ミセスローゼンの富士日記

チェリストのナサニエル・ローゼンと日本に住んで八年。音楽仲間と富士山麓に暮し、俳都松山へ通う日々。

干し物のひるがへる町鳥帰る

2019-03-16 08:09:05 | 日記






馬教授のゼミのチェリスト達とチェロ談義に暮れる宴。質問は果てしなく続き、料理も果てしなく続く。







昼間は中等部の生徒にレッスン。


エルガー・コンチェルトを弾くxixi。


サン=サーンス・コンチェルトを弾くLi Jie。

みんな上手い! 世界のオーケストラが中国人演奏家で満席になるのも不思議はないね。



久しぶりのシーシーとママと。






ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 梅丸く桃は尖りて桜割れ | トップ | 黄砂降る街を行き交ふ黒マスク »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。