・材料にならず

2018年04月19日 23時20分46秒 | 金融市場の話題

日米首脳会談。懸念した首脳会談を通した通商面でのあからさまな日本への条件や要求は、みられなかった。それぞれの記者会見からは、双方の希望は述べたものの、突き詰めた要求は(特に米国サイドからの)なかった。2国間協定に持ち込みたいという米国側の意向についても、簡単に言及されただけだった。記者との質疑応答も具体的な内容には踏み込むことはなく、米国側の意向はそういうことだよ・・・という感じ。

今回の場で、首脳間で強烈な要求をされることを避けるために日本側が示した、別途協議の場を設けようという提案は受け入れられた。茂木経済再生相とライトハイザー米通商代表部(USTR)代表による分科会で話し合おうというものだが、すんなり受け入れたのは、むしろ米国側には渡りに船状態ということだったようだ。むしろこの分科会で日本に譲歩を迫ろうということのようだ。事なきを得た首脳会談よりも、この分科会の交渉は厳しいものになるのではないか。

しかし、目立った波風が立たなかった市場では、ドル円は買われる(ドル高)との見方が支配テクだったが、上がっても107円半ばということだった。戻りの鈍さというか上値の重さというか、円高⇒株安は回避されたが、今後は“分科会”の内容が材料になりそうだ。

『投資』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 米利上げ観測と政治リスクの... | トップ | 金利とドル相場の相関が復活... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

金融市場の話題」カテゴリの最新記事