ミセスローゼンの富士日記

チェリストのナサニエル・ローゼンと日本に住んで八年。音楽仲間と富士山麓に暮し、俳都松山へ通う日々。

撓む術教えてもらふ老櫻に

2019-03-11 08:57:54 | 日記
昨日は大雪が降り、その後雨になり、あっという間に解けた。桜の枝が雪の重みにしなって曲がって来たので、雪折れしないか心配であったが、すぐに立ち直った。古い木なので、来年は支えが必要になるかもしれない。





明日から上海へ行き、妙齢の生徒ハオジエの結婚式に参列し、若い生徒にレッスンもし、上海音大の教授からニックがインタビューも受けるという。中国の結婚式は初めて。どんな料理か、衣装か、式次第か、興味津々。中国料理と一口に言っても色々で、上海料理の中でも結婚式に特有のものもあるかもしれない。お菓子とかね。
膝がヘナヘナに弱くなってるので、ハイヒールは履けない。フラットに合う黒パンツスーツか黒ミニドレスか迷っているが、パンツスーツが無難か。ネットで検索した写真を見ると、参列者は結構カジュアルな服装で、新郎新婦だけが着飾っている。やはりパンツスーツがカジュアル感もありでいいか。問題はご祝儀袋。ご祝儀の額はニックが言うだけ包めば宜しいが、ご祝儀袋は赤、と決まってるそうである。ご祝儀袋の表書きの文字は「喜」を選ぶべし。「寿」「福」「賀」は駄目。特にまずいのが日本式白地のご祝儀袋。それはお葬式用。こんなん調べねば分からん事よ。調べて良かった。うひゃうひゃ。





ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 涅槃雪散歩しやうか寝てやうか | トップ | トーラ読む声朗々と春来る »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。